« 現役時代の海外航空券の買い方などー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その378) »

2018年5月 5日 (土)

‘American Sniper’での 「カイザー・ソゼ」は?

NHK BSプレミアムで,クリント・イーストウッド監督の,イラク戦争に4度従軍した,シールズの伝説のスナイパー,クリス・カイルを描いた映画 「アメリカン・スナイパー」(‘American Sniper’,2014)を観ました。
封切時,映画館で観ています が,3年ぶりに録画して観直しました。

001
元オリンピック射撃メダリストの敵スナイパー,ムスタファを 「カイザー・ソゼ」(‘Keyser Söze’)に例える会話がありました。

早口だし,不明瞭な発音ですが 何と言っているか 聴いてみました。
(正確さには自信なし。)
004_2
Mustafa's got his peepers out.

This motherfucker is Keyser Söze,bro.

005_2
Next time you got a shot try not to miss.
006_2
I would've gotten him in the alleyway if I didn't have to save your ass.

*************************************

「カイザー・ソゼ」(Keyser Söze) とは,ケヴィン・スペイシー(‘Kevin Spacey’,1959~ )が出演したサスペンス映画 「ユージュアル・サスペクツ」(‘The Usual Suspects’,1995)で,最後まで顔を見せない凶悪な謎の男です。
この映画で 「カイザー・ソゼ」が 米国では 「謎の男」の代名詞になっていることが分ります。

英文 Wikipedia には ‘Since the release of the film, the name “Keyser Söze” has become synonymous with a feared, elusive person nobody has met.’(この映画の公開以後, Keyser Söze” という名前は,「誰も会ったことのない恐ろしい,とらえどころのない人」と同義語になっている。)とあります。

これに近い 代名詞(?)に やはり ケヴィン・スペイシーが出演した 「L.A.コンフィデンシャル」( ‘L.A. Confidential’,1997)の 「ロロ・トマシ」(Rollo Tomasi)があります。
ロック・グループは置いといて・・・。

*************************************

台詞の中の 面白い英単語:

motherfucker
   【間投】〈米・卑俗〉ばか野郎!,てめえ!,この野郎!,ふざけんなよ!,・・・
   【名】1. .〈米・卑俗〉自分の母親にセックスするような最低の男,見下げはてたやつ,下劣な男,嫌なやつ,くそったれ,ばか野郎
             “Step outside, motherfucker!” : 外に出ろ,このくそったれ!
         2.〈米・卑俗〉いい人,良い友達,仲間
         3.〈米・卑俗〉すごいもの,最高のこと,すごいやつ,大した野郎,軽蔑すべきこと
     *いい奴やら悪い奴やら分りません。

bro
    【名】1.〈話〉=brother
         
2.〈米話〉よお◆親しい間柄での掛け声として用いられる。

your ass
    【卑】おまえ◆【同】you
         “Get your ass over here.” : ちょっとこっちに来い。

軍隊で使われているのは スラングだらけです。
日常生活で使われるのかどうか?

|

« 現役時代の海外航空券の買い方などー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その378) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現役時代の海外航空券の買い方などー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その378) »