« 見出しに見る「勘違い」(その382) | トップページ | 砥部焼の唐草文様の起源は 50年未満だった。 »

2018年5月19日 (土)

‘ASIA POWER INDEX’,日本の未来は?

Cover_pageオーストラリアの海外政策を対象とするシンク・タンク 「ローウィー研究所」(Lowy Institute)が “ASIA POWER IDEX 2018” を発表しました。

アジア太平洋地域 25ヶ国を対象に 経済力,軍事力,外交力等から総合力を評価しています。

米国が含まれていますが カナダ,メキシコ等は対象外で環太平洋地域を対象にしているわけではありません。

この指標の概説として 次のように記しています。

Indexは,Powerを 8つの個別分野に分解し,全部で114の指標(Indicator)により評価し,各国間および各国内での Power の変化を測定できる。Indexの年次版は,アジアの Power分布が 時間の経過とともにどのように変化するかを追跡できる。」

8つの分野は次のとおりです。

Economic resources】(経済資力)
コア経済の強さと,最も政治的関連性のある経済の特性 : 1人当たりGDPGDP at purchasing power parity),国際的レバレッジ,技術の高度化,グローバルな接続性の観点から評価する。

Military capability】(軍事力)
自立的な(Autonomous)軍事力; 国防費,軍隊と組織,武器と軍用プラットフォーム, ‘signature capabilities’,そしてアジアでの軍事的位置(posture)に関して評価する。

Resilience】(回復力)
国家の安定に対する実質的あるいは潜在的な脅威を抑止する(deter)能力 :地理経済的(geoeconomic)安全性,地政学的(geopolitical)安全性,および国内の制度的安定性の観点から評価する。

Future trends】(未来の傾向)
2030年の経済,軍事および人口統計学的資源の今日の力の認識につながる予測分布 : GDP,軍事費(military expenditure),および労働年齢人口予測の観点で評価する。

Diplomatic influence】(外交的影響度)
国または領土における対外関係の程度と立場 : 国の外交ネットワーク,多国間機関(multilateral institutions)およびクラブへの関与,全体的な外交政策の責務(stewardship)に関して評価する。

Economic relationships】(経済関係)
経済的相互依存性(interdependencies)によって影響力を行使する国あるいは地域の能力 : 貿易関係,投資関係,経済外交の観点により評価する。

Defence networks】(防衛同盟)
軍事力の「フォースマルチプライヤー」として機能する防衛パートナーシップ : 同盟国,非同盟パートナーシップ および 武器移転(arms transfers)の評価を通じて測定される。

Cultural influence】(文化的影響)
文化的魅力と交流を通じて国際世論を形作る能力 :文化的予測,情報の流れ および 人々の交流の観点から評価する。

下表に 総合評価ランキングを示します。

Overall
下図は 上表を図で示したものです。

Overall_map
日本は 3位ですが,上図で 一目で分るように スコアは,1位の米国:85.0,2位の中国:75.5 に対して 41.5で,大きな差があります。

次に 8つの分野のランキング表を示します。

Economic_and_military
Resilience_and_future
Diplomatic_and_economic_relation
Defence_and_culture
下図は,上表のうち,意外に日本のランキングが低い 【Military Capability】を図で示したものです。1位 米国,2位の中国のスコア,それぞれ 94.6,69.9 に対して,8位の日本のスコアは 26.9で 大きな差があります。
Global Fire Power 2018’で 世界の8位の日本が,アジアで8位はやや違和感があります。
Military_map
下図は,【Future trends】を図示したもので 1位 中国,2位 米国で スコアはそれぞれ 83.0,60.0 に対して 日本は 6位でスコア: 8.8 で 米中とは比較になりません。
6位の要因としては人口の問題が大きいのでしょうか。
Future_map

Power Gap

Power Gap’は,国の総合Powerと利用可能な資源が与えられると予想されるPowerの差を評価する。
実際のスコアと予測されたスコアの差は,各国がどれほどうまくアジアの資源にどれだけの影響力を与えるかを効果的に明らかにする。
各国の地域的影響力が,自国の総合的なパワー(Overall Power)にプラスかマイナスかにどの程度影響を及ぼすかの度合いが,Power Gapの得点である。
資源に比例して大きな影響を及ぼしている国は,プラスのPower Gapスコアとなる。反対に,資源のシェアに比べて過小な影響力しか発揮してない国は,マイナスのPower Gapスコアとなる。

下図に 各国の‘Power Gap’を示します。日本が1位です。

Power_gap

|

« 見出しに見る「勘違い」(その382) | トップページ | 砥部焼の唐草文様の起源は 50年未満だった。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その382) | トップページ | 砥部焼の唐草文様の起源は 50年未満だった。 »