« 英ウィリアム王子,第三子の出生届は タイピング。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その381) »

2018年5月15日 (火)

中国初の国産空母 「山東」,海上試運転開始。

5月13日,中国初の国産空母 「山東」が 海上試運転を開始したと報じられました。

001a01中国は,ソ連時代に空母として建造を開始し,1988年に進水,ロシアとなって以降 未完成のままだった 「ヴァリャーグ」を 1998年に購入し,2002年 大連に回航,残工事を行って  中国海軍初の空母「遼寧」(001型/CV-16)として 2012年に就役させました。

今回,試運転を開始した「山東」(001A型/CV-17)は,「ヴァリャーグ」の設計をベースに中国が初の自国の技術で国産空母として建造したものです。

001a_arrangement
この艦の,米海軍空母との最も大きな違いは 「蒸気カタパルト」(2秒で 250km/hr に加速して発艦させる)を備えてないことです。装備したくとも,その技術がありません。
このため飛行甲板艦首をスキー・ジャンプ台のように傾斜(12度)させた‘Ramp’とし,搭載機自身のスピードでは発艦不能の揚力を,機体を上向きに発艦させることで補います。
それでも,例えば米空母「レーガン」で発艦する戦闘機の最大重量:45tonに対して,「山東」は 28tonで,搭載予想戦闘機 J(殲)-15の最大離陸重量の33tonから かなりの武器と燃料を抑えて発艦する必要があり,最大の戦闘・爆撃性能が制限されます。

諸元は次のとおりです。

  ・長さ : 315m
  ・幅 : 38m
  ・幅(最大飛行甲板) : 72m75mの情報もあり)
  ・喫水 : 11m
  ・満載基準排水量 : 64,000ton
  ・最大速力 : 31knots
  ・航続距離 : 25,928km at 14knots
  ・推進機関等  ボイラー × 8缶
                      タービン × 4基
                      プロペラ × 4軸
  ・搭載機 戦闘機 J-15 : 32
               ヘリコプター Z-18F × 6
                                Z-18J × 4
                                Z-9C × 2

  ・兵装 : Type 1130 30mm CIWS × 3
              HHQ-10 SAM Launchers × 3

中国は東シナ海から東南アジアを経て中東にいたる海上ルートを確保するために計6隻の空母を建造する計画で,その最初の空母が「遼寧」であり,「山東」が2番目ですが,「山東」の就役は 2020年になりそうとのことです。

更に 「遼寧」による搭載機全パイロットの訓練時間の総合計は,まだ米海軍パイロット1人の訓練時間に満たない状態で,さらに空母を護衛する満足な艦隊もないので,たとえば 11隻の戦闘艦を擁する米国空母「ロナルド・レーガン」が率いる第5空母打撃群などとは比較すべくもありません。
中国が,東シナ海から南シナ海,インド洋を経て中東までの海上ルート「海上シルクロード」構想を達成するのは 何十年もかかりそうです。

参考に各国の代表的空母を下図に示します。

World_aircraft_01World_aircraft_02
空母を保有する国がかなりあることが分ります。
意外な保有国としては アイルランド,スペイン,タイがあります。

中国の空母は 「遼寧」(001型/CV-16)です。
日本は ヘリコプター搭載護衛艦「日向」です。          

|

« 英ウィリアム王子,第三子の出生届は タイピング。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その381) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英ウィリアム王子,第三子の出生届は タイピング。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その381) »