« 2018年12月10日 オスロにてー (?) | トップページ | メジャーリーグの 「体感速度」とは? »

2018年5月10日 (木)

見出しに見る「勘違い」(その380)

「日本の55倍…韓国 『虚偽告訴』 の乱発厳しく処罰」  2018/5/9 中央日報・日本語版
  ‘検察が抗告制度を利用して虚偽告訴を乱発する誣告事犯を厳しく処罰することにした。乱発されている告訴・告発による被害者が増えている点を考慮した措置だ。告訴・告発の乱発をあおるような刑事訴訟法から手を入れなければならないという指摘も出ている。
   ソウル高等検察庁は5月8日,この3ヶ月間に検察庁で不起訴処分された告訴・告発抗告事件を検討した結果,明白な虚偽告訴であるのに抗告した22件の事件を摘発して15件を誣告容疑で起訴し,7件を捜査中だと明らかにした。抗告は告訴人または告発人が検事の不起訴処分に従わず検察内の上級機関(ソウル高等検察庁)にその是正を求める制度だ。
  誣告罪は他人に刑事処分または懲戒処分を受けさせる目的で虚偽の事実を警察署や検察庁など公務所や公務員に申告することにより成立する。検察庁によると昨年誣告罪として受け付けられた人数は1万475人で,前年の9937人より 538人増えた。2008年の8550人から徐々に増える傾向だ。
  ・・・
  誣告事犯は低信頼社会の断面であり,これに伴う社会的費用も少なくないと指摘される。検察庁関係者は 「韓国の年間告訴件数は55万件なのに対し日本は1万件にすぎない。このため重要な事件に捜査力を集中できない事例が多い」と伝えた。
  民事訴訟で解決できる事件を刑事訴訟で解決する慣行も蔓延しているというのが法曹界関係者らの共通した診断だ。告訴人に過度に有利な現行の刑事訴訟法体系から手を入れなければならないという指摘が出る。法務部関係者は「先進国では告訴・告発があったから韓国のようにほとんどの捜査には着手しない」と伝えた。彼は「韓国はほぼ無制限な抗告権も保障されている」と付け加えた。’
とのことです。
   日本の55倍の誣告罪は,日本の件数が示されてないのでよく分りませんが,偽証罪での起訴は 人口比で 日本の165倍といわれるので もっと多いかも知れません。
   そもそも 国が 日本に対して 「誣告」しているので,国民を取り締まるなど無理がありそうです。そういう国と国民のようです。

「【萬物相】『日本の残滓』というレッテル貼り」  2018/5/9 朝鮮日報・日本語版
  ‘「火輪車の転がる音は雷のようで、天地は振動し…」。1899年9月18日午前9時。鷺梁津を出発した汽車が最初の汽笛を吹き鳴らした。済物浦まで33.8キロを1時間40分で走破した。歩いて12時間かかっていた道だ。汽車に同乗した『独立新聞』記者は「飛ぶ鳥もまるで着いてこられず」と鉄馬の速度に感嘆した。
 京仁線はもともと米国人モースが手を着けた路線だが,資金不足で日本人の手に渡った。日本は京釜線・京義線・京元線を順次開通させた。植民地支配と大陸進出の足場を整備するためのものではあったが,鉄道の登場は韓国人の暮らしを大きく変えた。韓国政府は毎年,京仁線が開通した9月18日を「鉄道の日」と定めて記念してきた。
 5月8日に開かれた国務会議(閣議に相当)で,この「鉄道の日」が 6月28日に変更された。日本の残滓清算と民族の自主性回復のためだという。新しい鉄道記念日となった6月28日は,1894年の甲午改革での政府改編で鉄道局が創設された日だ。何かにつけて「日本の残滓」というレッテルを貼り付けてはこてんぱんにしてしまう今の世の中だが,どうも強引だという印象がある。
 甲午改革は日本軍が日清戦争の最中に景福宮を占領し,強制的に押し付けた改革だ。当時新たにできた政府組織のうち,工務衙門(がもん)の下には電信・鉱山など8局を置き,この中の一つが鉄道局だった。日本の残滓を清算すると言って京仁線開通の意味は否定しておきながら,日本の強要で誕生した鉄道局を「鉄道の日」の起点にするのは問題ないのか。鉄道局は,局長1人と主事2人が全てという超ミニ部署だった。ここで韓国の鉄道発展のためにどういうことをやったか,どの歴史書でも見たことがない。・・・ さらに,鉄道局創設日の1894年6月28日は陰暦だった。これを陽暦6月28日で記念するというのも不自然だ。
   一つの記念日が生まれるところには,それ相応の由縁がある。公衆の合意の中で長年続いてきた記念日は,それ自体が一つの歴史でもある。韓国の現政権は,最終的には韓国の建国の起点を1948年の大韓民国樹立から1919年の臨時政府樹立日に変更することで,「国軍の日」と「警察の日」も変えようとしている。5年任期の政権にひとたび就くと,数十年続いてきた慣例や文化が全て積弊に見えるらしい。金基哲 論説委員 ’
と書いています。
   戦後 70年以上経って,いまだに 「日帝残滓清算」や「民族の自主性回復」が政権の人気取り施策となる,劣等感溢れる国情が哀れです。

ほかにやることはないのでしょうか?

|

« 2018年12月10日 オスロにてー (?) | トップページ | メジャーリーグの 「体感速度」とは? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018年12月10日 オスロにてー (?) | トップページ | メジャーリーグの 「体感速度」とは? »