« 見出しに見る「勘違い」(その387) | トップページ | Forbes による‘The World's Most Valuable Brands 2018’ »

2018年6月 7日 (木)

世界で 最も裕福な 10ヶ国,そして10年後はー。

VISUAL CAPITALIST.COM’ 5月4日付け ‘Ranked: The 10 Wealthiest Countries in the World’「ランク:世界の最も裕福な10ヶ国」の見出しの報告を紹介します。

下記 拙訳と共に転載します。

*************************************

Top_10Growth_in_next_10_years
According to market research company New World Wealth, the world has accumulated $215 trillion in private wealth, a 12% increase over the last year.
市場調査会社ニューワールド・ウェルスによると,世界は昨年より12%増の私有財産 215兆ドルを蓄積している。

Incredibly, the vast majority of this wealth – about 73.5% – is held by just 10 countries:
信じられないことに,この富の大半 - 約73.5% - はわずか10ヶ国で保有されている。

Over the last decade, China and India have more than doubled their wealth. Meanwhile, developed economies like the United States and Japan have increased wealth at modest rates – and some, like Italy and France, even lost modest amounts of private wealth over that duration of time.
過去10年間で,中国とインドは富を倍以上にした。 その一方で,米国や日本のような先進国は,適度な金利で富を増やした。イタリアやフランスのように,その間に僅かに個人資産を失った国もあった。

Finally, it should be noted that the United Kingdom’s decrease above is mainly due to the depreciation of the GBP, which dropped in dollar terms from roughly $2.00 to $1.35 over the decade in question.
上図の英国の減少は,主にポンドの貨幣価値の下落によるものであり,10年間で 1ポンド 約2.00ドルから1.35ドルへとドル・ベースで下落している。

Future Projections
将来予測

How is global wealth expected to shift in the future?
将来どのように世界の富がシフトすると予想されるか?

According to New World Wealth, the same 10 countries will dominate the landscape – but the order will change considerably over the next decade:
「ニュー・ワールド・ウェルス」によれば,同じ10ヶ国が状況を支配するだろう - しかし,その順位は今後10年間でかなり変わるだろう:

Ranking_in_2027
While the ranking order of the top three wealthiest countries will remain the same, India is expected to shoot up 200% to claim the #4 position with $24.7 trillion in private wealth.
裕福な国の上位3ヶ国の順位は変わらないが,インドは民間部門で 200%増の24兆7000億ドルで4位を獲得すると予想される。

Meanwhile, France and Australia are two other significant movers – and they are going opposite directions.
一方,フランスとオーストラリアは,他の2つの重要な変化国であり,逆方向に進む。

France will continue its descent down the ranking to 9th place with just 10% growth in a decade, and Australia will increase wealth at a rate that is very impressive for a developed economy.
フランスは10年に10%の成長率で9位に下がり続け,オーストラリアは先進国としては非常に印象的な割合で富を増やすことになる。

By 2027, it’s expected to be the world’s seventh richest country in terms of private wealth, with a total of $10.4 trillion.
2027年までに,オーストラリアは私有財産に関して世界で7番目に豊かな国,合計で10.4兆ドルになると予想されている。

That will rival powerhouses like Germany and the United Kingdom, each with private wealth near the $11 trillion mark.
これで,11兆ドル近くの私有財産を保有しているドイツや英国のような強国に匹敵することになる。

(転載了)
*************************************

今後 10年間の中国とインドの成長度合いはすさまじく(中国:180%,インド:200%),米国は首位を中国に,日本は3位をインドに譲る寸前まで進展するとの予想です。
それでも 日本はG7の中での最大(30%)の成長率が予想されています。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その387) | トップページ | Forbes による‘The World's Most Valuable Brands 2018’ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その387) | トップページ | Forbes による‘The World's Most Valuable Brands 2018’ »