« The Digital Country Index 2017 | トップページ | 条件なし,厳密な 「同一労働 同一賃金」は? »

2018年6月 6日 (水)

見出しに見る「勘違い」(その386)

「徴用工像の強制撤去 『いかなる場合も法令は守るべき』=韓国首相」  2018/6/5 聯合ニュース・日本語版
   ‘韓国の李洛淵首相は6月5日の閣議で,市民団体が釜山の日本総領事館近くの歩道に日本による植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像を放置し,地元自治体が強制撤去したことについて,「手続きに反し,設置したことは違法」とし,「いかなる場合も法令は守らなければならない。それでこそ絶対多数の国民の生活が守られ,社会の秩序が維持される」と強調した。
  市民団体は当初,メーデーの5月1日に像を総領事館前に設置しようとしたが,警察に阻止され,像は総領事館付近の歩道に置かれたままとなっていた。歩道を管轄する釜山市東区は自主的な撤去を求めたが団体は応じず,同月31日に強制撤去した。現在は「国立日帝強制動員歴史館」で一時保管している。 ’
と報じています。
   このような,当たり前の見出しの記事が成立することが 韓国の後進性を表わしています。その言が本気なら,釜山総領事館前 および ソウルの大使館前,違法設置の慰安婦像をそのままにしておいては社会の秩序が維持されないでしょう。
   法治国家になれなくて残念です。

「野党のソウル市長候補 『慰安婦少女像,韓日関係を害するなら反対』」  2018/6/6 中央日報・日本語版
  ‘野党・自由韓国党の金文洙ソウル市長候補が慰安婦少女像に反対するという意見を出した。
    金候補は6月4日,ソウルプレスセンターで外国人記者クラブを相手に会見し,「慰安婦少女像」に関する日本人記者の質問に対し 「ずっと(慰安婦)少女像を作ってあちこちに設置するのは,歴史的に勉強するためならよい」とし 「しかし韓日関係を害するためのものなら私は(設置に)反対する」と述べた。
   特にソウル日本大使館前の少女像の撤去問題について 「私が市長になれば誰が設置したのかをみて,日本大使館側と設置した当事者の対話の場を用意して判断する」 とし「両国間の友好関係を前進させる方向で席を用意する」と答えた。
   金候補は「日本との関係を過度に繰り返し悪化させるのは私は望ましくない(と考える)」とし 「もちろん過去も忘れてはならないが,あまりにも過去にこだわって生きるのは前に進むうえで困難があるのではと考える」と述べた。 ’
とのことです。
   筋が通っているようですが,ちょっと違うのは 両国関係の前に,先ず真面な国となるために,国際条約を遵守することが重要です。大使館前の慰安婦像は ウィーン条約違反であり,韓国は国際条約違反を黙認していることを自覚すべきでしょう。

急に 真面そうな人間があらわれても やや主張がずれているのです。

|

« The Digital Country Index 2017 | トップページ | 条件なし,厳密な 「同一労働 同一賃金」は? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Digital Country Index 2017 | トップページ | 条件なし,厳密な 「同一労働 同一賃金」は? »