« いつ買ったか忘れた インディアン・マドラス・シャツ を着る。 | トップページ | Clarks 「公式オンラインストア」 オープンの Mailが・・・ »

2018年6月 2日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その385)

「釜山強制徴用労働者像,設置1ヶ月で撤去…市民団体 『“少女像横への設置”立場に変化ない』」  2018/5/31 中央日報・日本語版
   ‘4月31日に釜山日本総領事館前に設置された強制徴用労働者像が,設置から約1ヶ月で警察によって撤去された。
    5月31日午後2時1分ごろ,東区庁職員が労働者像の前で「行政代執行(強制撤去)を行う」と宣言すると,労働者像近くに集まっていた市民が区庁職員に抗議して労働者像の撤去を制止した。だが,まもなく警察が市民を労働者像から引き離し,待機していたトラックに労働者像を載せた。
    市民は労働者像を載せたトラックが道路に進入できないよう阻んでいたが,警察は市民に立ちはだかり労働者像を国立日帝強制動員歴史館に移動させた。労働者像は日帝強制動員歴史館1階ロビーに臨時的に保管される予定だ。市民は「東区庁と警察を糾弾する」と叫び,「韓国政府と警察が親日行為を行っている」と批判した。
    これに先立ち,5月8日,韓国政府は外交部長官,行政安全部長官,国土交通部長官,国務調整室長の共同談話文を通じて労働者像を移動させるよう求めていた。
    労働者像を設置した市民団体関係者は「今後の具体的な計画については話し合わなければならないが,日本領事館前の少女像の横に労働者像を置くという我々の計画に変化はない」と話した。’
と報じています。
    「慰安婦像」も撤去しないと法治国家となりません。
    分っているつもりですが,「市民は・・・ 『韓国政府と警察が親日行為を行っている。』」が恥ずかしげもなく,非難として堂々と言われ,それが通用する,あるいは 正論である国と付き合うのは面倒なことです。

「中国牽けん制のために協力関係を結んだ日本とベトナム」  2018/6/1 中央日報・日本語版
   ‘日本とベトナムが中国の海洋崛起にブレーキをかけるために手を握った。
    安倍晋三首相とベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席は両国間の海洋安全保障と防衛協力を強化することにしたと日本メディアが1日,報じた。
    報道によると,安倍首相とクアン主席は前日,都内の首相官邸で首脳会談を行い,会談後に南シナ海情勢に懸念を表明して外交的方法による「非軍事化」が重要だと強調した。また,「状況を複雑化させうる、いかなる一方的行動もとらない」という内容の共同声明を発表して中国を圧迫した。
   尖閣諸島などの領有権問題で,中国と外交的摩擦を引き起こしている日本は2016年フィリピンと海洋安保協力を結んだことに続きベトナムとも協力を結びながら,中国の海洋崛起に圧迫を加えている。’
と報道しています。
   韓国の意志表示はありません。毅然とした外交姿勢を示さず,韓国の,中国の属国化が進みます。
   ところで 「海洋崛起」(かいようくっき)は日本ではほとんど使われず,中国ではよく使われる言葉のようです。突然,このような難解な言葉を使われると面喰います。
   日本人が使ったのは 「吉田松陰が唱えた 『草莽
崛起(そうもうくっき)』論」 くらいしか思いつきません。

立場も方針も分りません。

|

« いつ買ったか忘れた インディアン・マドラス・シャツ を着る。 | トップページ | Clarks 「公式オンラインストア」 オープンの Mailが・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いつ買ったか忘れた インディアン・マドラス・シャツ を着る。 | トップページ | Clarks 「公式オンラインストア」 オープンの Mailが・・・ »