« 豪雨の後で ー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その394) »

2018年7月28日 (土)

オウム真理教,残り 6人の 死刑執行を N.Y.Times は ・・・

オウム真理教事件で死刑判決を受けた13人のうち,7月6日の7人の死刑執行に続き,残り 6人の死刑が 26日に執行されました。

1ヶ月に13人の死刑執行が行われたことなどが世界的に注目され,報道されています。

ここでは ‘The New York TimesJuly 26,2018付けの 見出し “Japan Excutes 6 Members of Cult Behind Sarin Attack”(日本はサリン事件実行カルト 6人のメンバーの死刑執行)の記事を紹介します。

拙訳と共に転載します。

*************************************

Japan on Thursday executed all six former members of the Aum Shinrikyo doomsday cult who remained on death row after the execution of the group’s founder and six other members earlier this month, Japan’s Justice Ministry said.
日本の法務省は,木曜日に,グループの創設者と6人の他のメンバーの死刑執行後,オウム真理教 カルト宗教の元メンバー残り6人全員を処刑したと発表した。

The six — Satoru Hashimoto, Toru Toyoda, Kenichi Hirose, Yasuo Hayashi, Masato Yokoyama and Kazuaki Okazaki — were convicted of involvement in one or more of three crimes: the 1995 sarin nerve gas attack on the Tokyo subway system, another sarin attack in Nagano Prefecture, in 1994, and the murders of a lawyer, his wife and their baby son in 1989.
端本悟,豊田亨,広瀬健一,林泰男,横山真人,岡崎一明の6人は,1995年の東京地下鉄に対するサリン神経ガス攻撃,1994年の長野でのサリン攻撃,1989年の弁護士夫妻および息子の殺人事件の3つの犯罪の1つ以上に関与しているとして死刑判決を受けていた。

“After 20 years of investigation, the execution is adequate — although some people say we should hear more from them” in terms of contrition, said Masaharu Yamada, a former police officer who investigated the attacks by the group. “Taking into account the agony and sorrow of victims and their families, it may be too late.”
「20年間の捜査の後の執行は適正である - 反論として,彼等から より多くのことを聞くべきだったと言う者もいるがー 」 グループによる攻撃を捜査した元警察官の山田正治は述べた。 「被害者とその家族の苦悩と悲しみを考えると,遅すぎたかも知れない。」

The executions came nearly three weeks after officials carried out death sentences against Shoko Asahara, the group’s mastermind, and six of his former followers.
執行は,首謀者 麻原彰晃と6人の受刑者に対して死刑が執行された約3週間後に今回の執行があった。

The three attacks, which the courts said were committed to further Mr. Asahara’s bid to “control Japan in the name of salvation,” caused the deaths of 29 people. The most notorious case, the sarin nerve gas attack on the Tokyo subway system, killed 13 people and injured thousands, making it the largest attack in Japan since World War II.
麻原被告が「救いの名で日本を支配しよう」と煽動したと裁判所が認めた3件の事件で 29人の死者が出た。 東京地下鉄のサリン神経ガス攻撃が最も有名な事件で 13人が死亡し,数千人が負傷,日本での第二次世界大戦以来最大の攻撃となった。

Japan remains one of the few developed countries to maintain the use of capital punishment for murders by hanging. Inmates and family members are only notified of the execution on the day it is carried out. Despite international condemnation, public support for the death penalty remains high in Japan.
日本は,絞首刑による殺人罪の刑罰を維持する数少ない先進国の1つである。 受刑者や家族には,執行の日に通知される。 国際的な非難にもかかわらず,死刑に対する国民の支持は日本で高いままである。

(転載了)
*************************************

いつ執行されるかわからないまま 何年も執行されないのは残酷で(朝日新聞・天声人語 「毎週金曜の朝に 『執行』 と言われなければ,あす明後日は週末だからないんだ,とひと息つく生活です。」(13人のうちの1人が残した言葉)),例外はあるものの 「刑事訴訟法475条」で定める 『死刑の執行は判決確定の 6ヶ月以内にしなければならない』(第2項)を法務大臣が厳守することが,死刑囚の最後の人権を守ることになるような気がします。

|

« 豪雨の後で ー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その394) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪雨の後で ー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その394) »