« 素材名が品物名に ・・・ | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その403) »

2018年8月31日 (金)

Brooks Brothers における “Harris Tweed”

英文 ‘Brooks Brothes’のホームページにある ‘Magazine’の ‘ICONS’に ‘Harris Tweed’の項がありました。
Brooks Brothers と ‘Harris Tweed’の関係などについて書いています。

*************************************

A classic Scottish fabric reinterpreted in our fall collection
秋のコレクションで再解釈された古典的なスコットランド生地

Brooks Brothers was the first clothing company in the United States to sell Harris Tweed, in 1909. Handwoven for centuries in Scotland, Clò Mór, translated from the Scottish Gaelic as “the big cloth,” remains an indelible part of the brand to this day.
Brooks Brothersは,1909年に‘Harris Tweed’を米国で販売した最初の服飾会社だった。スコットランドで数世紀にわたり手織りされた Clò Mórは,スコットランド・ゲール語から「大きな布」と翻訳され,今日までブランドにとって不可欠な部分となっている 

The fabric is experiencing such a resurgence in popularity that production facilities are at capacity.
この生地は,人気の復活で,生産設備能力の限界を経験しつつある。

Only three active mills and approximately 185 weavers remain in the Outer Hebrides Islands, the only place where Harris Tweed can be made.
ハリス・ツイードを作ることができる唯一の場所であるアウター・ヘブリディーズ諸島には,わずか3つの動力織機と約185人の織り手が残っているだけである。

The Harris Tweed Act of 1993 firmly defined the fabric, specifying that it must be created of pure virgin wool.
1993年のハリスツイード法は,ハリスツイードが,純粋なバージンウールで作られていなければならないことを明確に規定している。

To testify to its authenticity, all finished products are inspected and receive a serial number and Orb trademark, which speaks to the exclusive nature of the cloth.
真正性を証明するために,すべての完成品は検査され,布の独特な性質を語る ‘Orb’ の商標とシリアル番号が付いている。

Its outerwear roots are referenced strongly this season. We’ve expanded our Harris Tweed offerings to include a four-pocket hunting jacket, hats, wingtip sneakers and field boots.
そのアウターウェアのルーツが今シーズン 強く反映されている。ハリスツイードを 4ポケット・ハンティング・ジャケット,ハット,ウィング・チップ・スニーカー,フィールド・ブーツを含む製品に展開している。

Harris_tweed
Crafted using a color palette of loden, moss and other earthen shades, the garments recall the fabric’s functional outdoor origins.
ローデン,モス,その他の土の色合いのカラーパレットを使用して製作されたこれら衣料は,生地の機能的なアウトドア起源を呼び起こす。

“We want to reinforce to the customer how much craftsmanship goes into our Harris Tweed products,” says Glen Hoffs, Director of Men’s Design.
「私たちは ハリス・ツイード製品にどのくらいの職人技を取り入れるかを顧客に強調したいと考えている」と Men's Designのディレクター,グレン・ホフス氏は言う。

Hoffs thinks of it as the “original camouflage,” with its color and heft traditionally serving its wearers well in woodland surroundings and colder climates.
ホフスはそれを その色と重さが,伝統的に森林環境や寒い気候でも着用者によく役立つ,「オリジナルの迷彩」と考えている。

Crafted using a color palette of loden, moss  and other earthen shades, the garments recall the fabric’s functional outdoor origins.
ローデン、モスのカラーパレットを使って製作された衣服はファブリックの機能的なアウトドア起源を呼び戻す。

Look closely and you can see a vast array of colors in what might appear to be brown from afar.
近くから見ると,遠くからだと茶色に見えるかもしれないものの色の膨大な配列を見ることができる。

This lends a depth of surprising aesthetic subtlety to the cloth. “That vibrancy is not available in other tweeds,” says Stewart Roxburgh, Senior Executive at Scottish Enterprise.
これは布に驚くほど美的な繊細さを与える。 スコッティッシュ・エンタープライズのシニア・エグゼクティブであるスチュアート・ロクスバーグは次のように述べている。「他のツイードではそのときめきは対応できない。」

“You wouldn’t realize how much effort goes into blending 30 or 40 shades to get the right color. It’s almost alchemy.” The result: an artisanal fabric with autumnal appeal.
「正しい色を得るために 30 もしくは 40の色合いを混ぜるのにどれだけの労力が費やされるのか理解できないだろう。ほぼ錬金術である。」
その結果はー 秋の魅力を持つ職人の生地。

(転載了)
*************************************

Hbjハリス・ツイードは 昔から存在しましたが,現在の,‘Harris Tweed’をオーソライズするラベルの付いたものは 1993年の 「ハリス・ツイード法」制定以後です。

私が持っている ‘Harris Tweed’のラベルが付いたツイード・ジャケットは,ヘリンボーンのスポーツ・コート(昔風に言えば 「替え上着」)で,グレー と ブラウン の2着です。

秋はまだ遠い。

|

« 素材名が品物名に ・・・ | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その403) »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 素材名が品物名に ・・・ | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その403) »