« 英国, 「かまどの金曜日」で 「メルトダウン」。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その398) »

2018年8月12日 (日)

チノ : アメリカン・スタイル物語

Brooks Brothers の英文ホームページの ‘Magazine’ に “Chinos: An American Style Story’ というタイトルの記事がありました。「チノパン(もしくは チノ・クロス」について書いています。

下記 拙訳と共に転載します。

*************************************

Chinos
The rise of a former military essential turned fashion icon
かつての軍隊の必需品は進化してファッション・アイコンになった。

The predecessor of the chino was developed by Sir Harry Lumsden in 1848 while stationed in India to camouflage his white uniform.
チノの前身は,1848年にハリー・ラムズデン卿が インドに駐留しているとき,白い軍服をカモフラージュするために開発したものである。

He mixed a combination of coffee, curry and mulberries for dye, and this new shade, dubbed khaki (the Hindi word for “dust”), blended into the arid setting.
彼は 染料として コーヒー,カレー,マルベリーを混ぜあわせた。この新しい色合いは乾燥した環境に溶け込んで「カーキ」(ヒンディー語で「ほこり」)と呼ばれた。

Although now used interchangeably with “chino,” khaki refers to the dye color Lumsden created.
今では 「チノ」(chino)と同じ意味で使用されるが,「カーキ」(khaki)は ラムズデンが作成した染料の色を指す。

The first reference to chinos came in 1898, when American armed forces were stationed in the Philippines during the Spanish-American War and their uniforms were sourced from Chinese twill cotton. This colloquial term was born from the Spanish name for “China.”
チノと初めて呼ばれたのは 1898年,アメリカ軍が米西戦争中にフィリピンに駐屯し,その軍服が中国のツイルの綿で作られたことによる。この俗称は,“China”のスペイン語から生まれた。

After World War II, returning GIs began wearing the plain-front trousers, and chinos were a common sight on college campuses, where they began to define the East Coast, Ivy League aesthetic.
第二次世界大戦後,帰国したGIは このプレーン・フロントのズボンを着用し始め,そして,チノは大学キャンパスの普通の風景となり,それが東海岸のアイビーリーグ・ファッションを特徴づけるようになった。

Hollywood soon followed, leading a generation to define chinos as a symbol of effortlessly cool American style.
ハリウッドがすぐに続き,楽しく,クールなアメリカン・スタイルの象徴として,チノを特徴づける世代を導いた。

The boxy fits and casual Friday culture of the 1980s and ’90s sidelined chinos; however, they’ve made a comeback, with slimmer fits and fresh garment-dye colors.
1980年代と90年代のボクシー・フィットとカジュアル・フライデイ文化は チノを脇へ追いやった, しかし,チノはよりスリムなフィット感と新鮮なガーメント・ダイ(製品染め)の色でカムバックした。

What was once standard issue for the military is now the style of choice for the board meeting or the wedding party.
かつての軍隊の標準仕様が,今や役員会議やウェディング・パーティーで身に着けるものの選択肢である。

(転載了)
*************************************

「チノ」は 広義では素材(Cotton Twill) を意味し,色の定義ではありません。
Chinos’は 狭義にはチノパンを指します。

「カーキ」は カーキ色のパンツを指すこともありますが,本来は色を指します。
英語で ‘Khakis’と ‘s’を付ければ 衣服,狭義には パンツを指します。

日本には カーキ色を緑色が混ざった色と思っている人がいますが,コーヒー,カレー,マルベリーには緑色はなく,あくまで 土色,ほこり色です。

|

« 英国, 「かまどの金曜日」で 「メルトダウン」。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その398) »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英国, 「かまどの金曜日」で 「メルトダウン」。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その398) »