« Is President Trump ‘Idiot’? | トップページ | “White House response” to the non-fiction book “FEAR” »

2018年9月 9日 (日)

「呉ー広島」間 臨時バス 改善,9月1日以降

7月6,7日の西日本豪雨で,呉と広島を繋ぐ JR呉線と 2本の道路 - 「国道31号」,「広島呉道路(クレアライン)」が不通になり,一時的に呉市は 広島と結ぶ公共交通機関がフェリーのみの 文字通り 陸の孤島となりました。

7月11日に 国道31号は土砂で埋まった部分を迂回する道路を新設して復旧しました。

JR西日本は 当初,国道31号を使った呉線代行バスを 朝夕を主に 呉駅ー広島駅間で運行し,坂駅ー広島駅間の運行再開に伴い,呉駅ー坂駅間のバスによる代行輸送に切り替えています。
更に,本日9月9日に 呉駅ー広島駅間の呉線は運転再開と報じられています。

残るは 「広島呉道路(クレアライン)」を使った 「呉ー広島バスセンター」間のバス運行で,坂・水尻での崩落部の復旧は当初11月中と予定され(*),完全復旧はまだ先になりますが,国道31号と走行可能な一部「広島呉道路」を使い,「呉駅ー広島バスセンター」間の臨時運行が行われています。
((*)9月7日,西日本高速道路株式会社(NEXCO西日本)は「今後の天候によるものの,10月の上旬に復旧工事が完了する見通し」と発表しました。)

この臨時バスのダイアが 9月1日に変更になり,9月3日(月)一日の運行実績(所要時間と混み具合)が,広電バスのホームページに公表されていました。

下に転載します。

Table_01Table_02
これ以前の臨時運行時刻表に比べると 往復便数が 38便から48便に増えています。

又,所要時間は,以前(8月21日)の実績は 夕方の広島→呉で 2時間かかる便がありましたが,今回の時刻表で 9月3日(月)の実績では 最長で 1時間7分 と短くなっています。
理由は不明です。
今日からのJR呉線 呉ー広島開通で 国道31号の交通量が緩和されると,さらに正常に近い運行になると期待できます。

広島呉道路の完全な復旧は,上述のように 9月7日,当初の11月中から10月上旬に変更されました。今回の,かなり改善された時刻表で 約1ヶ月 運行され,正規運行に戻ることになります。

個人的都合としては 呉駅発を,正規運行の,もっと前,本通りや更に前のバス停から運行してほしいのですが贅沢というものでしょう。

下の写真は 広島呉道路(クレアライン)の最大の損傷部(坂町水尻)の復旧工事途中で,左は 7月27日(呉方面を望む),右は9月7日(広島方面を望む)です。
数十mにわたって崩落していた路面が,ほぼ復元されています。
当然 崩落した土砂に覆われていた JR呉線と国道31号は元の姿を現しています。
この部分に設けられた国道31号の迂回路は9月12日に終了とのこと。

07270907

|

« Is President Trump ‘Idiot’? | トップページ | “White House response” to the non-fiction book “FEAR” »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Is President Trump ‘Idiot’? | トップページ | “White House response” to the non-fiction book “FEAR” »