« “White House response” to the non-fiction book “FEAR” | トップページ | オックスフォードの白シャツ,3種類。 »

2018年9月11日 (火)

匿名の トランプ政権の高官が ・・・ 。

The New York Times’の 9月5日付け Opnion 欄に “I Am Part of the Resistance Inside the Trump Administration ”(私はトランプ政権内部のレジスタンス)というタイトルの投稿記事が載り,トランプ大統領が ‘Air Force One’の機上で,「国家の安全保障に関わる」と犯人捜しの指示を出すシーンが TVニュースで流れていました。

サブタイトルとしてー

I work for the president but like-minded colleagues and I have vowed to thwart parts of his agenda and his worst inclinations.
私は大統領のために働いているが,同じ考えの同僚と私は 大統領の一部の意図と最悪の傾向を阻止することを誓っている。

ーとあり,NYTは この寄稿を次のように説明しています。

The Times is taking the rare step of publishing an anonymous Op-Ed essay. We have done so at the request of the author, a senior official in the Trump administration whose identity is known to us and whose job would be jeopardized by its disclosure. We believe publishing this essay anonymously is the only way to deliver an important perspective to our readers. We invite you to submit a question about the essay or our vetting process here.

ニューヨークタイムズは,匿名のOp-Ed (論説:Opposite Editorial,社説の反対側にある論説コラム)の投稿を掲載するという珍しい決断をした。この措置は,トランプ政権内の高官である,筆者の要請に応えたもので,我々は,筆者を知っているが,名前を公表すると,彼の仕事が脅かされることになるからである。読者に,この重要な視点からの意見を届けるには,この投稿を匿名で掲載することが唯一の方法と信じるからでもある。この投稿,あるいは匿名での掲載についての我々の考え方について,ご意見があれば,歓迎する

以下,翻訳と共に転載します。

*************************************

President Trump is facing a test to his presidency unlike any faced by a modern American leader.
トランプ大統領は,近代アメリカのリーダーの誰もが経験したことのない試練に直面している。

It’s not just that the special counsel looms large. Or that the country is bitterly divided over Mr. Trump’s leadership. Or even that his party might well lose the House to an opposition hellbent on his downfall.
ただ単に(ロシア疑惑の)特別検察官が大きく迫っているということだけではない。あるいは,トランプ氏のリーダーシップに関して,国内が激しく割れていることや,彼の没落によって,共和党が下院の主導権を失うかも知れない,といったことでもない。

The dilemma — which he does not fully grasp — is that many of the senior officials in his own administration are working diligently from within to frustrate parts of his agenda and his worst inclinations.
「ジレンマ」は - 彼は充分把握してないのだが - 彼の政権の多くの高官たちが,彼の政治課題と傾向を懸命に阻止しようとしていることである。。

I would know. I am one of them.
私にはわかっている。私もその一人だからだ。

To be clear, ours is not the popular “resistance” of the left. We want the administration to succeed and think that many of its policies have already made America safer and more prosperous.
はっきりさせておきたいのは,我々の抵抗は,一般的な左翼的な「抵抗」ではないことである。我々は,この政権が成功してほしいと思っているし,多くの政策が既に,アメリカをより安全にし,より繁栄させてきたと思っている。

But we believe our first duty is to this country, and the president continues to act in a manner that is detrimental to the health of our republic.
しかし 我々は,自分たちが第一に義務を果たすべきは,この国に対してであるのに対して,大統領は,この国の健全さを損なうようなやり方を続けていると信じている。

That is why many Trump appointees have vowed to do what we can to preserve our democratic institutions while thwarting Mr. Trump’s more misguided impulses until he is out of office.
このことが,トランプ氏に任命された多くの高官が,民主主義制度を守り,トランプ氏の見当違いな衝動を阻止するために,「出来ることをする」という決意を固めた理由である。

The root of the problem is the president’s amorality. Anyone who works with him knows he is not moored to any discernible first principles that guide his decision making.
問題の根っこにあるのは,大統領の規範のなさである。一緒に働いたことのある人ならだれでも,トランプ氏が,決断をするための指針とするような原則を何も持っていないことを知っている。

Although he was elected as a Republican, the president shows little affinity for ideals long espoused by conservatives: free minds, free markets and free people. At best, he has invoked these ideals in scripted settings. At worst, he has attacked them outright.
彼は共和党員として選ばれたのだが,保守層が長い間支持してきた理想,つまり,精神の自由,自由市場,自由な人々などに,ほとんど愛着を示さない。良くてもせいぜい原稿に書いた言葉として使う程度で,悪くするとこのような考えを正面から攻撃してきた。

In addition to his mass-marketing of the notion that the press is the “enemy of the people,” President Trump’s impulses are generally anti-trade and anti-democratic.
トランプ大統領は 「報道は人々の敵」という言葉を大量販売したのに加えて,彼の感覚は全般に,反貿易主義であり,反民主主義である。

Don’t get me wrong. There are bright spots that the near-ceaseless negative coverage of the administration fails to capture: effective deregulation, historic tax reform, a more robust military and more.
しかし誤解しないでほしい。この政権に対する止むことのないネガティブな報道が見逃している良い点もある,効果的な規制緩和,歴史的な税制改革,軍事力強化など。

But these successes have come despite — not because of — the president’s leadership style, which is impetuous, adversarial, petty and ineffective.
しかしこのような成功例は,大統領のリーダーシップのスタイル - 衝動的で,敵対的で狭量で,そして効果的でない - によってもたらされたのではなく,彼のリーダーシップのスタイル 「にもかかわらず」もたらされたものなのである。

From the White House to executive branch departments and agencies, senior officials will privately admit their daily disbelief at the commander in chief’s comments and actions. Most are working to insulate their operations from his whims.
ホワイトハウスから行政府の各部署に至るまで,高官たちは,最高司令官であるトランプ大統領の日々の発言や行動についての不信を個人的には認めるだろう。ほとんどの高官たちは,自分の仕事を大統領の気まぐれから遮断しようとしている。

Meetings with him veer off topic and off the rails, he engages in repetitive rants, and his impulsiveness results in half-baked, ill-informed and occasionally reckless decisions that have to be walked back.
大統領とのミーティングでは話題がそれたり,軌道から外れたりする。彼は暴言を繰り返し,また彼の衝動性によって,不完全な,情報不足での決定がなされ,時にはあまりに無謀な決定のため,再検討が必要となったりする。

“There is literally no telling whether he might change his mind from one minute to the next,” a top official complained to me recently, exasperated by an Oval Office meeting at which the president flip-flopped on a major policy decision he’d made only a week earlier.
「彼の気持ちが一分後には変わってしまうのかが全くわからない。」とある機関の最高責任者は最近私にこぼした。たった一週間前に下した重要な政策決定を,大統領が簡単に覆すことになるオーバル・オフィスでの会議にすっかり疲れてしまった様子である。

The erratic behavior would be more concerning if it weren’t for unsung heroes in and around the White House. Some of his aides have been cast as villains by the media. But in private, they have gone to great lengths to keep bad decisions contained to the West Wing, though they are clearly not always successful.
ホワイトハウスの中や周辺に称賛されることのないヒーロー達がいなければ,不安定な行動はより深刻になるにちがいない。大統領の周辺の高官たちの何人かはメディアによって「悪役」にされているが,実は見えないところで,悪い決定がウェスト・ウィング(大統領の執務室などがあるホワイトハウスの西棟)の中に留まるように力を尽くしている。しかし,彼らがいつも成功するわけではない。

It may be cold comfort in this chaotic era, but Americans should know that there are adults in the room. We fully recognize what is happening. And we are trying to do what’s right even when Donald Trump won’t.
この混乱した時代には冷めた慰めでしかないが,アメリカ国民は,政権内部には,大人もいるということを知っていて欲しい。我々は,何が起きているのか,充分わかっている。そして,ドナルド・トランプがそうしないときでも,我々は正しいことをしようとしている。

The result is a two-track presidency.
その結果は 「ツー・トラック(二重構造)大統領制」である。

Take foreign policy: In public and in private, President Trump shows a preference for autocrats and dictators, such as President Vladimir Putin of Russia and North Korea’s leader, Kim Jong-un, and displays little genuine appreciation for the ties that bind us to allied, like-minded nations.
例えば外交政策 : 公式にも非公式にも,トランプ大統領は ロシアのウラディミール・プーチン大統領や,北朝鮮のキム・ジョンウンのような専制君主や独裁者への好感を示している。しかし、同じ意見を持つ友好国と我々を結びつけている絆については,少しの純粋な賞賛も示さない。

Astute observers have noted, though, that the rest of the administration is operating on another track, one where countries like Russia are called out for meddling and punished accordingly, and where allies around the world are engaged as peers rather than ridiculed as rivals.
明敏な観察者ならばお気づきであろう,大統領以外の政権内部の者たちは,もう一つの異なるコース上で働いていることを。このコースでは,ロシアのような国は,内政干渉について非難され,相応の罰則を与えられるし,世界の友好国は,競争相手としてバカにされるのではなく友人として遇される。

On Russia, for instance, the president was reluctant to expel so many of Mr. Putin’s spies as punishment for the poisoning of a former Russian spy in Britain. He complained for weeks about senior staff members letting him get boxed into further confrontation with Russia, and he expressed frustration that the United States continued to impose sanctions on the country for its malign behavior. But his national security team knew better — such actions had to be taken, to hold Moscow accountable.
例えば,ロシアに関して,大統領は,英国の元ロシア人スパイを毒殺した罪で,プーチンの多くのスパイを追放することに消極的だった。 彼は,ロシアとのさらなる対立に突入させようとする上級職員について何週間も不満を表明し,米国は引き続き 悪意のある行為に対して,ロシアに制裁を課しているということに不満を表明した。 しかし,彼の国家安全保障チームは,モスクワに責任をとらせるためには,このような行動を取らなければならないことをよく知っていた。

This isn’t the work of the so-called deep state. It’s the work of the steady state.
これは,いわゆる「闇の国家」の仕事ではない。安定した国家の仕事である。

Given the instability many witnessed, there were early whispers within the cabinet of invoking the 25th Amendment, which would start a complex process for removing the president. But no one wanted to precipitate a constitutional crisis. So we will do what we can to steer the administration in the right direction until — one way or another — it’s over.
多くの人が,この間の不安定な政権運営を目撃した結果,政権内部では,早くから 合衆国憲法修正第25条を発動して,大統領を免職する複雑なプロセスを始めるべき,という考えがひそかにささやかれたこともあった。しかし,早まって憲法上の危機を引き起こすことは誰も望まなかった。だから,我々は政府を正しい方向に舵をとるために,可能なことをしていくつもりだ - どんなかたちであれ - この状況が終わるまで。

The bigger concern is not what Mr. Trump has done to the presidency but rather what we as a nation have allowed him to do to us. We have sunk low with him and allowed our discourse to be stripped of civility.
より深刻な問題は,トランプ氏が大統領のあり方に加えたことではなく,むしろ彼が我々に対して行うことを,我々国民が許してしまったことである。我々は 彼と共に低劣になってしまい,我々の会話が丁寧さを欠くものになることを許してしまった。

Senator John McCain put it best in his farewell letter. All Americans should heed his words and break free of the tribalism trap, with the high aim of uniting through our shared values and love of this great nation.
ジョン・マケイン上院議員の「最後の手紙」の中の言葉が一番よくこの状況を表している。全アメリカ国民が彼の言葉を心に留め,我々が共有する価値観とこの偉大な国に対する愛を通じて心を一つになるという高い目標をもって,部族主義(トライバリズム)の罠に陥ることを避けなければならない。

We may no longer have Senator McCain. But we will always have his example — a lodestar for restoring honor to public life and our national dialogue. Mr. Trump may fear such honorable men, but we should revere them.
我々は,マケイン上院議員を失ってしまった。しかし,我々には,常に,彼というお手本がある - 公人として生活する名誉と,国民の間の会話をとり戻す道へと導いてくれる指針が。トランプ氏はこのような名誉ある人々を恐れているのかもしれないが,我々は彼らを尊敬しなければならない。

There is a quiet resistance within the administration of people choosing to put country first. But the real difference will be made by everyday citizens rising above politics, reaching across the aisle and resolving to shed the labels in favor of a single one: Americans.
「国を第一」と選択する現政権内部の人々の中に,静かな抵抗勢力が存在している。しかし,本当の違いは政治の外に生きている一般の人々が,党派を超え,レッテルを捨てて歩みより,ただ一つの目標 - アメリカ人であること - に向かうことなのである。

(転載了)
*************************************

閣僚は,当然ながら 皆,この投稿者は自分ではないと否定しています。

政治関係賭けサイトでは,執筆者の予想上位3人としてー

   コーツ国家情報長官(Director of National Intelligence
   ペンス副大統領(Vice President
   ニールセン国土安全保障長官(Secretary of Homeland Security

の名前が挙がっているようです。

|

« “White House response” to the non-fiction book “FEAR” | トップページ | オックスフォードの白シャツ,3種類。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “White House response” to the non-fiction book “FEAR” | トップページ | オックスフォードの白シャツ,3種類。 »