« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月の38件の記事

2018年9月30日 (日)

H29年度 「国語に関する世論調査」結果の気になるところ。

9月25日,文化庁が 恒例の 「平成29年度 『国語に関する世論調査』 の結果について」を公表しました。

調査目的・方法等は下の通りです。

Photo
調査項目は毎年変わりますが,今回の調査結果の中から 興味があった  「Ⅵ 新しい表現や慣用句等の意味・言い方  『聞いたこと,使ったことがある言い方か <問16>』 を紹介します。

下表の六つの言い方について,聞いたことがあるか,使ったことがあるかを尋ねています。Photo_2
各言い方の年齢別の結果はつぎのとおりです。
今年 70歳になる私の世間との比較をしてみます。

1
最近,特に耳にするようななった感じがして気になっていますが,使いません。
そもそも 「ほぼ」との違いが不明です。「ほぼ」の強調?

2
「前倒し」は使いますが 「後ろ倒し」は使いません。
後ろに倒してはいけません。意図的に予定を遅らせることは 予定の変更であり,「先送り」の方がしっくりきます。
全世代で 使うことがある人が 20%以下,言葉自体が不適切に感じます。

3
かなり前から使われている言葉ですが,使いません。
60代では 半分の人が使っています。
いまだに業界用語の雰囲気で如何わしさを感じます。

Photo_3
20数年前の40歳代終り頃に初めて聞いて,言った20代の女性に意味を確認しました。使ったことはありません。
当時 (1990年代) 職場で 調べた結果の認知度は,20歳代は ほぼ全員,30歳代は ほぼ半分,40歳以上は ほぼ ゼロでした。
しかし,横浜(川崎)出身の40歳代の男は知っていました。若い頃,使っていたようで,彼に言わせれば 「もともと,川崎のヤンキー言葉」だそうでした。
現在は,40歳代以下には よく使われるようです。

5
よく聞きますが,使いません。
八百長ではない相撲取組。業界用語としか感じず,如何わしい。

6
かなり以前から聞く言葉ですが 使いません。これも 芸能関係の業界用語でしょう。
「立場」,「ポジション」で充分です。

*************************************

結論として 全て聞いたことがあり,意味も分かりますが,使う言葉はありません。
新しい言葉,言い方は 70歳の私には どうしても軽薄 あるいは 如何わしく感じます。

もとは業界用語,特定グループ隠語で 市民権を得つつある言葉と思われ,その由来故,怪しさを感じます。

| | コメント (0)

2018年9月29日 (土)

広島呉道路(クレアライン)全面再開。

Map9月27日 15時,7月初めの西日本豪雨で 不通になったままだった「呉ー広島」間の最後のルート 「広島呉道路(クレアライン)」が 83日ぶりに再開しました。
復旧予定は当初 11月中,次に変更されて10月初旬だったのが,更に早まりました。

Dsc_1114下に 最後まで復旧工事が続いた 坂町・水尻の約80mに及ぶ 路面崩落現場の復旧工事進捗推移を NEXCO西日本や 各メディアの写真を拝借して紹介します。

0708c0708a

上は 崩落直後の7月8日。崩落した土砂は 下のJR呉線,国道31号に流れ込み,JR呉線の開通は 9月9日,国道31号は9月12日(但し 7月11日に迂回路設置)までかかりました。

0712a0712b上は 7月11日。崩落状態をチェックし,復旧方法が検討されたようです。

07270727a















上は 7月27日。崩落から 約3週間,法面への盛土工事が進んでいます。
JR線路はまだ 土砂を被って見えません。
海岸側の道路は 国道31号の迂回路で,国道31号自体はまだ埋まっています。

0815a0815b








上は 8月15日。

0907b0907a
上は 9月7日。崩落から2ヶ月経ち,路面までの盛土が終了しているようです。

09190921

上左:9月19日,上右:9月21日。
ほぼ 復旧工事完了状態です。

以上

| | コメント (0)

見出しに見る「勘違い」(その409)

「『旭日旗ではなく日章旗を』 韓国海軍,済州観艦式参加の日本に間接要請」  2018/9/27 中央日報・日本語版
   ‘韓国海軍が翌月11日の済州民軍複合型観光美港(済州海軍基地)で開かれる「2018大韓民国海軍国際観艦式」海上査閲時に,参加国に自国の国旗と太極旗(韓国の国旗)を使用するよう公式に要請した。
    これは事実上,日本海上自衛隊を狙った措置だと解釈することができる。「旭日旗(旭日昇天旗)」を自衛艦旗として使用中の海上自衛隊に,旭日旗ではなく日本国旗である日章旗を使ってほしいと間接要請したも同然だからだ。
    海軍関係者は26日,「国際観艦式の海上査閲参加15ヶ国の艦艇に自国旗と太極旗を使用してほしいとする公文書を送った」と確認した。続いて「済州国際観艦式の海上査閲時に,自国旗と太極旗を使用することは主催者側のガイドラインなので,日本を含む参加国すべてが従うものと期待する」と付け加えた。
   海軍は,軍国主義を象徴する旭日旗に対する国民の反感を考慮してこのような措置を取ったものとみられる。しかし,日本側はこれに関連してはっきりと返事をしていないことが伝えられた。
   また,日本海上自衛隊が海上査閲時ではなく入出港時に旭日旗を掲げる可能性もある。こういった場合,韓国政府がこれを阻止することは容易ではないことが予想される。
   このため,政府は外交ルートを通じて,海上自衛隊艦艇が行事期間中に旭日旗を掲揚しないよう打診するという。
   一方,翌月10~14日,済州海軍基地で開かれる国際観艦式には外国の艦艇21隻を含め50余隻の軍艦が参加する。’
とのことです。
   国際法で求められる,民間船と区別をつけるための海上自衛隊旗 「旭日旗」を降ろせなど 常識では考えられない要求です。 国際法を無視した勝手なガイドラインを作ってはいけません。 
   招待しておきながら 他国に(一般的には)「軍旗を降ろして」の注文をつけるなど外交的に無礼で,「旭日旗」の掲揚をしないようにと明確に要求されれば 招待を断るしかありません。
   他国に対しても同様で,自ら その非常識さ,無知を 世界に露呈しました。

「韓国,ノーベル科学賞 『ゼロ』 いつ終わる?…『13人が受賞に近い』」  2018/9/28 中央日報・日本語版
   (内容省略)
   「いつ獲れる」ではなく  「『ゼロ』 いつ終わる」になりました。
   「獲る」ことを名誉とするのではなく,「獲れない」ことを恥とする心情が伝わってきます。哀れです。ノーベル賞受賞者がいない国はノーマルであって 恥ではありません。

劣等感から解放され,いつ普通の国になれるのか,見守りましょう。

| | コメント (0)

2018年9月28日 (金)

米国の中流階級の収入は?

米国で 年収 10万ドル(1,120万円)は中流か,あるいは いくらの年収以上が 中流なのか,‘Pew Research Center’の ‘FACTANKSept.6,2018 に “The American middle class is stable in size, but losing ground financially to upper-income families”(米国の中産階級の規模は安定しているが,高所得家族の財政的根拠を失いつつある)の見出し記事があったので紹介します。

以下 翻訳転載します。

*************************************

Distrubution_19712016
2016年に 米国人の大人の約半分(52%)が中産階級の世帯(middle-class households)で生活している。これは,2011年の中産階級の51%と 見かけ上,ほとんど変わらない。

しかし,中産階級の規模は比較的安定したままであったが,この期間,中産階級の金融利益(financial gains)は,高所得世帯(higher-income households)に比べて少なく,所得格差が拡大した。

中産階級世帯で生活する人々の最近の安定は,数十年間の下降傾向からのシフトを示している。 1971年から2011年にかけて,中産階級の成人の割合は10%低下した。

しかし,その変化はすべて経済的なはしごを下ったわけではない。実際,高収入である成人のシェアの増加は,その期間の低所得者であるシェアの増加よりも大きく,全体として経済発展の兆候だった。

Median_income財政的には,米国の中産階級の世帯は2010年よりも2016年は改善した。中産階級の世帯の所得中央値は,2010年の74,015ドル(829万円)から2016年の78,442ドル(879万円)に6%増加した。

この時期,上位所得者の所得中央値は 172,152ドル(1,928万円)から187,872ドル(2,160万円)に 9% 増加し,米国の19%に相当する上位所得世帯の所得増加割合は中産階級よりも大きかった。

低所得世帯(成人の29%)は,中産階級とほぼ同じ5%の収入増加があった。(所得は世帯規模に合わせて調整され,3人世帯を反映して表される)。

しかし,最近の増大にもかかわらず,2016年の中産階級世帯の所得中央値は,大不況の長期的影響と2001年の景気後退の影響を反映して,2000年とほぼ同じであった。

2016年の低所得世帯の所得中央値($ 25,624 ≒ \2,870,000)は、2000年($ 26,923 ≒ \3,015,000)よりも低かった。 高所得世帯の所得のみが2000年から2016年には183,680ドル(2,057万円)から187,872ドル(2,104万円)に増加した。

高所得世帯と中・低所得世帯との間の,今世紀に広がる所得格差は,数十年の傾向が継続している。

1970年,初期の ピュー・リサーチ・センターの分析の第1年目には,高所得世帯の所得中央値は中所得世帯の2.2倍,低所得世帯の6.3倍でだった。
これらの所得比率は,2016年に それぞれ 2.4 および7.3に増加した。

最近のピュー・リサーチ・センターの分析によると,2016年の高所得世帯と中・低所得世帯との富の格差は,これまで記録された最高水準だった。

高所得世帯の財産は,大不況時に経験した損失から回復しているが,2016年の低所得層および中所得層の財産は1989年の水準と変わらない。

したがって,米国の中流階級は縮小してないように見えるにもかかわらず,米国全体の所得格差の長期的な拡大を反映して,財政的に高所得世帯から,引き続いて,さらに離されている。

2011年から2016年までの期間は,2007〜09年の大不況に続く経済拡大の多くを引きずっている。しかも,回復は遅く(現代では最も遅い),それはこの期間中の高所得世帯への移動がなかったことを説明するのに役立つかもしれない。

一人当たりの国内総生産(GDP)は、2013年後半までの景気後退期のピーク(2007年末近く)には戻らなかった。同様に,米国家計の所得中央値は,2007年12月の大不況の開始以前に戻るのに2016年までかかった。

中産階級の人々の割合は,米国大都市圏で大きく異なる。

推定割合はウィスコンシン州シボイガンで最も高く,2016年に中所得世帯が65%で,中所得世帯が39%のテキサス州ラレドで最も低かった。

中級階級の成人が最も集中している10の地域は,中西部または北東部に多いが,ユタ州のオグデン,クリアフィールドを除く。
これらの地域は,国全体の平均より製造業への依存度が高い。

Areas_distributed_2
高所得世帯の最大のシェアを持つ大都市圏は,主に北東およびカリフォルニアの沿岸地域にある。

彼らはマサチューセッツ州からニューハンプシャー州のボストン,ケンブリッジ,ニュートンなどのハイテク回廊地帯や,コネチカット州ハートフォード,ウェスト・ハートフォード,イースト・ハートフォードなどの金融・商業センターに住んでいる傾向がある。 カリフォルニア州のサンノゼ,サニーベール,サンタクララは,32%が高所得者で,2016年の全地域をリードしている。

高所得世帯の割合が最も少ない地域は,メイン州 ルイス,オーバーンで 8% である。

低所得世帯の最大の割合の大都市圏は,主に南西部に位置し,テキサス州マッカレン, エディンバラ,ミッションなどの南部の国境にいくつかあり,カリフォルニア州フレズノなどの農業コミュニティを含む。 テキサス州ラレドでは,低所得世帯が 2016年,国内最大の割合,約半数(49%)が住んでいた。

最大の中流階級社会がある,ユタ州オグデン,クリアフィールドも,2016年に低所得世帯の最も低いシェア(19%)だった。

Range_of_class
我々の分析では,「中所得層」のアメリカ人は,所得を世帯規模に合わせて調整された後,年平均家計収入の3分の2が国内中央値の2倍になる成人である。

2016年には,全国の中所得世帯の範囲は,世帯3人につき年間約45,200〜135,600ドル(506万~1,520万円)だった。 低所得世帯の所得は45,200ドル(506万円)未満で,高所得世帯の所得は135,600ドル(1,520万円)を超えていた。

(転載了)
*************************************

3人家族でー
   高所得世帯 : 1,520万円超
   中所得世帯 : 506万円以上 1,520万円以下
   低所得世帯 : 506万円未満

独身ならばー
    292万円~877万円 で中所得者です。

ーとのことで 日本とあまり変わらないのでは?

(為替 \112/$ で計算)

階層分布は 地域差が大きいようです。日本はどんなものでしょう。

| | コメント (0)

2018年9月27日 (木)

NHKは 大変だ。

Photo
9月8日 放映された 「NHKスペシャル 未解決事件 『File.07 警察庁長官狙撃事件』」を興味深く観ました。

1995年に発生した,國松孝次警察庁長官(当時)狙撃事件の犯人を追う 警視庁刑事を中心に描いていました。

上は,國村 隼さん演じる 原警部と部下の居酒屋でのシーンです。

Posterこのシーンの右上に ほぼ関東圏でしか見ることのない,麦酒様清涼飲料水 「ホッピー」 ならぬ 「ハッピー」のポスターが貼られていました。

「ホッピー」は ノン・アルコールの 元祖・焼酎割飲料で 「プリン体ゼロ」,「低カロリー」,「低糖質」で売っています。

NHKは 大変です。

| | コメント (0)

2018年9月26日 (水)

世界のインターネット速度比較。

9月24日,英国の 「広帯域通信」,「モバイルサービス」,「テレビ」,「携帯電話」の比較サイト “cable” が “Worldwide broadband speed league 2018”(世界広域通信速度 2018) を発表しました。

去年6月から 今年の5月29日までの,1年間にわたる 200ヶ国での1億6,300万回以上のテスト結果に基づいており,‘M-Lab’, ‘New America's Open Technology Institute’, ‘Google Open Source Research’, ‘Princeton University's PlanetLab’ などとの共同で実施されました。

テスト結果は 平均ダウンロード速度(Mbps) と 5GBの高画質(HD)映画のダウンロードに要する時間でランキングして,上位 30ヶ国を下表に示します。

Speed_rank_001_2
シンガポールが 平均速度60.39Mbpsで 2年連続で世界で最もインターネット速度が速い国に選ばれ,スウェーデンが46Mbpsで 2位を維持,日本は12位でした。

cable’は 「上位25ヶ国の速度が 平均28.9% 上昇した反面,下位25ヶ国は平均7.4% の上昇にとどまった」とし,格差がますます広がりつつあると分析しています。

常々,インターネットの速度を自慢し,インターネット大国を標榜している韓国は30位でした。

| | コメント (0)

2018年9月25日 (火)

いつから 大相撲中継TVを観るだろうか?

無職の身としては,Liveで 大相撲TV中継を観ることが可能ですが,この1年 観ていません。

特に 相撲フアンではなく,以前 観ていたのは 十両になってからの宇良関の取り組みを観るためだけだったので(彼の取り組みが終わった後の取り組みは観てない),2017年9月場所途中からの,膝の怪我による休場から観る理由がなくなりました。

そして 9月23日に終えた秋場所に 宇良さんは 東三段目91枚目で復帰しました。

Photo
取組結果は 上の通りで 6勝1敗でした。

1年のブランク後の復帰場所としては まずまずの結果と言えるでしょう。

さて 彼が関取(十両)に復帰して,私が大相撲をTVで観るのに 後何場所かかるでしょうか ー。

「三段目」の次は 「幕下」,それを経て 「十両」,どのくらいかかるのか 全く分りません。

| | コメント (0)

見出しに見る「勘違い」(その408)

「韓国人科学者6人,既にノーベル賞級の研究成果」  2018/9/22 朝鮮日報・日本語版
   ‘ソウル大学の玄沢煥教授や米ハーバード大学のキム・フィリップ教授など韓国人科学者6人が既にノーベル賞受賞者レベルの研究成果を出しているとの分析結果が出された。
   これは,韓国研究財団が9月21日,「論文被引用側面においてノーベル科学賞受賞者級の研究成果を出した韓国人科学者の現況分析」 という報告書で明らかにしたものだ。同研究財団は過去10年間にわたりノーベル科学賞受賞者たちの平均論文被引用数(ほかの論文に引用された回数)を上回った韓国人科学者は計6人で,3年以内にこれに到達すると予測される研究者も7人いると説明している。
・・・
   もちろん,今回の分析結果だけでノーベル賞受賞の可能性を占うことはできない。同研究財団は「ノーベル科学賞は論文の水準のほかにも研究ネットワークや認知度,研究テーマの独創性,技術的・社会的波及効果など,さまざまな要因が受賞者の決定に影響を与える」としている。同じ研究テーマが既にノーベル賞を受賞していれば,再受賞の可能性は低くなる。
    ・・・ ’
とのことです。
   この季節,韓国メディアでは ノーベル賞関係の記事が続きます。韓国人のノーベル賞希求レベルは異常です。
   ノーベル賞受賞者がいなければ 一流国家 あるいは 先進国と見做されない,早く 一流国家になりたいとの気持ちが溢れています。ノーベル賞受賞者が出れば 大騒ぎになりそうですが,ノーベル賞受賞者の存在が 一流国家であることの十分条件ではないことに早く気が付いてほしいものです。
   それにしても,「財団」(税金で運営?)が 自国民のノーベル賞受賞の可能性分析をすること自体が二流国家であることの証明だと知ることが必要です。
   記事の最後に 「分析は さておき ・・・ 獲れないこともある」の意味の文章で,受賞者無しの場合の予防線を張っているところが可愛いところです。

「【コラム】器が小さい日本の文化庁」  2018/9/24 朝鮮日報・日本語版
  ‘・・・
   日本の文化財の世界に「器の小ささ」が広がっている。この1年間の大阪研修で知り合った関西の博物館関係者は「今の雰囲気は最悪だ」と言った。「対馬の仏像」による日本国内の反韓感情が深刻なためだ。韓国の窃盗犯たちが対馬から高麗時代の仏像を韓国に持ち込んだが,これを忠清南道瑞山市の浮石寺に引き渡すよう命じた韓国の裁判所の判決に基づき,現在まで日本に返還されていないというのが事の発端だ。
 被害は韓国の博物館に及んでいる。特に高麗建国1100周年を迎えて今年12月に開催される予定の「大高麗展」がこの直撃を受けている。・・・  世界各国に散らばっている高麗時代の名品を集めているところだ。多くの名品が日本にあるため,日本側の協力が緊要だ。しかし,一部の寺や私立博物館は窓口すら閉ざし,国立・市立博物館も「日本の重要文化財に指定されている最上級の名品は貸せない」と難色を示している。
   ・・・  作品を所蔵している機関が貸し出したいと言っているのにもかかわらず,日本の文化庁が「ノー」と言っているというのだ。日本では,国が指定した国宝や重要文化財を海外に持ち出す場合,政府の許可を受けなければならない。・・・
 対馬から盗まれた仏像は今からでも返すのが当然だ。略奪について確証がないのにもかかわらず盗品を返さないがために,必要な交流まで足を引っ張られているのだ。・・・たった1つの判決を口実に正当な文化財交流まで妨害するのは,問題をさらに大きくするだけだ。表では「クール・ジャパン」を唱えながら、裏では「アンクール」な日本政府の後姿が苦々しい。’
とのことです。
   盗んだものでさえ 国の司法が戻さなくてよいとする泥棒国家なので,貸し出した後,「もともと韓国のモノ」として戻ってこない可能性が高いので警戒するのは当然でしょう。
   「たった1つの判決を口実に・・・ 」というのは 「たった一人しか殺してないのを口実に責められるのは ・・・ 」 と同様で,理解できない論理です。

違う世界に生きています。

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

ホワイトハウスを震撼させた 4冊の本

9月11日に出版した トランプ大統領の関係者へのインタビューを主に,トランプ政権の実態を,ウォーター・ゲート事件を暴いたワシントン・ポストの編集者 ボブ・ウッドワードが書いた「恐怖(Fear)」が 出版初日に 75万部売れて 話題になっています。

これに関連して ‘ABC News’が Sept.16 付けで ‘From “Fire and Fury” to “Fear”: 4 books that rocked the Trump White House 「『炎と怒り(Fire and Fury)』 から 『恐怖(Fear)』 まで,トランプのホワイトハウスを揺るがした4冊の本」 の見出しの記事を掲載していました。

拙訳で転載します。

*************************************

Full_disclosure先週,ABC Newsの “The View” で発表されたドナルド・トランプとの関係についてのストーミー・ダニエルズ(Stormy Daniels) の,もうすぐ発売される回想録(upcoming memoir) は,大統領とホワイトハウスの内部を見せつけようとしている最新の本である。

ダニエルズの,もうすぐ発売される回想録 - 10月2日 出版予定の 「全面開示(Full Disclosure)」と題する回想録は,今年のドナルド・トランプ大統領と作家達の間の言葉の戦争に火をつけた一連の出版物の最新版で,ホワイトハウスはその内容を攻撃する数週間にわたるキャンペーンを開始する予定だ。

ここでは,他の4冊の本と,大統領のTwitterでの反応を見てみよう。
(転載では Twitter 部分は省略した。)

Bob Woodward's “Fear: Trump in the White House,” released September 11
ボブ・ウッドワード著 「恐怖:ホワイトハウスのトランプ」 9月11日 発行

Fear過去2週間,トランプ大統領は,ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏が 「恐怖:ホワイトハウスのトランプ」で著わした主張に異議を唱え続けた。本は火曜日に出版されたが,本の出版に先立って内容の詳細は,既に知れ渡っていた。

「恐怖」で,ワシントンポストの編集者でウォーターゲート事件を暴いたことで有名なジャーナリストであるウッドワード氏は,政権内の匿名の情報源から引用し,スタッフとしばしば対立する,怒れる大統領に導かれるホワイトハウスを,混沌としたパラノイドとして表現した。

ロバート・モラー特別検察官(special counsel Robert Mueller)による 2016年選挙におけるロシアの介入と 彼のキャンペーンにおける共謀の可能性についての調査にトランプは悩まされていると 本は書いている。

「ウッドワードの本はペテン(scam)だ。」とトランプ氏はツイートした。 「私は引用されたような話しをしてない。もしそうだったら,私は大統領に選ばれていない。これらの引用はでっち上げだ。著者は,本の中で,あらゆるトリックを使用して,私を侮蔑し,軽んじている。 国民は本当のファクト(the real facts)を知ってほしい。それでこそ,我々の国は 偉大になっていく。」

数日後,トランプは本を批判し続けた後,「これほど多くの 『でっち上げ(phony)の本,記事,T.V.の攻撃(hits)』に耐え(endure)なければならなかった政治家はいない」 と嘆いた(lamented)。
ウッドワードは ABCニュース,火曜日夜の「Nightline」のインタビューで,「極めて多くの人々が,トランプのホワイトハウス内で起こっていることを気にしている。 そして,国民は,そこで,何も起こってないようなふりをすることはできない。」と抗弁した(defended)。

Omarosa Manigault Newman's “Unhinged,” released August 14
オマローサ・マニゴールト・ニューマン著 「たがが外れて」 8月14日 発行

Unhinged昨年12月に解雇された元トランプの広報担当は,「たがが外れて: トランプのホワイトハウスの内部関係者の弁明Unhinged: An Insider’s Account of the Trump White House)」で,以前の “Apprentice”(トランプ出演のTV番組:「見習い」)参加者が,ホワイトハウスにいた時に録音したと主張する録音テープを一連のテレビ出演で いくつか公開し,衝撃的な主張をした。

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は,マニゴールド・ニューマンを 「恨みを抱いている(disgruntled)元ホワイトハウスの職員」と呼び,彼女の本を「嘘と誤った告発(accusations)で いっぱいだ」と非難した(slammed)。

これらの主張のなかで,マニゴールド・ニューマンは,チーフ・スタッフのジョン・ケリーによって解雇されたことを トランプは気付いておらず,又,“The Apprentice”(TV番組)にトランプが出演していたときから 彼が “N-word”(“nigger” など黒人を指す語)を使っていたテープがあると申し立てた。その主張は,まだ証明されてない。

現テレビのスターは,トランプ・キャンペーンが先月,マニゴールド・ニューマンに対して,彼女が非公開契約に違反したと主張して 仲裁請求(arbitration claim)を提出した後,ホワイトハウスが黙らせようとしていると主張した。

一連のツイートで,大統領は彼女の全てを 「いかれて 錯乱している(wacky and deranged)」から 「人間のくず(lowlife)」や 「ブス(dog)」とまで呼び,メディアは彼女に注目していると主張した。

James Comey's “A Higher Loyalty: Truth, Lies, and Leadership” released April 17
ジェームズ・コミー著 「より高き忠誠:真実と嘘とリーダーシップ」 4月17日 発行

A_higher_loyalty他の主張の中で,2017年5月にトランプによって解雇された元FBI長官は,大統領が過渡期に始まった一連の会議や電話の中で 忠誠心を守る努力をしていたと書いている。

ABC Newsジョージ・ステファノプロス(George Stephanopoulos)から独占インタビューを受けたコミーは,トランプと彼のホワイトハウスからの激怒の攻撃を駆り立て,彼の主張を押しとどめ,彼の信頼性に疑問を呈した。

「そして,シェイディ・ジェイムズ・コミーが漏洩して,嘘をつき,三流の本(third rate book)(それは決して書かれてはならない)で多くのお金を稼いでいるとき,マイケル・フリン将軍(国家安全保障問題担当大統領補佐官)の生活は完全に破壊された。それは,本当に,アメリカでの生活が働くことになる方法なのか?私はそうは思わない!」  トランプは,この本についての多くのツイートの一つで言った。

Michael Wolff's “Fire and Fury: Inside the Trump White House,” released January 5
マイケル・ウォルフ著 「炎と怒り:トランプ政権の内幕」  1月5日 発行

Fire_and_furyコラムニスト マイケル・ウォルフの衝撃的な本の抜粋がリリース前に現れ,トランプ大統領の弁護士チャールズ・ハーダーは,ウォルフと彼の出版社に,すぐさま 「さらなる出版,配布を中止すること」を要求した。

しかし,それによって出版は取りやめにはならず,ウォルフと彼がインタビューした役人の信用を失わせるための数週間にわたるキャンペーンに火を点けた(igniting)。

最も激しい主張の1つは,ウォルフ氏によれば,2016年6月のトランプタワー会議に出席するドナルド・トランプ・ジュニアとジャレット・クシュナーの決定は「反逆的」であったとするホワイトハウスの首席戦略官 スティーブ・バノン氏のコメントである。

一連のツイートで,トランプは,「ホワイトハウスへの “Zero access” を許可した」と書き,ウォルフを「何度も」退け,「嘘,存在しない虚偽の表現や情報で満ちている」と批判した。

トランプはまた,2017年8月に解雇したバノンを攻撃し,「マイケル・ウォルフは,この,実に退屈で不道徳な本を売るために話をでっち上げた完全な敗者だ。彼は解雇されたときに泣いて仕事にすがり付いた(begged for) 。今では スロピー・スティーブ(Sloppy Steve)は,ほとんどの人から犬のように捨てられている。残念(Too bad)!」とつぶやいている。

(転載了)
*************************************

(英文内容を充分咀嚼できないまま日本語にした部分があります。原文を参照願います。)

就任後2年を経たない在職中に,これだけ多くの本で,非難され,貶められる内容を書かれた大統領がかつていたでしょうか? 10月2日 発行予定の “Full Disclosure” で,5冊です。これらの内容を否定するために費やされる時間と金は全く無駄なもので,本来の大統領業務を阻害することは免れません。

逆に 退任後は 決して伝記等で触れられることはなく,触れられるとしたら 歴代ワースト大統領について書かれるときくらいでしょう。
米国にとっても,米国民にとっても,貿易相手国にとっても,そして トランプ自身にとっても,悲劇と言えます。

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

夏 逝く。

Dsc_1071_2
夏が逝きます。逝ってもらわないと困ります。

この夏は,1日の例外もなく,冷房を入れっぱなしで寝ました。

加えて 少しでも 涼しさを感じるように,布団の上に 「寝ござ」を敷きました。

上は 家人用。20年近く前,関東在住の折り,中元で父親に贈ったもので 材質など不明です。5年前 父親が亡くなったので 九州から今年 持って帰りました。まだ,使用に耐えます。

下は 私用。6,7年前に買った無印良品の 「イ草ラグ」で,破れた箇所にパッチを当てて使っています。

ぼつぼつ,用済みでしょうか。

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

訴え却下 : 「かき船」移転工事差し止め裁判。

広島市の原爆ドーム近くの元安川で料理を提供している「かき船」について,被爆者らが「鎮魂の場にふさわしくない」として河川占用許可の取り消しを国に求めた訴訟の判決が19日,広島地裁でありました。

3年前の弊ブログ 「かき船」移転反対の理由は? 」(2015/5/22) で 広島市平和公園の傍(元安川)への「かき船」の移転(国土交通省の治水上の要求による)に関する河川占用許可の取り消しを求めて広島地裁に訴訟を起こそうとしている状況を示しました。
原告は 「被爆者ら19人」と報道されていて,かつては 「市民団体 『かき船問題を考える会』」というのもありました。

この移転は 広島市が認定,国が許可して,2014年に工事開始,2015年から「かき船」の営業が始められています。

原告の訴え内容をまとめると 「料亭は祈りや追悼の場にふさわしくない。許可は世界遺産の保護に反する。河川占用に必要な 『地域の合意』を得られないままの許可は違法。」でした。

9月19日,広島地方裁判所は この「工事差し止め仮処分」と 「国による河川占有の取り消し」を求めた訴えを却下しました。

APhoto

判決の全文は読んでいませんが,報道から 却下理由をピックアップするとー

*************************************

・「ドームは鎮魂と平和を祈る場で,営業はその価値を損なう」とする原告の主張に対しー
      精神的な利益が法的に保護されているとは言えず,原告適格(訴訟を起こす資格)がない。

・「料亭は祈りや追悼の場にふさわしくない。許可は世界遺産の保護に反する」との原告の主張に対してー
      良好な景観の恩恵を受ける景観利益に関し 「個人の利益を保護するものとは言えない」,「原告らが主観的に抱いている価値観で,客観的に判断することは困難」
      故に,原告適格を認めない。

・かき船の周辺に住む原告の一部には,訴えを起こす原告適格があることを認めるが,その権利の中には 『景観利益の保護は規定されていない。世界遺産条約の趣旨や目的も個人的利益を保護するものではない』。

河川法など関連法令の趣旨が 「平和的・宗教的平穏に関する利益」を保護しているとまでは言えない。

・かき船が船ではなく建築基準法上の建築物に当たるかどうかについてはー
     市が判断するもので,国が判断する部分ではない。

異なる価値観や感情をもつ他者が存在することは否定できない。

原告らの利益の侵害が存在するか客観的に判断できない。

*************************************

予想を覆さない 「訴え却下」でした。

裁判所は,法に基づいて 客観的に判断することが求められます。
「原告らが主観的に抱いている価値観で,客観的に判断することは困難」 はその通りで,そう考えていました。
簡単には 「ふさわしくない」は主観であり,「ふさわしくないことはない」も主観であり,裁判所(法)がどちらかの主観を肯定し,他方を否定することはできません。

原告は これを 「不当判決」として 控訴するそうです。

どこが どうして不当なのかわかりません。

これで思い出したのが,楳図かずおさんの自宅,赤白ボーダー外壁事件(?)です。
2007年に吉祥寺の自宅を改築した際,外壁に赤と白のボーダーラインを入れた所,近隣住民から 「景観を損ねる」として建設差し止め仮処分申請がおこなわれましたが,東京地裁は住民側の請求を却下しました。

美観保存地区として条例等で,条件を設けて保護されてない限り,「美観を損ねる」など 主観的要求を裁判所が認めないのは 法治国家として当然のことです。

心情的には 「周りとの調和を考えてよ。」の気持ちは理解できますが,法的に強制はできません。

ついでにー
では 「かき船」が,赤白ボーダー模様のピッツア船(?)だったらどうなるのか?
法的には問題ないように思えますが・・・ 。

又,原爆ドームから何m以上離れていたら 「ふさわしくない」と言わないのか(現在は約200m),原告19人の一人一人に訊いてみたいものです。±50m内の誤差で 19人の見解が,打ち合わせ無しで一致するものなら 却下されないかもしれませんね。

要するに 主観は法が裁く根拠にはなり得ません。

因みに,原告団長は 金子哲夫氏 (社会民主党広島県連代表,原水爆禁止広島県協議会常任理事)で,2001年の社民党の国会議員時代,朝鮮総連幹部に同行して 警視庁を訪問し,「朝鮮総聯中央本部に対する強制捜査は不当な政治弾圧」という決議文を伝達したことで有名(?)な方のようです。尚,この抗議文を警視庁は内容証明付きで送り返しました。 恥を知らない方のようです。1948年生まれの団塊世代中央,私と同年齢,頭数が多いと 色々な人がいます。

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

広島呉道路(クレアライン)復旧,あと2週間?

Dsc_1097
Dsc_1095Dsc_1096

7月6,7日の西日本豪雨で 坂町・水尻で 約80mに亘って崩落した NEXCO西日本の「広島呉道路(クレアライン)」は,当初11月中と発表された工事完了を10月上旬に早めて開通する予定とのことです。

上の写真は,9月19日午後,国道31号を広島から呉に向かう臨時運行バスの窓から見た復旧状況です。

07130715


崩落した土砂が JR呉線と国道31号を覆って,広島ー呉を結ぶ 全3ルートが不通になりました。
国道31号は 崩落5日後の7月11日深夜に,海側の海水浴場・駐車場部分に迂回路(700m)を設けて復旧し(上の写真は迂回路完成後を示す。崩落した道路のガードレールが宙に浮いている。),その後,土砂を除去,JR呉線は 9月9日に再開,国道31号は 9月12日から 元のルートで再開しました。

「広島呉道路(クレアライン)」は 崩落した法面を再構築して 既に 道路面が出来上がっており,ダンプカーが見えます。ダンプカーを必要とする工事は終わっていると思われるので,Load Testnot Road Test,路面沈下量などチェック?)を実施しているのか,ひょっとすると舗装前に 盛土を締め固めるため走らせているのかも知れません。
締め固めるためなら ロードローラー?

10月上旬の再開は間違いないでしょう。

【追記 9/21】NEXCO西日本から次の発表がありました。
「平成30年7月豪雨により被災した広島呉道路については,坂北IC~呉IC間が,7月6日以降,通行止めとなっていますが,大規模な道路崩壊が発生した水尻地区において,復旧工事の完了の目途がたったことから,9月27日15時に通行止めを解除し,全線通行再開することとします。」

11月中 → 10月上旬 の予定が 9月27日に早まりました。

| | コメント (0)

見出しに見る「勘違い」(その407)

「中国の目の前で海上自衛隊の潜水艦が極秘訓練」  2018/9/17 中央日報・日本語版
   (内容省略)
   それが何か? 公海上ならどこでもやります。
   韓国海軍も立派な潜水艦を進水させたようなので,やったらどうでしょう。

「2018ノーベル賞予測結果を発表…韓国UNIST,ノーベル賞受賞予想者を確保」  2018/9/20 中央日報・日本語版
   ‘10月ノーベル賞の季節を控えて 2018年ノーベル賞の「予測リスト」が発表された。全世界で計17人。韓国では蔚山科学技術院(UNIST)自然科学部のロドニー・ルオフ(Rodney Ruoff)特訓教授が唯一,ノーベル賞受賞予測リストに入った。
   このリストは国際学術情報サービス会社クラリベイト・アナリティクスが研究論文の被引用数基準,全世界上位 0.01% に入った優秀研究者を対象に選び出した結果だ。2002年からクラリベイトが指定したノーベル賞受賞予測学者304人の中で計46人がノーベル賞を受賞し,特に27人は名指されて 2年以内にノーベル賞を受賞した。適中率が15.1%に達する。
   ・・・
   一方,UNISTは 2009年開校してわずか9年でノーベル賞の有力候補者を研究人材として確保する「幸運」を手にした。2012年ルオフ教授を UNIST教授兼基礎科学研究員(IBS)研究団長として招へいするために,チョン・ムヨン当時UNIST副学長が米国とシンガポールを行き来しながら三顧の礼をしたことが分かった。
   ルオフ教授は 20年以上にわたり炭素素材を研究してきた世界的大学者だ。彼が今回,被引用優秀研究者に選ばれたのは炭素素材を土台にした「スーパーキャパシタ」の研究が主に奏功した。
   ・・・
   2011年,世界100大材料科学者のうち16位となったルオフ教授は現在,IBS多次元炭素材料研究団長も兼任している。ルオフ教授は「このように優秀研究者として選ばれることになり光栄だ」として 「過去4年間,籍を置いているUNISTと共に成長することになり,さらにうれしく思う」と感想を明らかにした。
   一方,今年の被引用優秀研究者に選ばれた17人の中で11人は北米地域の教育機関で活動中であり,残りの6人は英国・フランス・ドイツなど欧州と日本出身の研究者と伝えられた。’
と報じています。
   この時期,恒例の ノーベル賞関連記事です。
   ルオフ教授が 米国国籍から韓国籍に帰化してくれれば もっと嬉しいのでしょう。
   韓国人の受賞を 既に諦めて,韓国内組織に属する外国人の受賞を期待するという段階に入ったようです。
   見出しの 「 ・・・ 韓国UNIST,ノーベル賞受賞予想者を確保」は下品です。確保するものではありません。 犯人確保とも言います。
   単に 日本語の使い方を理解してないのか,本当に下品なのか,どちらかです。

思考回路が不明です。

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

「シャイン・マスカット」ではなく 「瀬戸ジャイアンツ」。

Dsc_1048
流行の「シャイン・マスカット」ではありません。

やや値段の安い 「瀬戸ジャイアンツ」です。

「グザルカラ」と「ネオ・マスカット」を掛け合わせて作られ,1989年(平成元年)に品種登録された 比較的 新しいブドウです。

Dsc_1062三つのシャボン玉が一緒になったような形の粒が 何個かに一個あります。

それほど 甘くなく,さっぱりした味で,種はなく,皮ごと食べられます。

名前の通り,瀬戸内の県を中心に作られているようです。

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

『プレデター』の系譜

「プレデター」の4作目,「ザ・プレデター」(‘The Predator’)が公開中です。

Predator_06
Predator_01「ザ・プレデター」(‘The Predetor’,2018)は シェーン・ブラック監督,ブラック および フレッド・デッカー脚本のアメリカ空想科学アクション映画で,「プレデター」(‘Predator’,1987),「プレデター2」(‘Predator 2’,1990),「プレデターズ」(‘Predators’,2010)に次ぐプレデター・シリーズの4作目(クロス・オーバー・シリーズの「エイリアンVSプレデター」(‘Alien vs. Predator)の2本を含めると6作目)です。

ジョン・デイヴィスが前三作に次いでプロデューサーです。
ブラック監督は 第一作の特殊部隊の隊員役で出演していました。
本作は プレデターの集団の襲撃から,小さな村を守る傭兵の話のようです。

本シリーズを振り返るとー

Main series

① 「プレデター」(‘Predator’,1987)
   シュワルツェネッガー演じる ダッチ少佐率いる,曲者揃いの選抜部隊がゲリラに捕らわれた政府要人を救出するため中米のジャングルに赴き,スポーツとして地球に人間狩りに来ていたプレデターに遭遇する。一人生き残ったダッチ少佐は ・・・ 。
   本作と 第二作で プレデターを演じた(?)のは Kevin Peter Hall(1955~1991)で 身長は 7’2”(218cm)でした。

② 「プレデター2」(‘Predator 2’,1990)
   連日 40℃の異常気象の近未来 1997年のロサンジェルスに,異なったプレデターが来て,マフィアなど暴力集団のメンバー狩りを始め,ロス市警はただならぬ犯行現場に関心を持つ。一方,プレデターの持つ科学技術を研究するため,プレデターを生け捕りしようとする政府の秘密組織が動き始め,同僚をプレデターに殺されたロス市警のハリガン警部補は彼らと対立しながら ・・・ 。

③ 「プレデターズ」(‘Predators’,2010
   軍人,傭兵,マフィア,殺人鬼の医者など殺人のプロたちが,プレデターによって 彼らの狩りの獲物として異星のジャングルに放たれる。その能力によって自然にグループのリーダーとなった元軍人の傭兵 ロイスは プレデターの宇宙船を奪って地球に帰還することを目論む。

④ 「ザ・プレデター」(‘The Predator’,2018)
   ・・・

Crossover series

①’「エイリアンVSプレデター」(‘Alien vs. Predator, AVP’,2004)
    太古の昔,プレデターが 成人儀礼のために 南極近くのブーヴェ島(Bouvetøya)に造った,100年毎に活性化する エイリアンと闘うための巨大な地下構造物が,2004年,ちょうど100年周期で活性化する。その活性化に伴って発生した地下の熱を人工衛星が発見し,大富豪が考古学者,登山家,地層学者,傭兵などからなる調査隊を島に派遣した。彼らは人工的に開けられた大穴から地中の,古代文明の特徴を持つ遺跡に入っていった。
   遺跡の奥に冷凍冬眠させられていたエイリアンのクイーンが目覚め 次々にエイリアンの卵を産み始めた。エイリアンと闘うために訪れた三人の若きプレデターと調査隊は・・・ 。

②’「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」(‘Aliens vs. Predator: Requiem’,2007)
   新しい儀礼場を設けるため母船から地球に向かった小型艇に,前作,南極から回収したプレデターの遺体に寄生して,プレデターの能力も受け継いだ新しいエイリアン:「プレデリアン」が侵入しており,小型艇内のプレデターを殺し,ロッキー山脈の麓の村に墜落する。
   地球上でのエイリアン増殖を知ったプレデターは地球に エイリアンと全ての痕跡を消すため「クリーナー」のプレデターを送り込む。
   人類,エイリアン,プレデターの3つ巴の戦いが開始された。

predator” 1. 捕食者,捕食[肉食]動物
                2. 〈比喩〉〔弱みに付け込んで〕他人を利用する人

AVPにおいては,エイリアンに比べると プレデターも可愛い。

さて 観に行くのはどうしましょうか。

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

個人的に一度も持つことなく FAXは 過去の遺物になった?

最近,「FAXで 資料を送りたいのですが・・・ 」 と言われました。
リタイアして 5年弱,現在の会社での使用状況は分りませんが,この時代に 一般家庭で FAX所有を当然のように言われるとは思ってもみませんでした。

この時代でなくとも,我が家には結婚37年間(それ以前の独身時代を含め),FAX(ファクシミリ)機を保有したことは一度もありませんでした。 便利さを享受できなかったかも知れませんが,不便さを感じたことはありません。

現在の 20代,30代は FAXへの馴染みが薄いとのことで,スミソニアン博物館には すでに産業遺産として FAX Machine が陳列されているといいます。
世界的には ほとんど使われていないのですが,例外的に日本では依然 現役とのことです。何故か,日本特有の現象のようです。

1972年 就職した時,まだFAX(業務の使用に耐える)は存在しませんでした。

海外輸出を主とする製造業で,海外から 不具合/破損状況を緊急に受け取って検討・対策処理が必要な職場で,TELEX(電報)による文章の状況説明の解読には苦労しましたが,1970年代後半に FAXが出現して 図面,写真を受け取れるようになり 画期的に便利になりました。

20年ほど FAXの時代が続き,1990年代半ばに インターネットが使われるようになり,デジタル・カメラの画像が瞬時に送られてくるようになって現在に至っています。

すなわち FAXが不要になって既に20年が経過しています。
デジカメと スキャナーをインターネットと合わせれば FAXの必要性は認められません。

一般家庭における FAX機の普及率推移(総務省データによる)を下図に示します。

Photo
一般家庭での最大の普及率は 2009年,最高で 57.1%,現在 2017年で 35.3% です。
世帯の年齢によって 普及率は異なり 50代~70代は40%以上,70歳~74歳が最大の 49.7% で,20代世帯:1.3%,30代世帯:11.3%,40代世帯:35.1% と 若い世帯ほど 普及率は低くなっています。
高齢層は かつて持っていたものをそのまま置いているということで,今後,世帯の年齢層が移っていけば普及率は落ちていく一方でしょう。

それにしても 世界的には過去の産業遺産になっている ファクシミリが日本では現役なのは面白いものです。

ところで 現役時代,仕事で米国人と話しているとき, 例えば  “We are going to send the detail drawings by FAX.” と言うときは,母音の発音には注意して,米国人を驚かせないよう注意しました。
他の発音はいい加減でも,ここだけは 正しく “æ” と発音し,“ʌ”と発音してはいけません。

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

スニーカーを買い替えるべきかー

Dsc_1054
今年,古希の身としても スニーカーを一足持っています。‘Jack Purcell’です。

20代から Converse の ‘Jack Purcell’のみを 45年以上 履いており,これが何代目か分りません。

Brooks_brothers_aシンプルなデザインは着る物を選びません。若い頃は ダーク・スーツにでも合わせてやろう,とまで思っていました。

ダーク・スーツまでいかないまでも,2016年,‘Brooks Brothers’が, 「湘南ベルマーレ」の ‘Official Club Partner’になり,コットン上下の‘Spring/Summer 2016  Official Style’を紹介した写真では,‘Jack Purcell’を合わせていました。
タイをしたコットン上下に ローテク・スニーカー,できるコーディネータです。

好きなスタイリストもいるようで,例えば 世界遺産を巡る旅番組での鈴木亮平さん,ドラマでの吉田洋さんなどが履いていました。

ハイテクなスニーカーは,合わせて着る物の見当がつかず,手を出しませんでした。

最近は 時折り,ショート・パンツで外出するときに 履くことがありますが,あまり 履いていません。

Dsc_1058既に 消えかかっていますが ‘MADE IN U.S.A.’とかすかに残っています。

Converse は 2001年に米国での製造をやめているので,これは 米国製造最終期の製品で,20年ほど経っていそうです。

この時期に造られた新品デッドストックは 2~3万円で売られているようですが,製造時期から継続して,いまだに履き続けている ‘Made in U.S.A.’は 稀少かも知れません。

最近,家人に 「汚いから,新しく買ったら?」と言われました。

踵部の内側は布が破れて ゴムが露出していますが,他に目立つ破れはないので,取りあえず 洗ってみて その後,決めようと思います。

Dsc_1069Dsc_1068_2







洗い終えました。

シューレースも洗って 捩じれ癖のある部分にプレスをかけて直しました。但し,アイレットの鳩目金具に当たる部分の黒い汚れは落ちませんでした。

踵が摩り減って,‘Jack Purcell’ のロゴが半分消えて,知らない人には読めなくなっています。

さて,傘寿まで履けるでしょうか? 喜寿までは何とか ・・・ 。

因みに ‘Jack Purcell’は 1935年,当時のバドミントン・チャンピオン,ジャック・パーセルが開発に加わり,彼の名前を冠して スポルディング社から売られたのが最初です。

1950年代に 現在のデザインになったようで,2005年に 70年ぶりのデザイン・チェンジがされたようですが,外観に ほとんど変化はないようです。

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

「呉ー広島」間 臨時バス時刻表,9月15日以降変更。

7月6,7日の西日本豪雨で,運行不能となった呉と広島を繋ぐルートで,依然 不通なのは, 「広島呉道路(クレアライン)」で,坂・水尻での崩落部の復旧は当初11月中と予定されましたが,NEXCO西日本は9月7日,10月上旬に復旧と発表しました。

これを使った 「呉ー広島バスセンター」間のバス運行は,現在,国道31号と走行可能な一部「広島呉道路」を使い,「呉駅ー広島バスセンター」間の臨時バス運行が行われています。

この臨時運行も徐々に改善され,9月1日からの時刻表が 9月15日に再度変更されました。
若干 広島市内でのルートが変わったのか,広島市内での乗降可能停留所が増えているようです。

下に転載します。

Bus_dia_since_0915_aBus_dia_since_0915_b
便数は 「広島バスセンター → 呉駅」:51便,「呉駅 → 広島バスセンター」:50便 で 平常時の便数は,それぞれ 68便,67便だったので,約25% の間引き運転です。

ちなみに それ以前(9月1日)の時刻表運行における 9月11日(火)の実績(所要時間と座席状況)が公表されていました。

0911
9月9日から JR呉線 「呉ー広島」間の運行が再開された効果か,×(満席)は1便のみ,(空席ほとんどなし)は 2便のみで ほとんどの便の席は空いているようです。

| | コメント (0)

見出しに見る「勘違い」(その406)

「【噴水台】ソメイヨシノ起源論争の虚しい結末」  2018/9/15 中央日報・日本語版
   ‘ 「日帝強占期に大量に植えられた。それで我々がよく見る日本のソメイヨシノは実際,済州のワンボンナム(王桜)が起源だ」。この学説は,韓国人が桜を楽しみながら「日帝の残滓ではないだろうか」という民族主義的罪責感を都合よく軽減してくれた。桜祭りが韓国の代表的な春の祭りになり,関連商品が数えきれないほど登場した中,論争が起こるたびに民族主義的な防壁として出てくるのが「済州原産地説」だった。
   ・・・ 日本のソメイヨシノの起源が済州という学説も正しくなかったということが最近,韓国の研究陣によって明らかにされた。山林庁国立樹木園が明知大・嘉泉大チームと共に済州の王桜のゲノムを解読した結果,済州の王桜と日本のソメイヨシノは別の種であることが確認された。・・・
  「ソメイヨシノ済州原産地説」を主張して私たちの伝統でない桜祭りをいかがわしい民族主義で包装する自己欺まんはもう終わった。代案は2つだ。民族主義精神を潔癖症的に発揮して桜祭りをすべて廃止するか,それとも桜祭りの伝統が日本から入ったことを認めて韓国式に創造的に発展させるかだ。
   ・・・
  少なくとも、人気がある桜に商業的に便乗しながら「日本の桜の原産地は済州だからこれは私たちの伝統だ」と主張する自己欺まんだけはもうやめるべきだ。 ’
とのことです
   論争があるとは知りませんでした。そもそも 「ソメイヨシノは済州の王桜が起源」などというのは何の根拠もない,唯の願望であって,少なくとも世界では学説と言いません。
   ともかく,正しい結果を発表するまともな研究チームが現れて結構なことです。
   次は韓国内の,日本に関係する誤った歴史を正す まともな学者が現れるのを待ちましょう。
   それにしても,今回の発表により 「韓国国内に庭園樹や街路樹として普及した王桜の大半は済州の王桜でなく日本のソメイヨシノである可能性がある」として「日帝残滓である日本のソメイヨシノを済州の王桜に変えていかなければいけない」との指摘があってこれから韓国全土で植え替えが始まるのでしょうか。

「『韓日海底トンネルは平和に寄与』…研究会創立10周年 釜山でシンポジウム」   2018/9/15 中央日報・日本語版
   ‘韓国と日本の間に海底トンネルを建設して経済共同体を実現することが北東アジアの平和に寄与するとして発足した社団法人「韓日トンネル研究会」が,創立10周年を迎えて「韓日海底トンネル建設に関する国際シンポジウム」を開催した。
   韓日トンネル研究会は研究会創立10周年記念行事として12日午後,釜山で国内外の専門家やパネラーなど約100人が出席した中,国際シンポジウムを開いた。
   行事では3人のテーマ発表と討論が行われた。テーマは 「韓日海底トンネル事業の経済的波及効果の考察」「韓日海底トンネル建設の必要性」「太平洋文明圏プラットホーム-韓日海底トンネル」だった。
   発表者の一人,日本東洋大の西川吉光教授は 「日韓海底トンネルは日韓関係の改善に向けた象徴的なプロジェクト,『平和のトンネル』『心と心が通じるトンネル』になる」とし「結局は朝鮮半島の南北和解と平和統一のためのプロジェクトになる」と主張した。’
とのことです。
   日本東洋大とは 東洋大のことのようです。
   「朝鮮半島の南北和解と平和統一のための・・・ 」が海底トンネルとどうつながるのか,理屈が不明です。
   どちらにしても,もし 技術的に可能だとしても,コストパフォーマンスで話にならないプロジェクトでは? 「韓日トンネル研究会」は 依然,統一教会の関連組織でしょうか?

頑張ってください。

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

「ホ」か 「フォ」か,「ハ」か 「ファ」か?

スマホ」と言うのに やや抵抗があります。
スマホ」ではなくて 「スマフォ」だろうと思いながら,「スマフォ」と言うのは 嫌味なので,「スマートフォン」あるいは 「携帯電話」と言います。

サラリーマン時代,「フォーマット」を 「ホーマット」と書かれると気になって注意していました。

それでも,「フォーム」と 「ホーム」は違うものとして理解できますが,世の中は 「プラットフォーム」を 「プラットホーム」と書くことが多いようで,JRのホームページには 「新幹線ホーム」とあります。このように堂々と書かれると,英語で示すことが必要になった時 迷います。

『セロテープ』は 『セロハンテープ』の商品名で ・・・ 」 と書かれることが多く, 「セロファンテープ」と書かれることはあまりありません。
しかし,「『セロハンテープ』の材料の 『セロファン』は ・・・ 」と Wikipediaには 混在して書かれています。

マフィン」を 「マヒン」とは言わないし,「フィルター」を 「ヒルター」とはいません。
それでも 「コーヒー」と言い,「コフィー」と言う人は ほとんどいません。

フィレ肉」を 「ヒレ肉」と言う人は多いのですが,「フィルム」を 「ヒルム」と言う人はまずいません。

関係ありませんが,大坂なおみさんが 「時間があったら 日本で行きたいところは?」と訊かれて 「原宿と東京ドームそばの 『ジェット・コースター』」と言いました。

「ローラー・コースター」とは言いませんでした。日本人です。

ついでに,日産アンバサダー就任記者会見でー

「日産に好きなクルマがあるそうですが?」
GT-R
「どうして?」
「速いから」
「好きな色は?」
「白」
ここで 星野専務,躊躇いなく(?)  「さしあげましょう。でも モンスターだから 気を付けてー」

もともと もらう予定だった 「リーフ」 と合わせて 「GT-R」 ももらうことになったようです。
(因みに,GT-R 最上級spec車: \18,700,200 ー)

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

鞄に入れるための スーツの畳み方

30年ほど前,「鞄に入れる時の スーツの畳み方」という記事が新聞の家庭欄に掲載され,出張時に役立つので, それを切り抜いて 一時 保管していたことがありました。

ガーメント・バッグを使わないで,オーバーナイト・バッグに 「スーツを,皺をつけず,折り目を消さず,鞄から出して そのまま着ることができる」パッキングの方法です。

Handbook退職して 無職となった現在は あまり必要とは思われませんが,最近 ‘Brooks Brothers’(英文)のホームページに,それと同じ内容を示しているページを見つけました。

MAGAZINE’→ ‘HANDBOOK’にあった ‘How to Pack a Suit/Our experts' guide to pack-n-go travel ’です。

前書きとして 次のように書いています。

Once a standard travel accessory, the garment bag has been replaced by the more efficient carry-on. Making the most of limited packing space is a skill that saves you time and keeps your suit fresh and pressed. Bonus point: You skip the baggage claim and gain time to prepare for the big meeting. Our experts share six simple steps for packing your suit like a jet-setter.

簡単には ー
  ・最近は ガーメント・バッグから,より便利なキャリー・バッグに替わってきている。
  ・限られたスペースにスーツを皺をつけないで収める方法。
  ・飛行機に乗るとき 鞄を「持ち込み手荷物」のみとして飛行場から素早くで出ることができる。
     *‘jet-setter’:飛行機で飛び回っている人

P001P002_2

STEP 1 : Lay suit facedown on a flat surface.

P003P004








STEP 2 : Fold left shoulder back.

STEP 3 : Turn right shoulder inside out, then tuck left shoulder into the right.

P005P007

STEP 4 : Fold in half lengthwise and then fold horizontally.

STEP 5 : Place folded jacket in center of outstretched trousers.

P008P009








STEP 6 : Fold trouser bottoms over jacket and repeat with top of trousers.

重要なのは STEP 2,3 の 背中側に折った左身頃を,右身頃を裏返しながら包み込むところです。

因みに,このマニュアルに使われている鞄は ‘J.W.Hulme Leather Small Duffle Bag’ ($1,175)でした。

P011P013

| | コメント (0)

見出しに見る「勘違い」(その405)

「『済州国際観艦式に旭日旗を掲げるな』…日本海上自衛隊にメール要請」  2018/9/13 中央日報・日本語版
   ‘韓国誠信女子大学の徐敬徳教授は,10月10日から14日に済州で開かれる「2018大韓民国海軍国際観艦式」に「旭日旗は掲げるな」と要請する内容の電子メールを日本海上自衛隊側に送ったと9月13日,明らかにした。
   徐教授はこの電子メールの中で「行事に招待されて参加するのは良いが,日本帝国主義を象徴する戦犯旗を軍艦に掲げることは有り得ない」としながら「歴史をまともに直視するのなら,自ら掲揚しないことが基本的な礼儀」と強調した。
   続いて,ドイツが戦争後「ナチ旗」の使用を禁じたことを例に挙げて「日本は敗戦後しばらく使用していなかったが,戦犯旗を再度復活させたことは帝国主義思想を捨てられなかったという証拠」とし「ぜひドイツを見習ってほしい」とした。
   徐教授は、村川豊・海上幕僚長にも同じ内容の手紙に戦犯旗に関する歴史的事実をまとめた動画CDを添えて国際郵便で送付した。’
とのことです。
   大学教授にしてこの無知。
   「・・・ 敗戦後しばらく使用していなかったが,戦犯旗を再度復活させたことは帝国主義思想を捨てられなかったという証拠」? 戦後,戦力の保有が認められなかっただけで,1954年,平和国家としての自衛隊発足時から 躊躇なく(?) 旭日旗を使用しています。
   歴史を勉強しましょう。
   日本語にも英語にも,どこにも存在しない言葉,「戦犯旗」の定義が不明で理解不能です。

「<U18野球>韓国代表トレーナー『日本選手にだけステーキ提供』」  2018/9/13 中央日報・日本語版
  (内容省略)
   劣等感溢れる韓国人です。差し入れとか,色々 大人の事情があるでしょう。

遠い国です。

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

LPI (物流パフォーマンス指標)2018

THE WORLD BANK’が 「物流パフォーマンス指標」(The Logistics Performance Index,2018)を公表しています。

その解説と合わせて ランキングを示します。

*************************************

物流パフォーマンス指標(The Logistics Performance Index : LPI)は,国が貿易の物流(trade logistics)の実績と,直面している課題と機会を特定し,パフォーマンスを向上させるためにできることを支援するために考案された,相乗効果のベンチマーキング・ツールである。

LPI 2018 では160ヶ国の比較が可能である。LPI は,陸上の運送業者(世界的運送会社および特急運送業者)の世界的な調査に基づいており,運航国および運送される国の物流「親近感」(friendliness)に関するフィードバックを提供している。

これらは,運営されている国の深い知識と,グローバルな物流環境での貿易と経験がある他の国の情報に基づく定性的な評価とを組み合わせている。

事業者からのフィードバックには,作業国の物流チェーンの主要コンポーネントの実績に関する量的データが補足される。

したがって,LPIは,質的および量的尺度の両方から成り立ち,これらの国の物流の親近感のプロフィールを構築するのに役立つ。 これは,国の物流サプライチェーンに沿ったパフォーマンスを測定し,2つの異なる視点,すなわち国際および国内の2つの視点を提供する。

LPI 2018は,貿易の6つの側面 - 税関の能力,インフラの質,出荷の適時性など - で国をランク付けしている。 ランク付けに使用されるデータは,運営されている外国に関する質問があるロジスティクスの専門家の調査から得られている。

国際LPIで分析された構成要素(components)は,最近の理論的および実証的研究,ならびに国際貨物輸送に関わる物流専門家の実務経験に基づいて選択された。

構成要素はー:
• “Customs”(税関):税関と国境管理・通関手続きの効率性
• “Infrastructure” (インフラ):貿易と交通インフラの質
• “Ease of arranging shipments” (出荷手配の容易さ):競争力のある価格で出荷手配することの容易さ
• “Quality of logistics services”(物流サービスの質):物流サービス(運送、運送、税関仲介)の能力と品質
• “Tracking and tracing” (追跡):荷物の追跡能力
• “Timeliness” (適時性):予定,又は期待された配達時間内に荷物が荷受人に達する頻度
   
*************************************

下表に 160ヶ国中,上位 30位までの ランキングを示します。

日本は 5位です。

物流パフォーマンスは 先進国であるための重要な要素と考えられます。

Lpi_ranking_table

| | コメント (0)

2018年9月12日 (水)

オックスフォードの白シャツ,3種類。

Dsc_0705涼しさを感じるようになって,朝 長袖のシャツを選ぶようになりました。

リタイア生活5年目,カーキのチノパンとの相性から,真夏を除けば 長袖,白のオックスフォード・ボタンダウン・シャツを プレスせず,パンツアウトで着ます。

現在 よく着ているのは 右の写真の上からー

Brooks Brothers 2013年,\12,600

UNIQLO 2018年,\1,990(Saleで \1,290)

・無印良品 2017年,\2,980(Saleで \2,480)

洗い晒しで着続けます。

下の接写は 上記の順。
違いはありますが,区別はつきません。

Bb2
Uq1
Mj1

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

匿名の トランプ政権の高官が ・・・ 。

The New York Times’の 9月5日付け Opnion 欄に “I Am Part of the Resistance Inside the Trump Administration ”(私はトランプ政権内部のレジスタンス)というタイトルの投稿記事が載り,トランプ大統領が ‘Air Force One’の機上で,「国家の安全保障に関わる」と犯人捜しの指示を出すシーンが TVニュースで流れていました。

サブタイトルとしてー

I work for the president but like-minded colleagues and I have vowed to thwart parts of his agenda and his worst inclinations.
私は大統領のために働いているが,同じ考えの同僚と私は 大統領の一部の意図と最悪の傾向を阻止することを誓っている。

ーとあり,NYTは この寄稿を次のように説明しています。

The Times is taking the rare step of publishing an anonymous Op-Ed essay. We have done so at the request of the author, a senior official in the Trump administration whose identity is known to us and whose job would be jeopardized by its disclosure. We believe publishing this essay anonymously is the only way to deliver an important perspective to our readers. We invite you to submit a question about the essay or our vetting process here.

ニューヨークタイムズは,匿名のOp-Ed (論説:Opposite Editorial,社説の反対側にある論説コラム)の投稿を掲載するという珍しい決断をした。この措置は,トランプ政権内の高官である,筆者の要請に応えたもので,我々は,筆者を知っているが,名前を公表すると,彼の仕事が脅かされることになるからである。読者に,この重要な視点からの意見を届けるには,この投稿を匿名で掲載することが唯一の方法と信じるからでもある。この投稿,あるいは匿名での掲載についての我々の考え方について,ご意見があれば,歓迎する

以下,翻訳と共に転載します。

*************************************

President Trump is facing a test to his presidency unlike any faced by a modern American leader.
トランプ大統領は,近代アメリカのリーダーの誰もが経験したことのない試練に直面している。

It’s not just that the special counsel looms large. Or that the country is bitterly divided over Mr. Trump’s leadership. Or even that his party might well lose the House to an opposition hellbent on his downfall.
ただ単に(ロシア疑惑の)特別検察官が大きく迫っているということだけではない。あるいは,トランプ氏のリーダーシップに関して,国内が激しく割れていることや,彼の没落によって,共和党が下院の主導権を失うかも知れない,といったことでもない。

The dilemma — which he does not fully grasp — is that many of the senior officials in his own administration are working diligently from within to frustrate parts of his agenda and his worst inclinations.
「ジレンマ」は - 彼は充分把握してないのだが - 彼の政権の多くの高官たちが,彼の政治課題と傾向を懸命に阻止しようとしていることである。。

I would know. I am one of them.
私にはわかっている。私もその一人だからだ。

To be clear, ours is not the popular “resistance” of the left. We want the administration to succeed and think that many of its policies have already made America safer and more prosperous.
はっきりさせておきたいのは,我々の抵抗は,一般的な左翼的な「抵抗」ではないことである。我々は,この政権が成功してほしいと思っているし,多くの政策が既に,アメリカをより安全にし,より繁栄させてきたと思っている。

But we believe our first duty is to this country, and the president continues to act in a manner that is detrimental to the health of our republic.
しかし 我々は,自分たちが第一に義務を果たすべきは,この国に対してであるのに対して,大統領は,この国の健全さを損なうようなやり方を続けていると信じている。

That is why many Trump appointees have vowed to do what we can to preserve our democratic institutions while thwarting Mr. Trump’s more misguided impulses until he is out of office.
このことが,トランプ氏に任命された多くの高官が,民主主義制度を守り,トランプ氏の見当違いな衝動を阻止するために,「出来ることをする」という決意を固めた理由である。

The root of the problem is the president’s amorality. Anyone who works with him knows he is not moored to any discernible first principles that guide his decision making.
問題の根っこにあるのは,大統領の規範のなさである。一緒に働いたことのある人ならだれでも,トランプ氏が,決断をするための指針とするような原則を何も持っていないことを知っている。

Although he was elected as a Republican, the president shows little affinity for ideals long espoused by conservatives: free minds, free markets and free people. At best, he has invoked these ideals in scripted settings. At worst, he has attacked them outright.
彼は共和党員として選ばれたのだが,保守層が長い間支持してきた理想,つまり,精神の自由,自由市場,自由な人々などに,ほとんど愛着を示さない。良くてもせいぜい原稿に書いた言葉として使う程度で,悪くするとこのような考えを正面から攻撃してきた。

In addition to his mass-marketing of the notion that the press is the “enemy of the people,” President Trump’s impulses are generally anti-trade and anti-democratic.
トランプ大統領は 「報道は人々の敵」という言葉を大量販売したのに加えて,彼の感覚は全般に,反貿易主義であり,反民主主義である。

Don’t get me wrong. There are bright spots that the near-ceaseless negative coverage of the administration fails to capture: effective deregulation, historic tax reform, a more robust military and more.
しかし誤解しないでほしい。この政権に対する止むことのないネガティブな報道が見逃している良い点もある,効果的な規制緩和,歴史的な税制改革,軍事力強化など。

But these successes have come despite — not because of — the president’s leadership style, which is impetuous, adversarial, petty and ineffective.
しかしこのような成功例は,大統領のリーダーシップのスタイル - 衝動的で,敵対的で狭量で,そして効果的でない - によってもたらされたのではなく,彼のリーダーシップのスタイル 「にもかかわらず」もたらされたものなのである。

From the White House to executive branch departments and agencies, senior officials will privately admit their daily disbelief at the commander in chief’s comments and actions. Most are working to insulate their operations from his whims.
ホワイトハウスから行政府の各部署に至るまで,高官たちは,最高司令官であるトランプ大統領の日々の発言や行動についての不信を個人的には認めるだろう。ほとんどの高官たちは,自分の仕事を大統領の気まぐれから遮断しようとしている。

Meetings with him veer off topic and off the rails, he engages in repetitive rants, and his impulsiveness results in half-baked, ill-informed and occasionally reckless decisions that have to be walked back.
大統領とのミーティングでは話題がそれたり,軌道から外れたりする。彼は暴言を繰り返し,また彼の衝動性によって,不完全な,情報不足での決定がなされ,時にはあまりに無謀な決定のため,再検討が必要となったりする。

“There is literally no telling whether he might change his mind from one minute to the next,” a top official complained to me recently, exasperated by an Oval Office meeting at which the president flip-flopped on a major policy decision he’d made only a week earlier.
「彼の気持ちが一分後には変わってしまうのかが全くわからない。」とある機関の最高責任者は最近私にこぼした。たった一週間前に下した重要な政策決定を,大統領が簡単に覆すことになるオーバル・オフィスでの会議にすっかり疲れてしまった様子である。

The erratic behavior would be more concerning if it weren’t for unsung heroes in and around the White House. Some of his aides have been cast as villains by the media. But in private, they have gone to great lengths to keep bad decisions contained to the West Wing, though they are clearly not always successful.
ホワイトハウスの中や周辺に称賛されることのないヒーロー達がいなければ,不安定な行動はより深刻になるにちがいない。大統領の周辺の高官たちの何人かはメディアによって「悪役」にされているが,実は見えないところで,悪い決定がウェスト・ウィング(大統領の執務室などがあるホワイトハウスの西棟)の中に留まるように力を尽くしている。しかし,彼らがいつも成功するわけではない。

It may be cold comfort in this chaotic era, but Americans should know that there are adults in the room. We fully recognize what is happening. And we are trying to do what’s right even when Donald Trump won’t.
この混乱した時代には冷めた慰めでしかないが,アメリカ国民は,政権内部には,大人もいるということを知っていて欲しい。我々は,何が起きているのか,充分わかっている。そして,ドナルド・トランプがそうしないときでも,我々は正しいことをしようとしている。

The result is a two-track presidency.
その結果は 「ツー・トラック(二重構造)大統領制」である。

Take foreign policy: In public and in private, President Trump shows a preference for autocrats and dictators, such as President Vladimir Putin of Russia and North Korea’s leader, Kim Jong-un, and displays little genuine appreciation for the ties that bind us to allied, like-minded nations.
例えば外交政策 : 公式にも非公式にも,トランプ大統領は ロシアのウラディミール・プーチン大統領や,北朝鮮のキム・ジョンウンのような専制君主や独裁者への好感を示している。しかし、同じ意見を持つ友好国と我々を結びつけている絆については,少しの純粋な賞賛も示さない。

Astute observers have noted, though, that the rest of the administration is operating on another track, one where countries like Russia are called out for meddling and punished accordingly, and where allies around the world are engaged as peers rather than ridiculed as rivals.
明敏な観察者ならばお気づきであろう,大統領以外の政権内部の者たちは,もう一つの異なるコース上で働いていることを。このコースでは,ロシアのような国は,内政干渉について非難され,相応の罰則を与えられるし,世界の友好国は,競争相手としてバカにされるのではなく友人として遇される。

On Russia, for instance, the president was reluctant to expel so many of Mr. Putin’s spies as punishment for the poisoning of a former Russian spy in Britain. He complained for weeks about senior staff members letting him get boxed into further confrontation with Russia, and he expressed frustration that the United States continued to impose sanctions on the country for its malign behavior. But his national security team knew better — such actions had to be taken, to hold Moscow accountable.
例えば,ロシアに関して,大統領は,英国の元ロシア人スパイを毒殺した罪で,プーチンの多くのスパイを追放することに消極的だった。 彼は,ロシアとのさらなる対立に突入させようとする上級職員について何週間も不満を表明し,米国は引き続き 悪意のある行為に対して,ロシアに制裁を課しているということに不満を表明した。 しかし,彼の国家安全保障チームは,モスクワに責任をとらせるためには,このような行動を取らなければならないことをよく知っていた。

This isn’t the work of the so-called deep state. It’s the work of the steady state.
これは,いわゆる「闇の国家」の仕事ではない。安定した国家の仕事である。

Given the instability many witnessed, there were early whispers within the cabinet of invoking the 25th Amendment, which would start a complex process for removing the president. But no one wanted to precipitate a constitutional crisis. So we will do what we can to steer the administration in the right direction until — one way or another — it’s over.
多くの人が,この間の不安定な政権運営を目撃した結果,政権内部では,早くから 合衆国憲法修正第25条を発動して,大統領を免職する複雑なプロセスを始めるべき,という考えがひそかにささやかれたこともあった。しかし,早まって憲法上の危機を引き起こすことは誰も望まなかった。だから,我々は政府を正しい方向に舵をとるために,可能なことをしていくつもりだ - どんなかたちであれ - この状況が終わるまで。

The bigger concern is not what Mr. Trump has done to the presidency but rather what we as a nation have allowed him to do to us. We have sunk low with him and allowed our discourse to be stripped of civility.
より深刻な問題は,トランプ氏が大統領のあり方に加えたことではなく,むしろ彼が我々に対して行うことを,我々国民が許してしまったことである。我々は 彼と共に低劣になってしまい,我々の会話が丁寧さを欠くものになることを許してしまった。

Senator John McCain put it best in his farewell letter. All Americans should heed his words and break free of the tribalism trap, with the high aim of uniting through our shared values and love of this great nation.
ジョン・マケイン上院議員の「最後の手紙」の中の言葉が一番よくこの状況を表している。全アメリカ国民が彼の言葉を心に留め,我々が共有する価値観とこの偉大な国に対する愛を通じて心を一つになるという高い目標をもって,部族主義(トライバリズム)の罠に陥ることを避けなければならない。

We may no longer have Senator McCain. But we will always have his example — a lodestar for restoring honor to public life and our national dialogue. Mr. Trump may fear such honorable men, but we should revere them.
我々は,マケイン上院議員を失ってしまった。しかし,我々には,常に,彼というお手本がある - 公人として生活する名誉と,国民の間の会話をとり戻す道へと導いてくれる指針が。トランプ氏はこのような名誉ある人々を恐れているのかもしれないが,我々は彼らを尊敬しなければならない。

There is a quiet resistance within the administration of people choosing to put country first. But the real difference will be made by everyday citizens rising above politics, reaching across the aisle and resolving to shed the labels in favor of a single one: Americans.
「国を第一」と選択する現政権内部の人々の中に,静かな抵抗勢力が存在している。しかし,本当の違いは政治の外に生きている一般の人々が,党派を超え,レッテルを捨てて歩みより,ただ一つの目標 - アメリカ人であること - に向かうことなのである。

(転載了)
*************************************

閣僚は,当然ながら 皆,この投稿者は自分ではないと否定しています。

政治関係賭けサイトでは,執筆者の予想上位3人としてー

   コーツ国家情報長官(Director of National Intelligence
   ペンス副大統領(Vice President
   ニールセン国土安全保障長官(Secretary of Homeland Security

の名前が挙がっているようです。

| | コメント (0)

2018年9月10日 (月)

“White House response” to the non-fiction book “FEAR”

米国で 9月11日 出版予定の ノン・フィクション “Fear: Trump in the White House”(恐怖:ホワイトハウスのトランプ)が話題になっています。

ウォーターゲート事件を暴いて ピューリッツァー賞を受賞した2人の記者の1人であり,現ワシントン・ポスト紙の編集主幹である ボブ・ウッドワード(‘Bob Woodward’,1943~,映画 “大統領の陰謀” で ロバート・レッドフォードが演じた)が ホワイトハウスで トランプに接した人々との数百時間におよぶインタビューなどを基に書いた暴露本と言われています。

既に 英文Wikipedia に挙げられており,その概要と共に “White House response” の項があって ホワイトハウスの反応も示されています。

その項のみ 紹介します。

*************************************

In early August 2018, President Trump called Woodward about the book after the text had already been finalized.
2018年8月上旬,トランプ大統領は,テキストがすでに完成した後,この本についてウッドワード氏に電話をかけた。

Trump told Woodward: “You know I'm very open to you. I think you've always been fair”, as both of them expressed sentiments that they should have had an interview before the book was written.
トランプはウッドワードに言った:「私があなたに対して とてもオープンだっただろう。私はあなたがいつも公正であったと思う。」と,両者が本が書かれる前のインタビューで持っていたであろう感情を表現した。

Trump initially claimed that no one had informed him that Woodward wanted to interview him, attributing this to his aides being “afraid” to talk to him or “busy”; but later in the call, Trump acknowledged that Republican Senator Lindsey Graham “did quickly mention” that Woodward wanted to conduct an interview.
トランプは当初,誰もウッドワードが彼にインタビューすることを望んでいることを知らせなかったと主張した。 これは側近が彼に伝えることを怖れたか,多忙故だった。しかし,電話の後で,トランプは,共和党上院議員のリンゼー・グラムが,ウッドワードがインタビューをしたがっていたことをすぐに言及したことを認めた。

Woodward informs Trump that the book is “a tough look at the world and your administration and you”, but will be “factual” and “accurate”.
ウッドワードは,この本は「世界と あなたの政権と あなたを厳しく見ている」 そして 「事実」で 「正確」であると トランプに伝えている。

Trump thus concludes that the book will be “negative”, “bad” and “very inaccurate”, because “accurate is that nobody’s ever done a better job than I’m doing as president”.
トランプは,この本が「 否定的」で 「悪意があり」,「非常に不正確」と結論づけている。なぜなら,「私が大統領としてやっているよりも優れた仕事を,誰も かつてやったことがないことは間違いないから」。

After several news outlets published excerpts of the book in early September, President Trump claimed that Fear was “just another bad book”, and that Woodward “had a lot of credibility problems ... He wanted to write the book a certain way ... I never spoke to him”.
9月初旬に いくつかの報道機関が本の抜粋を発表した後,トランプ大統領は 『恐怖』は 「よくある悪本」で,ウッドワードには 「信憑性に関する問題がたくさんあり,私が彼に話したこともない,意図的に本を書きたかっただけ」と主張した。

Trump separately called the stories in the book “made up” and questioned if Woodward was an “operative” of the Democratic Party due to the “timing” of the book's release.
トランプは,この本の中の話を 「でっち上げ」 と言い,さらに,ウッドワードが 本の出版の「タイミング」からして 民主党の「作戦」だったのだろうとの疑問を持った。

Meanwhile, White House Press Secretary Sarah Huckabee Sanders released a statement saying that the book contained “nothing more than fabricated stories”.
一方,ホワイトハウスのサラ・ハッカービー・サンダース報道官は,この本には「捏造された話の他には何もない」との声明を発表した。

Additionally, Kelly denied the book's claim that he had referred to Trump as an idiot,  while Mattis called the passage featuring him “fiction” and dismissed the idea that he would show contempt or disrespect to a President.
さらに,ケリーは,本に書いてある,トランプを「馬鹿」と呼んだことを否定し,マティスは自分のことを書いた部分を「フィクション」と言い,大統領に軽蔑や侮辱を示した心当たりはないと否定した。

*************************************

本が出版される前から 大きな話題になっており,何部売れるのか,Wikipedia の内容がどのように書き換えられるのか,楽しみです。
それにしても,現役の大統領の馬鹿さ加減を,実在人物と具体例を挙げて,これほど真実らしく示した本は かつてなかったでしょう。

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

「呉ー広島」間 臨時バス 改善,9月1日以降

7月6,7日の西日本豪雨で,呉と広島を繋ぐ JR呉線と 2本の道路 - 「国道31号」,「広島呉道路(クレアライン)」が不通になり,一時的に呉市は 広島と結ぶ公共交通機関がフェリーのみの 文字通り 陸の孤島となりました。

7月11日に 国道31号は土砂で埋まった部分を迂回する道路を新設して復旧しました。

JR西日本は 当初,国道31号を使った呉線代行バスを 朝夕を主に 呉駅ー広島駅間で運行し,坂駅ー広島駅間の運行再開に伴い,呉駅ー坂駅間のバスによる代行輸送に切り替えています。
更に,本日9月9日に 呉駅ー広島駅間の呉線は運転再開と報じられています。

残るは 「広島呉道路(クレアライン)」を使った 「呉ー広島バスセンター」間のバス運行で,坂・水尻での崩落部の復旧は当初11月中と予定され(*),完全復旧はまだ先になりますが,国道31号と走行可能な一部「広島呉道路」を使い,「呉駅ー広島バスセンター」間の臨時運行が行われています。
((*)9月7日,西日本高速道路株式会社(NEXCO西日本)は「今後の天候によるものの,10月の上旬に復旧工事が完了する見通し」と発表しました。)

この臨時バスのダイアが 9月1日に変更になり,9月3日(月)一日の運行実績(所要時間と混み具合)が,広電バスのホームページに公表されていました。

下に転載します。

Table_01Table_02
これ以前の臨時運行時刻表に比べると 往復便数が 38便から48便に増えています。

又,所要時間は,以前(8月21日)の実績は 夕方の広島→呉で 2時間かかる便がありましたが,今回の時刻表で 9月3日(月)の実績では 最長で 1時間7分 と短くなっています。
理由は不明です。
今日からのJR呉線 呉ー広島開通で 国道31号の交通量が緩和されると,さらに正常に近い運行になると期待できます。

広島呉道路の完全な復旧は,上述のように 9月7日,当初の11月中から10月上旬に変更されました。今回の,かなり改善された時刻表で 約1ヶ月 運行され,正規運行に戻ることになります。

個人的都合としては 呉駅発を,正規運行の,もっと前,本通りや更に前のバス停から運行してほしいのですが贅沢というものでしょう。

下の写真は 広島呉道路(クレアライン)の最大の損傷部(坂町水尻)の復旧工事途中で,左は 7月27日(呉方面を望む),右は9月7日(広島方面を望む)です。
数十mにわたって崩落していた路面が,ほぼ復元されています。
当然 崩落した土砂に覆われていた JR呉線と国道31号は元の姿を現しています。
この部分に設けられた国道31号の迂回路は9月12日に終了とのこと。

07270907

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

Is President Trump ‘Idiot’?

9月11日に トランプ大統領の,主に愚かさを書いた内幕本,所謂 暴露本が出版されるようで,著者とその内容とから 既に話題になっています。

Cover著者は ワシントン・ポスト紙の編集主幹で,ウォーターゲート事件を暴いて ピューリッツァー賞を受賞した2人の記者の1人である ボブ・ウッドワード(‘Bob Woodward’,1943~,映画 “大統領の陰謀” で ロバート・レッドフォードが演じた)で,タイトルは “Fear: Trump in the White House”(「恐怖:ホワイトハウスのトランプ」)です。

この本について ‘The Washington Post’ (Sept.4,2018) が オピニオン記事として  “Woodward’s reporting reveals that in Trump’s world, everybody hates everybody” (ウッドワードの報告によれば,トランプの世界では 誰もが 誰をも憎む)のタイトルで掲載していました。

この記事を 下記 部分的に翻訳転載します。
*************************************

ポスト紙のボブ・ウッドワードが,トランプ大統領の「恐怖:ホワイトハウスのトランプ」という本をすぐにリリースする予定で,我々は その内容に関して最初の情報を得ている。

ホワイトハウスに関する多くのインサイダーの記述のように,おそらく狂気が限度を超えている(turned up to 11)が,それは衝撃的であると同時にあなたが予想していたものと変わらないと思われる。

しかし,最も明確になっているのは あらゆる方向に飛んで行く 信じられないほどの量の軽蔑である。トランプ大統領体制は全てに対する全ての戦争である。

ポスト紙の要約とCNNの別の記事の両方から取り上げた,この本のハイライトをいくつか見てみよう:

  ✓ジェームズ・マティス国防長官は,韓国における米軍の存在が 第三次世界大戦の防止に役立っていることを トランプ氏に説明した後,側近に対して 大声で怒りながら,大統領は小学5,6年生の理解力しかないような行動をとると告げた。

  ✓ある会議で,首席補佐官のジョン F. ケリーは,大統領について 「彼は馬鹿だ(idiot)。 彼に何かを納得させようと努めるのは無意味。彼は常軌を逸している(gone off the rails)。 我々は クレイジー・タウンにいる。何故,我々がここにいるのかさえ分らない。私が今まで関わった最悪の仕事だ」と語った。

  ✓トランプは,秘書官のロブ・ポーターに,ポーターのボスである首席補佐官 ラインス・プリーバス(ケリー補佐官の前任者)が 「小さなラットのようだ。あちこち走り回っているだけ。」と言い,ラインを無視するように伝えた。

  ✓トランプは 元国家安全保障担当大統領補佐官,H.R. マクスターを 陰で馬鹿にし,彼の真似をして,彼のスーツを侮辱した。

  ✓トランプは 商務長官 ウィルバー・ロスに言った。「私はあなたを信用してない。 私はあなたに 如何なる交渉もさせたくない。・・・ あなたは全盛期(prime)を過ぎている。」

  ✓経済担当大統領補佐官のゲイリー・コーンは,韓国との貿易協定の破棄など,コーンが考える馬鹿げたことをトランプにさせないように,トランプの机から書類を盗んだが,トランプは全く気付かなかった。

  ✓コーンは大統領を 「プロの嘘つき」と見なすようになり,トランプがシャーロッツビルの白人優位主義者を称賛した後,辞任しようとした。 トランプは 「これは反逆だ」と述べ,コーン氏は退任した。

  ✓トランプの筆頭弁護士,ジョン・ダウドは特別検察官 ロバート・S・ミューラー3世とのインタビューのために トランプと練習セッションを行った後,ミューラーに トランプがインタビューを受けなかった理由を伝えた。 「私が傍に座っていながら,彼の馬鹿さ加減を見せたくなかった。もし,インタビューを受けたらトランプは “orange jump suit”(囚人服)を着ることになっていただろう。」

  ✓ダウドは言った。 「ワシントンではすべてが漏洩するので 記録が出回っている。海外の人たちは 『私は 彼が馬鹿(idiot)だと言った。 私は彼が大間抜け(dumbbell)であると言った。 私たちはこの馬鹿をどう扱えばいいの?』と言っている。」

  ✓ダウトはまた,トランプを 「とんでもない嘘つき」(f—ing liar)と呼んでいた。トランプの最初の国務長官であるレックス・ティラーソンは,トランプを 「とんでもない能無し」(f—ing moron)と呼んでいたと伝えられていたことが思い出されるだろう。

  ✓トランプは,ジェフ・セッションズ司法長官のことを 「この男は知的障害者(mentally retarded)だ。彼は愚かな南部人だ。・・・ 彼はアラバマ州の田舎弁護士にさえなれない。」と言った。

  ✓だから,これが,トランプの上級補佐官の多くが,彼が変人(erratic)で,不安定(unhinged)で,危険な,何にもまして馬鹿だと思っているホワイトハウスである。

  ✓ 逆に,トランプは 彼らのいないところで(behind their backs),あるいは面と向かって,同じように彼らを軽蔑し(disdain),侮辱し(insult),嘲笑する(mock)。

これは過去のことではない - 他の大統領がスタッフの一人か二人に問題を抱えていたかも知れないし,職員の中には不満を感じていた人もいたかも知れないが,現在のように相互軽蔑の状態であったことはなかったと言っても間違いではない。

・・・

ここにトランプが それほど前ではなく,ウェストバージニア州で言ったことを紹介する。:

〇私は いつも 彼らが言うときが嫌い。エリートは私がやっていることに行かないように決めている。

〇私は言った。私は彼らより多くのお金を持っている。私は彼らよりもはるかに優れた教育を受けている。

〇私は彼らよりもスマートだ。彼らよりも はるかに美しい家をたくさん持っている。私は五番街の上により良いアパートを持っている。なぜ彼らがエリートなのか,教えてくれ。

トランプの忠実なウェストバージニア州の有権者達が,彼らが軽蔑するエリートよりも優れた教育と美しい家を持つことはまずない。

彼らはただエリートを嫌っているだけだが,トランプはエリート受け入れのために必死である。マンハッタンのうねりを夢見て クイーンズから来た子供は,最終的に彼に,自分がその一人だと伝える。

・・・

(転載了)
*************************************

non-fiction’のジャンルとしてでリリースされ,決して小説ではありません。

これに対して トランプは 「引用は全て嘘。公衆をペテンにかけようとしている。」と 既に反論を開始しているようですが,トランプの顔つきや,話し方や,その醸し出す雰囲気の全てから,引用された話が本当にありそうで,他国民で彼の喋る英語から知的レベルを判定できないながらも こんな男を大統領にしていて 米国民は心配にならないのかと,不思議に思います。馬鹿な振る舞いは 国内だけに留めておいてほしいものです。

2年前に,ニューヨーク・タイムズが トランプの語彙は小学5年生程度,大人になって本を最後まで読んだことが一度もない(=「一冊も本を読んだことが無い」),などと書いていましたが,今回も 「彼の理解力は 小学5,6年生レベル」とあって 説得力があります。

実際,そうなのでしょう。

Speechwriter は彼の知性に合わせた語彙を選択するのが大変そうです。

尚,本のタイトル “FEAR” は,ボブが かつてトランプにインタビューした時に トランプが言った “Real power is, I don't even want to use the word, fear.”(真の力はー 使いたいと思いもしない言葉だけどー「恐怖」。)に基づいているとボブは言っているようです。

「馬鹿」を意味する英語は ‘fool’,‘stupid’,‘idiot’,‘dumb’など色々ですが,本書では ‘idiot’が使われています。
辞書をみても 違いがよく分りませんが ‘idiot’のみ,古語で 「白痴」(差別語?)を意味するようです。
大統領が 「白痴」ではまずいでしょう。

「白痴」が 差別語なら ドストエフスキーの「白痴」はどうなっているのだろうかと調べましたが そのままで 「改題」されていませんでした。
英語圏でのタイトルは 当然 “The Idiot” です。

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

呉市防災メールで 「JR呉線の試運転」の案内

9月7日13時過ぎ,「呉市防災情報メール」を携帯電話が受信しました。


**************************************

JR呉線の呉駅から坂駅間について,9月8日土曜日午前0時30分から午前4時頃に試運転を行い,9日日曜日から運行を再開します。危険ですので,線路内に立ち入らないでください。なお,試運転が踏切を通過する際は,警笛を鳴らす場合があります。
 

JR西日本 呉駅(広島コールセンター)

電話番号 

受付時間  

呉市 

---
呉市防災情報メール
配信サービス

**************************************

西日本豪雨で 7月7日から不通になっていたJR呉線 呉ー広島 間が 2ヶ月ぶりに復旧します。

三原方面の全線が復旧するのは来年1月のようですが,まずはめでたいことです。

| | コメント (0)

今年の 8月が どのくらい暑かったかと ・・・ 。

9月になっても暑い日が続きます。

今年の夏は暑い(暑かった)といいますが,過去の夏に比べて数字的にどう暑かったのか気象庁のホームページにある東京の8月のデータを調べてみました。

下の図,表は 1875年からの8月毎日の「最高気温」を年毎に平均した値をまとめて示しています。
今年の 8月の最高気温平均値は 32.5℃で この5年間では最高温ですが,過去 33℃を越えた年(2013,2012,2010,2007,1995,1978)があり,決して異常な最高温だったとは言えません。

因みに,1978年より前,約100年間に 33℃を越えた年はありません。
又,このデータで 戦後,際立って低い 26.6℃だった1980年は,農作物被害総額 6,919億円に達する戦後最悪の冷夏の年でした。

August_average_maxtemp
Average_maxtemptable
下の図,表は 1875年からの 8月毎日の「平均気温」 および 「最低気温」を年毎に平均した値をまとめて示しています。

これらからも 特に今年の8月が 暑かったことを示していません。

全体を観て分るのは 「平均気温」,「最低気温」とも 傾向として徐々に上がっていることです。

Ave_and_min
Average_average_and_min
今年の夏を 特に暑く感じた要因は他にあるのでしょう。
「最高気温」,「平均気温」,「最低気温」からは 明確な説明はできませんでした。

| | コメント (0)

見出しに見る「勘違い」(その404)

「造船業避ける韓国の人材 … 造船業没落した日本の前轍踏むか」  2018/9/6 中央日報・日本語版
   (内容省略)
   韓国人なので 日本語を知らないのか,悪意があるのか不明ですが,いずれにしても 「没落」の使い方を間違っています。メディアで これですから 日本人が韓国人を軽んじるのは当然の帰結でしょう。

「日本,翌月の韓国海軍国際観艦式に 『旭日旗』 掲げて参加?」  2018/9/6 中央日報・日本語版
   ‘翌月10~14日に済州民軍複合型観光美港で開催される「2018大韓民国海軍国際観艦式」に日本海上自衛隊の艦艇が「旭日旗」を掲げて参加することが伝えられた。
   軍消息筋は 「済州国際観艦式に駆逐艦など日本海上自衛隊の艦艇数隻が参加する」とし 「日本の艦艇は旭日旗を掲げて参加する」と明らかにした。この消息筋は 「過去に韓国内で開かれた国際観艦式にも,日本の艦艇が旭日旗を掲げて参加したことがある」 とし「海上自衛隊がこの旗を自衛艦旗として使用しているため,(主宰側の立場としては)日本の艦艇が旭日旗を掲げて入港することを禁止することはできない」と伝えた。
   ・・・ ’
と報じています。
  「翌月」は 「来月」の間違いです。(日本語の質が悪い。)
  招待しておいて,「但し,自衛隊旗を掲げるな」など,いくら韓国人でも言えるはずがありません。
  何を言いたいのか不明の記事です。
  敢えて 「掲げる」など言わなくても 「当然 掲げます。」

「関空閉鎖,日本人のプライドを傷付けた台風21号」  2018/9/6 朝鮮日報・日本語版
   (内容省略)
   日本人としては 理解に苦しむ見出しです。台風に プライドを傷付けられることはありません。日本人に書ける見出しではなく,あくまで韓国人の見出しです。

理解の範囲を越えています。

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

大きくもなく,タンカーでもなく,折れてもない。

台風21号が去った翌日の 9月5日,各地の被害状況の映像をニュース・ショーで見て 瞬間最大風速の大きさと その被害の大きさに驚きました。

その中で,西宮の防波堤に座礁している船を,ヘリコプターが映していました。

Dsc_1039
中継アナウンサー 「大きな タンカーが座礁しています。船尾が折れています。」

スタジオ 「後ろに 別の船がめり込んでいます。」

TVでは映像が重要であり,(素人の?)説明は聞く必要はないかも知れません。

Dsc_1036001

1. 何を基準にするかで変わります。確かに公園の池の貸ボートに比べれば大きいかも知れませんが,この場合の,貨物船としては大きくありません。

2. クレーンが付いており,ハッチカバーがあるので タンカーではありません。貨物船が全てタンカーというわけではありません。

3. 折れてはいませんし,めり込んでもいません。
   船尾に切れ込みがあるバージ(艀(はしけ)=動力無し)に,プッシャーが連結されている状態(上右図)です。
   連結部が防波堤に乗り上げています。
   2隻の船です。合わせて 「プッシャー・バージ」 という説明が欲しかったのですが 誰も言いませんでした。

折角の全国放送,一人くらい ものの分る大人がいてよさそうですが,残念!

因みに 復旧の目途が立たない関西国際空港の昨年度(2017年度)の国際線乗降客の人数は下表のとおりです。

Itaernational_airport_ranking
成田空港の 3,100万人に対して 2,100万人と 大きな割合を占めており,海外からの観光客への影響は大きくなりそうです。

連絡橋の復旧,水に浸かった作業車両の整備などどのくらいかかるでしょうか。

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

「つや姫」 2kg×2袋。

Dsc_1018ゆうパックで 「米」が届きました。

1週間と少し前,家人が 「米がない。」 と 言っていたので,クレジット・カードの余っていたポイントで申し込んでいたものです。

日本人の米離れ(2011年統計で 1人当たり米消費量,日本は世界50位)が かなり前から言われており,私がご飯を食べるのは 1週間 21食のうち,平均 1~2食程度,夫婦二人の1ヶ月米消費量 2~3kg です。

「米,味噌,醤油を欠かすのは日本人世帯として恥ずべきこと」 と思うわけではありませんが,少しはストックがあってほしい,くらいの心情から申し込みました。

Dsc_1019
「つや姫」 2kg が 2袋です。

これで 1~2ヶ月 生活できます。

| | コメント (0)

2018年9月 4日 (火)

黄色いゴーヤ

Dsc_1015日除けのため 南向きのベランダで育てたゴーヤです。

実がつきましたが,小さいまま 黄色になりました。

そろそろ,夏はおわり?

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

“The No.1 Sack Suit” とは ・・・ 。

アメリカン・ファッションに対してそれなりの知識のある人なら 馴染みがあると思える,しかし,世の中で ほとんど聞いたり,見たりすることのない  “The No.1 Sack Suit” に関する記事が,Brooks Brothers の英文ホームページの ‘Magazine’にありました。

拙訳と共に 転載します。
*************************************

The Number One line remains…a whole philosophy of dress”
"ナンバーワンのラインは残っている ・・・.服装の全体にわたる哲学"
The New Yorker, May 7, 1938

History is said to be written by the victors. It could be argued this applies to fashion history, as well.
歴史は勝者によって書かれたと言われる。 これは,ファッション・ヒストリーにも当てはまると言える。

While some pieces have been relegated to permanent obscurity (we’re looking at you, leisure suits and acid-wash jeans), others have endured and exist in the rarefied air of “the classics.” Enter the Number One Sack Suit.
いくつかの製品は永遠の曖昧さ(我々はあなた方,レジャー・スーツ,酸洗いのジーンズを見ている)に追いやられているが,「クラシック」の高尚な空気に耐えて存在し続けているものもある。“No.1 Sack Suit” を見てみよう。

No1_sack_suit
The dawn of the twentieth century ushered in a new era of menswear. Gone were the tailcoats and ostentation of previous eras.
20世紀の夜明けはメンズウェアの新しい時代を導き入れた。 テール・コートと前時代の大仰さは消えた。

In their place, the No. 1 Sack Suit was introduced, characterized by a natural shoulder, soft-front construction and straight-leg trousers.
それらの代わりに,ナチュラル・ショルダー,ソフト・フロント構造,ストレート・レッグ・パンツを特徴とする “No.1 Sack Suit” が発表された。

With clean lines and quietly precise tailoring, it was—and remains—the distillation of polished refinement.
無駄のないラインと地味で正確な仕立てで,洗練された上品さの抽出であり,残った。

But prior to this, such unstructured tailoring was thought to be unrefined. Brooks brought the look into respectability, legitimizing what was initially a trend.
しかし,これに先立って,このような構造化されていない仕立ては,洗練されていないと考えられていた。 ブルックスは,その外観を当初のトレンドだったものを正当化して,見かけを上品にした。

This sophisticated suit carried the Brooks Brothers man from the turn of the twentieth century into the jazz clubs of the Roaring Twenties, through the dark days of the Great Depression, on to college campuses in booming postwar America and forward to the present day.
この洗練されたスーツは,Brooks Brothersの男を,20世紀に入ってから,狂騒の20年代のジャズクラブに,大恐慌の暗い日々を経て,好景気の戦後アメリカの大学キャンパスに,更に現在にもたらした。

It’s changed little since its introduction more than a hundred years ago, and although imitated by others, few manage to capture the distinctive natural shoulders, rolled lapels and undarted drape of the Brooks Brothers original.
100年以上前に発表されて以来 ほとんど変わっておらず,他のメーカーに模倣されることがあったが,Brooks Brothers オリジナルの独特の 「ナチュラル・ショルダー(肩パッド無し/あるいは最少)」,「ロールド・ラペル(ロール襟)」,「アンダーティッド・ドレープ(胸ぐせ無し)」を正しく再現されることはほとんどなかった。

(転載了)
*************************************


私の場合,学生時代後半,そして就職後,‘Others imitated’に該当すると思える ‘KENT(VAN Jacket)’,‘J PRESS’,‘New Yorker’と経由して,1980年代半ば(おそらく 「広島そごう」に出店),‘Brooks Brothers’に辿り着きました。


服装における ‘unstructured tailoring を何と訳すか 分りません。
最近,裏地・芯地・肩パットのない,シャツのような上着を 「アンコン・ジャケット」と言うようで,この日本語訳も 「非構築的上着」とすると,かなり違和感があります。
この「アンコン」は ‘unconstructed’の略で “unstructured” とほぼ同義になるのでしょうか?

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

国連人種差別撤廃委員会の,筋違いの勧告とは?

「日本政府は8月30日,国連の 『人種差別撤廃委員会』(CERD : Committee on the Elimination of Racial Discrimination)が同日発表した日本に対する報告書で慰安婦問題の 『恒久的な解決』 を勧告したことに対し,『国連人権高等弁務官事務所』(OHCHR :Office of the High Commissioner for Human Rights )に『遺憾の意』 を申し入れた。」と報じられました。

菅官房長官は 31日午前の記者会見で,この勧告に対して 「日本政府の説明内容を十分踏まえておらず極めて遺憾だ」として国連側に申し入れを行った経緯を明らかにしました。
申し入れにおいては 「慰安婦問題は人種差別撤廃条約の適用対象外で,条約の実施状況にかかる審査で取り上げるのは適切ではないと指摘し,事実関係や政府の取り組みについてしかるべき説明をした。」と強調したそうです。

委員会の本来の目的から逸脱した勧告など無視,あるいは 米国のように退会してもいいのですが,取りあえず 大人の対応です。

さて,どのような勧告なのか 原文を探してみました。

国連人権高等弁務官事務所ホームページの‘HUMAN RIGHTS BY COUNTRY’,Japan → ‘Japan and UN Treaty Bodies’ → ‘Committee on the Elimination of Racial Discrimination’で見つかりました。                                                                         

HeaderConcluding observations on the combined tenth and eleventh periodic reports of Japan” のタイトルの左のHeader の文書です。

この報告書は 全48項 に亘って書かれており,その 27,28項に “Comfort Women” がありました。

拙訳と共に,転載します。

*************************************

“Comfort Women”

27. While noting information provided by the State party on the efforts to resolve the issue of “comfort women,” including the recent agreement with the Republic of Korea in 2015, the Committee is concerned at reports that these efforts do not take a fully victim-centred approach, that the surviving “comfort women” were not adequately consulted and that this solution did not provide unequivocal responsibility for the human rights violations committed against these women by the military before and during WWII.

委員会は,2015年の韓国との最近の合意を含む,「慰安婦」問題の解決努力について締約国から提供された情報に留意しつつ,これらの努力が完全には被害者中心のアプローチではなく,生存している「慰安婦」とは十分に相談されておらず,この解決策は第二次世界大戦の前と最中に 軍によってこれらの女性に対して犯された人権侵害に対して明確な責任が果たされてないという報告に関心を持った。

The Committee is also concerned by statements of some public officials minimizing the responsibility of the Government in respect to “comfort women” and their potential negative impact on survivors.
委員会は,「慰安婦」とその生存者への潜在的なマイナス影響に対する責任を最小化しようとする官僚の声明に関しても懸念している。

28. The Committee recommends that the State party ensure a lasting solution to the issue of “comfort women” with a victim-centred approach, inclusive of “comfort women” of all nationalities, accepting responsibility for its role in the violation of the human rights of these women.
委員会は,締約国が,すべての国籍の「慰安婦」を含む被害者中心のアプローチをもって「慰安婦」の問題に対する永続的な解決策を明確にし,これら女性の人権侵害における役割への責任を受け入れることを勧告する。

The Committee requests detailed information in its next periodic report on efforts to achieve resolution of the issue of “comfort women”, including adequate measures to surviving “comfort women” and their families.
委員会は,「慰安婦」とその家族が生存するための適切な措置を含む,「慰安婦」問題の解決を達成する努力に関する次回定期報告書への詳細な情報を要請する。

(転載了)
*************************************

二国間で非可逆的,かつ 最終的に解決した問題を,その一方の国(韓国の委員・鄭鎮星 ソウル大教授)の情報のみを盲信し,その設置目的に該当しない国連組織が 何の調査もなく 取り上げ,蒸し返すという,異常な勧告なので,ほどほどに相手にするのがよろしいでしょう。あまりに しつこく,理不尽ならば 脱会を視野に入れるのもいいでしょう。
毅然とした対応を継続しましょう。
それにしても この勧告が国連によりオーソライズされた事実として流布するのは苦々しい限りです。

これは 国際捕鯨取締条約に基づいて鯨資源の保存及び捕鯨産業の秩序ある発展を図ることを目的として設立された国際捕鯨委員会(IWC)に,捕鯨をやる意志のない,あるいは,捕鯨(産業)に反対の国が加盟して 捕鯨止めさせようとしているのと同じで,設立の目的と違う活動に踏み込んでいるので,それが是正されなければ,脱退を考慮することは当然です。

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

健全な精神が宿るのは ・・・ 。

「アメフト」,「女子レスリング」,「ボクシング」,「女子体操」 と組織と内容は違っても,アマチュア・スポーツ組織としての様々な問題が 相次いで露呈してきました。

スポーツ選手や,元スポーツ選手や,スポーツ団体は,スポーツ精神に則った健全な行動をとるはずだ,などと 今どき 思っている人はいないでしょうが,心のどこかに 「それでもスポーツに関係する人間か?」と密かに思う人もあるかも知れません。

中学校,高校の体育教師らが言いがちな 「健全な精神は,健全な身体に宿る」ではなく,「健全な精神は,健全な身体にも宿る,あるいは,宿ることもある」という,私が高校生の頃,それまでの短く,狭い経験から思っていたことの正しさが立証されているー というほどのことではありませんが,あながち 間違いではないようです。

さて,健全な精神が健全な身体に宿ることができるでしょうか?
せめて 社会の常識レベルの健全さには至ることを望むものです。

| | コメント (0)

見出しに見る「勘違い」(その403)

「UAE,創業生態系世界5位…韓国は日本・中国の遅れを取り53位」  2018/8/30 中央日報・日本語版
   (内容省略)
    「・・・ の遅れを取り・・・ 」は正しくは 「 ・・・ に後れを取り・・・ 」だと思います。
    又,本文中に 「韓国は中国(33位),日本(42位)にも遅れをとった 53位にランクインしている。」とあります。ここで 「遅れ」は勿論ですが, 「にも」は 使い方を間違っています。
    常識的に,韓国が 中国と日本に対して 『にも後れをとる』 の表現はあり得ません。「後れを取る」ことが当然の場合,「後れをとる」とは言わないし,「にも」は不遜です。
    日本語の勉強が必要です。必要との自覚不足です。

「<アジア大会>徐敬徳教授,日本ホッケー協会の旭日旗デザインのロゴに抗議」  2018/8/31 中央日報・日本語版
   ‘誠信女子大学の徐敬徳教授が日本ホッケー協会の公式ロゴにある旭日旗デザインに対して抗議した。
Jha   徐教授は,日本オリンピック(五輪)委員会と日本ホッケー協会などに「旭日旗のロゴをこれ以上使わないでほしい」という内容の電子メールを送った。メールで徐教授は旭日旗の歴史的背景および各種スポーツ行事で使われてきた旭日旗の事例および罰金賦課の例を挙げた英語の映像を共に添付したと明らかにした。
   ・・・ ’
とのことです。
   暇な教授です。本来の仕事をしているのでしょうか?よく,首にならないですね。

せいぜい勉強に励んでください。

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »