« オックスフォードの白シャツ,3種類。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その405) »

2018年9月13日 (木)

LPI (物流パフォーマンス指標)2018

THE WORLD BANK’が 「物流パフォーマンス指標」(The Logistics Performance Index,2018)を公表しています。

その解説と合わせて ランキングを示します。

*************************************

物流パフォーマンス指標(The Logistics Performance Index : LPI)は,国が貿易の物流(trade logistics)の実績と,直面している課題と機会を特定し,パフォーマンスを向上させるためにできることを支援するために考案された,相乗効果のベンチマーキング・ツールである。

LPI 2018 では160ヶ国の比較が可能である。LPI は,陸上の運送業者(世界的運送会社および特急運送業者)の世界的な調査に基づいており,運航国および運送される国の物流「親近感」(friendliness)に関するフィードバックを提供している。

これらは,運営されている国の深い知識と,グローバルな物流環境での貿易と経験がある他の国の情報に基づく定性的な評価とを組み合わせている。

事業者からのフィードバックには,作業国の物流チェーンの主要コンポーネントの実績に関する量的データが補足される。

したがって,LPIは,質的および量的尺度の両方から成り立ち,これらの国の物流の親近感のプロフィールを構築するのに役立つ。 これは,国の物流サプライチェーンに沿ったパフォーマンスを測定し,2つの異なる視点,すなわち国際および国内の2つの視点を提供する。

LPI 2018は,貿易の6つの側面 - 税関の能力,インフラの質,出荷の適時性など - で国をランク付けしている。 ランク付けに使用されるデータは,運営されている外国に関する質問があるロジスティクスの専門家の調査から得られている。

国際LPIで分析された構成要素(components)は,最近の理論的および実証的研究,ならびに国際貨物輸送に関わる物流専門家の実務経験に基づいて選択された。

構成要素はー:
• “Customs”(税関):税関と国境管理・通関手続きの効率性
• “Infrastructure” (インフラ):貿易と交通インフラの質
• “Ease of arranging shipments” (出荷手配の容易さ):競争力のある価格で出荷手配することの容易さ
• “Quality of logistics services”(物流サービスの質):物流サービス(運送、運送、税関仲介)の能力と品質
• “Tracking and tracing” (追跡):荷物の追跡能力
• “Timeliness” (適時性):予定,又は期待された配達時間内に荷物が荷受人に達する頻度
   
*************************************

下表に 160ヶ国中,上位 30位までの ランキングを示します。

日本は 5位です。

物流パフォーマンスは 先進国であるための重要な要素と考えられます。

Lpi_ranking_table

|

« オックスフォードの白シャツ,3種類。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その405) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オックスフォードの白シャツ,3種類。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その405) »