« ホワイトハウスを震撼させた 4冊の本 | トップページ | いつから 大相撲中継TVを観るだろうか? »

2018年9月25日 (火)

見出しに見る「勘違い」(その408)

「韓国人科学者6人,既にノーベル賞級の研究成果」  2018/9/22 朝鮮日報・日本語版
   ‘ソウル大学の玄沢煥教授や米ハーバード大学のキム・フィリップ教授など韓国人科学者6人が既にノーベル賞受賞者レベルの研究成果を出しているとの分析結果が出された。
   これは,韓国研究財団が9月21日,「論文被引用側面においてノーベル科学賞受賞者級の研究成果を出した韓国人科学者の現況分析」 という報告書で明らかにしたものだ。同研究財団は過去10年間にわたりノーベル科学賞受賞者たちの平均論文被引用数(ほかの論文に引用された回数)を上回った韓国人科学者は計6人で,3年以内にこれに到達すると予測される研究者も7人いると説明している。
・・・
   もちろん,今回の分析結果だけでノーベル賞受賞の可能性を占うことはできない。同研究財団は「ノーベル科学賞は論文の水準のほかにも研究ネットワークや認知度,研究テーマの独創性,技術的・社会的波及効果など,さまざまな要因が受賞者の決定に影響を与える」としている。同じ研究テーマが既にノーベル賞を受賞していれば,再受賞の可能性は低くなる。
    ・・・ ’
とのことです。
   この季節,韓国メディアでは ノーベル賞関係の記事が続きます。韓国人のノーベル賞希求レベルは異常です。
   ノーベル賞受賞者がいなければ 一流国家 あるいは 先進国と見做されない,早く 一流国家になりたいとの気持ちが溢れています。ノーベル賞受賞者が出れば 大騒ぎになりそうですが,ノーベル賞受賞者の存在が 一流国家であることの十分条件ではないことに早く気が付いてほしいものです。
   それにしても,「財団」(税金で運営?)が 自国民のノーベル賞受賞の可能性分析をすること自体が二流国家であることの証明だと知ることが必要です。
   記事の最後に 「分析は さておき ・・・ 獲れないこともある」の意味の文章で,受賞者無しの場合の予防線を張っているところが可愛いところです。

「【コラム】器が小さい日本の文化庁」  2018/9/24 朝鮮日報・日本語版
  ‘・・・
   日本の文化財の世界に「器の小ささ」が広がっている。この1年間の大阪研修で知り合った関西の博物館関係者は「今の雰囲気は最悪だ」と言った。「対馬の仏像」による日本国内の反韓感情が深刻なためだ。韓国の窃盗犯たちが対馬から高麗時代の仏像を韓国に持ち込んだが,これを忠清南道瑞山市の浮石寺に引き渡すよう命じた韓国の裁判所の判決に基づき,現在まで日本に返還されていないというのが事の発端だ。
 被害は韓国の博物館に及んでいる。特に高麗建国1100周年を迎えて今年12月に開催される予定の「大高麗展」がこの直撃を受けている。・・・  世界各国に散らばっている高麗時代の名品を集めているところだ。多くの名品が日本にあるため,日本側の協力が緊要だ。しかし,一部の寺や私立博物館は窓口すら閉ざし,国立・市立博物館も「日本の重要文化財に指定されている最上級の名品は貸せない」と難色を示している。
   ・・・  作品を所蔵している機関が貸し出したいと言っているのにもかかわらず,日本の文化庁が「ノー」と言っているというのだ。日本では,国が指定した国宝や重要文化財を海外に持ち出す場合,政府の許可を受けなければならない。・・・
 対馬から盗まれた仏像は今からでも返すのが当然だ。略奪について確証がないのにもかかわらず盗品を返さないがために,必要な交流まで足を引っ張られているのだ。・・・たった1つの判決を口実に正当な文化財交流まで妨害するのは,問題をさらに大きくするだけだ。表では「クール・ジャパン」を唱えながら、裏では「アンクール」な日本政府の後姿が苦々しい。’
とのことです。
   盗んだものでさえ 国の司法が戻さなくてよいとする泥棒国家なので,貸し出した後,「もともと韓国のモノ」として戻ってこない可能性が高いので警戒するのは当然でしょう。
   「たった1つの判決を口実に・・・ 」というのは 「たった一人しか殺してないのを口実に責められるのは ・・・ 」 と同様で,理解できない論理です。

違う世界に生きています。

|

« ホワイトハウスを震撼させた 4冊の本 | トップページ | いつから 大相撲中継TVを観るだろうか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホワイトハウスを震撼させた 4冊の本 | トップページ | いつから 大相撲中継TVを観るだろうか? »