« 見出しに見る「勘違い」(その413) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その414) »

2018年10月 5日 (金)

短い秋に,シャンブレー あるいは ダンガリーのシャツに -。

春や秋を ほとんど感じないまま夏や冬になる気候になって久しく,夏が去れば すぐ冬になります。

短い秋は 長袖シャツを着て過ごします。

Dsc_1126
左は 上:Brooks Brothers,下:無印良品の シャンブレー・シャツ。
右は 上:Brooks Brothers,下:鎌倉シャツの ダンガリー・シャツ。

あとは オックスフォードの白シャツを着ます。

若い頃のスポーツ・シャツは 柄物が多かったのですが,最近は ソリッド(無地)が多くなりました。

それでも 少し涼しく感じたならー

裏地の無い ジャンパーを着ようと,7年前(2011年)に英国から個人輸入した ‘Baracuta G35 “Dean” Windcheater’ (日本では売られなかったと思われる)を出しました。

Dscpdc_0003すると,あまり着てなかったせいか,裾(ウェスト)の全周 シャーリングのゴムが劣化して(俗語では 「バカになる」)いました。

プロに直してもらおうと 「洋服の病院」で尋ねると 最低 \3,000程度,それを聞いた家人,「私がやる。」

Dsc_1131Dsc_1130a


Dsc_1134ー ゴム交換終了しました。

G35のデザインは ‘McGregor’の‘Drizzler’に近いものです。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その413) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その414) »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その413) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その414) »