« 億万長者 トランプ,自分で稼いだと言っているが ・・・ 。 | トップページ | 海上自衛隊,韓国観艦式 参加辞退 »

2018年10月 8日 (月)

「刑事モース ~オックスフォード事件簿~ 」 再登場。

10月6日(土),待望の英国ドラマ 「刑事モース~オックスフォード事件簿~」(‘Endeavour’)が NHK BSプレミアムで再開されました。

今年,2月から4月にかけて放映されたのが 9作品,英国での パイロット版+シーズン1(4作)+シーズン2(4作)でした。

今回は 英国での シーズン3の4作(NHK では Case 10 ~ Case 13)のようです。

Dsc_0302前作(Case 9)は,モースが警察上層部の闇を暴いたことで,彼らのわなによって,収監され監房のベッドに座っているシーンで終わりました。

今作は 釈放され湖畔の小屋でひっそり暮すモースが殺人事件に関わり,じっとしていられなくなって警察に復帰する経過が描かれます。

このドラマでストーリーとは別に楽しめるのが,惜しげもなく登場する当時(1960年代)の車です。

Dsc_1146
大邸宅で夜ごとパーティーを開く謎の男 ビクスビー(Bixby)の カー・コレクション,ずらり並んだ往年の名車,右から ①~⑤とすると (恐らく)ー

① 1967 Porsche 356 (red)
② 1960 Triumph TR3A (white)
③ 1962 Austin Healey 3000 Mark II (Klipspringer Continental)
④ 1964 Jaguar E-Type Coupe (silver)
⑤ 1950's Triumph TR3 (black)

Dsc_1149Dsc_1145

上左:左から ①,②,③
上右:左から ②,③,④

Dsc_1147_2
上:左から ②,①

物語の中で,ビクスビーは ③の ‘Austin Healey’を モースに ‘Klipsringer’(架空の車)と紹介します。
敢えて “Austin” を隠して 架空の車としている脚本の意図が不明です。

このシーンの会話を紹介するとー

これは新型のクリップスプリンガー。今朝届いた。転がしてみなよ。
The new Klipspringer Continental. 
  She was delivered this morning.
  Why don't you take her for a spin?


あー,スピードが出過ぎる。 僕なら,そうー あっちのタイプかな。
  “Ah, it's a bit too fast for me.
   I'd be more at home in something like that, maybe.


と言って モースは ポルシェを指します。

あげるよ。
  “She's yours.

日本語では 「クリップスプリンガー」だけですが,英語を聴くと “Klipspringer Continental” と言っています。
クリップスプリンガーは F・スコット・フィッツジェラルドの小説 『グレート・ギャツビー』(‘The Great Gatsby’,映画の邦題は「華麗なるギャツビー」)のマイナーな登場人物の名前と同じで,どういう意味を持たせたか不明です。

ビクスビーの「あげるよ。」 は 英語では “She's yours.” でした。

車は “She” でも “He” でも “It” でもいいようですが,船は “She” に限ります。

Austin Healey 3000 Mark II ”(3,000cc) ではスピードが出過ぎるので “Porshe 356”(1,600cc) というのが泣かせます。
それも 英語では “ ・・・ at home in ・・・ ” なので 「気楽に」 あるいは 「扱い慣れて」となり,1960年代の 英国スポーツカー全盛時代においては,小型スポーツカー “Porshe” は その程度の馴染みのある,気楽に乗れるレベルの車だったのでしょうか。

|

« 億万長者 トランプ,自分で稼いだと言っているが ・・・ 。 | トップページ | 海上自衛隊,韓国観艦式 参加辞退 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 億万長者 トランプ,自分で稼いだと言っているが ・・・ 。 | トップページ | 海上自衛隊,韓国観艦式 参加辞退 »