« Ralph Lauren の眼鏡ケース,そろそろ寿命か? | トップページ | ただの 「やかん」? »

2018年10月17日 (水)

日本が小惑星に探査機を着陸させた最初の国になった。

9月21日,小惑星リュウグウの上空55mで小惑星探査機「はやぶさ2」から分離した小型ローヴァー2機が リュウグウへの着陸に成功し,直後に地表を撮影した画像を送ってきたと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が明らかにしました。

このニュースは 海外のメディアも伝えています。

FORTUNESept.23 では次のように伝えています。

以下 拙訳と共に転載します。

*************************************

Japan Just Became the First Country to Land a Probe on an Asteroid
日本が小惑星に探査機を着陸させた最初の国になった

Japan landed two unmanned rovers on a 1-kilometer-wide asteroid Saturday, the first time robot rovers have successfully landed on an asteroid surface.
日本は,土曜日に 1km 幅の小惑星に,2台の無人ローヴァーを着陸させた。ロボットのローヴァーが小惑星の表面に無事に着陸するのはこれが初めてである。

“I felt awed by what we had achieved in Japan. This is just a real charm of deep space exploration,” Takashi Kubota, a spokesman for the space agency, told CNN.
「私は 日本が達成したことに驚いている。 これこそ 深い宇宙探査の真の魅力だ。」と宇宙機関のスポークスマン,久保田隆はCNNに語った。

The two rovers together are called MINERVA-II1. The rovers came from the spacecraft Hayabusa2. The asteroid is named Ryugu, CNN reported.
2つのローヴァーは共に MINERVA-II1 と呼ばれる。 ローバーは宇宙探査機 はやぶさ 2 から離された。小惑星は「りゅうぐう」(Ryugu)と名付けられた,とCNNは報じた。

The rovers hop and float across the asteroid—thanks to its low gravity—to capture information including photos and the asteroid’s temperature.
ローヴァーは,小さい重力のため,小惑星の表面を飛び跳ね,写真や小惑星の気温などの情報を収集する。

Since landing, the rovers have sent back photos and data. This asteroid is believed to be a particularly early one, with a wealth of water and organic material that will shed light on the “building blocks of Earth.”
着陸後,ローヴァーは写真とデータを送ってきた。この小惑星は,「地球の構成要素」に光を当てる豊富な水と有機物質で,特に初期のものと考えられている。

In early October, JAXA, Japan’s space agency, plans to launch a third rover. At the end of next month, the spacecraft itself is supposed to land on the asteroid and blow a small crater in it to reach samples that haven’t before been exposed to space.
日本の宇宙機関であるJAXAは、10月上旬に第3のローバーを打ち上げる予定である。 10月末には,宇宙船本体が小惑星に着陸し,小さな爆破孔を開け,宇宙にさらされていなかったサンプルに到達することになっている。

The spacecraft will leave the asteroid in December 2019 to return to Earth by the end of 2020. NASA is working on a similar mission, due back in 2023.
探査機は,2019年12月に小惑星を発ち,2020年末までに地球に戻る予定である。NASAは,2023年に戻る予定の,同様の活動に取り組んでいる。

(転載了)
*************************************

地味(?)ですが 静かに誇っていい日本の総合技術力です。

|

« Ralph Lauren の眼鏡ケース,そろそろ寿命か? | トップページ | ただの 「やかん」? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Ralph Lauren の眼鏡ケース,そろそろ寿命か? | トップページ | ただの 「やかん」? »