« 5つの図表で示す 中国を観る世界の目。 | トップページ | 「ハロウィーン」 と 「キウイフルーツ」 »

2018年10月31日 (水)

戦時徴用賠償ー韓国最高裁の判決の報じ方

10月30日,韓国大法院(最高裁)は 新日鉄住金に対して 戦争中の徴用によって被害を受けたとする原告4人にそれぞれ1億ウォン(約989万円)の賠償を命じた判決を確定させました。

この結果に対して 韓国メディア 日本語版は次の見出しで報じています。

*************************************

中央日報

「日本企業は強制徴用賠償せよ」 65年韓日協定を覆した韓国最高裁

韓国外交部 「強制徴用賠償判決,韓日関係に否定的影響が及ぶべきでない」

河野外相,強制徴用賠償命令に「日韓の友好協力関係の基盤を根本から覆すもの」

新日鉄住金,強制徴用賠償命令に「きわめて遺憾」

日帝強制徴用事件,最初から「司法取引疑惑」 そして結論まで

朝鮮日報

強制徴用:韓国外交部 「大法院判決,韓日関係に否定的な影響を与えぬよう日本と知恵を集める」

徴用工訴訟で日本企業に賠償命令 韓日外交戦に発展の可能性も

河野外相 「両国の友好を揺さぶる」 韓国大使に抗議

強制徴用:原告勝訴 韓国首相「司法の判断を尊重」

韓国外交部 「大法院判決,韓日関係に否定的な影響を与えぬよう日本と知恵を集める」

徴用工訴訟の原告側 新日鉄住金「韓国資産」強制執行の可能性も

徴用工訴訟原告勝訴で韓日関係に亀裂も 韓国政府が対応に苦慮

*************************************

日本はあくまで 1965年の日韓基本条約により解決済みとの立場であり,韓国政府の態度如何によっては 駐韓大使召還も有りうるでしょう。

受けて立つことになりそうです。
国家間の条約を反故にするような無法国家とは付き合えない,ということです。

それにしても 韓国メディアの 「強制徴用」という存在しえない言葉が目障りです。
「徴用」には 「強制」も「任意」もなく 「徴用」は 単に 「徴用」でしかありません。
当時の法律では「徴用」は合法で,当時 存在しなかった 現韓国の憲法に違反するというのは 法規不遡及の原則から外れ,現代国家とは言えません。

世論による国民情緒法が国際法に勝る国家とは?
ルールが通用しない国家とは?

Photo因みに 判決骨子は右の通り。

この中の 「不法行為」が何の法に対しての「不法」なのか 不明です。

「徴用」がなされた時点での不法はありません。

|

« 5つの図表で示す 中国を観る世界の目。 | トップページ | 「ハロウィーン」 と 「キウイフルーツ」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5つの図表で示す 中国を観る世界の目。 | トップページ | 「ハロウィーン」 と 「キウイフルーツ」 »