« 見出しに見る「勘違い」(その419) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その420) »

2018年10月27日 (土)

川久保玲さんのことば “There is no pleasure in the work”

朝日新聞の (コラム)「折々のことば」(10月26日)に 表題のことばがあり,「『コムデギャルソン』 を主宰する 川久保玲さんが 英紙ガーディアン電子版(9月15日)のインタビューに答えた。」とありました。

There is no pleasure in the work” の ‘pleasure’を何と訳すか,「楽しみ」,「喜び」,「満足」 などのうち何が適当でしょう。

朝日新聞は 「仕事に喜びはありません。」と訳していましたが,私は 「喜び」より 「楽しみ」の方が適切だと思いました。

The Guardian’の記事を読むと,川久保さんへの質問はすべて,川久保さんの夫で コム・デ・ギャルソン・インターナショナルのCEO エイドリアン・ジョフィAdrian Joffe)氏の通訳を通しており,彼女は ほぼ日本語で話しています。
彼女が日本語で何と言ったか 知るすべはありませんが,「仕事に楽しみはない。」 あるいは 「仕事に楽しさを感じることはない。」の方が自然のような気がします。

このインタビュー記事,‘The Guardian’の‘The Fashion autumn/winter 2018’のコーナーの ‘A rare interview with Comme des Garçons designer Rei Kawakubo’(「コム・デ・ギャルソン」のデザイナー 川久保玲との珍しい(or 最高の)インタビュー」の見出しの記事の,この言葉が出てくる部分の前後を抜粋して読んでみました。

インタビューアーが,通訳 ジョフィの話を聞いているというシチュエーションを考慮して読みましょう。

(以下 部分転載)
*************************************

“She said I should explain to you the amount of work she has to do, the shops she has to design as well as the collections. It never stops,” Joffe says.

「彼女に,コレクションの制作や店舗のデザインなど,どれほど多くの仕事をしなければいけないかを あなたに説明するように言われた。仕事は決して止まらない。」 とジョフィが言う。
What elements of the job do you enjoy? She shakes her head on translation. “There is no pleasure in the work,” Joffe tells me. (She always calls it “the work”.) “She says people who say they enjoy the work, she thinks they don’t take it seriously. The only way to hope to make something new is not to be satisfied.”
Does she, famously unenthralled by fashion history, ever think about what her legacy will be?
仕事(the job)の楽しい面は何かと尋ねると,通訳された言葉を聞いて彼女は首を振った。 「仕事(the  work)に楽しみは感じない。」 (彼女はいつも それー“job” を “the work” と言う。)と ジョフィは私に語った。 「仕事を楽しんでいると言う人が仕事に真剣に取り組んでいると思わない,と彼女は言っている。何か新しいものを作ることを望むための唯一の方法は,満足しないこと。」
ファッション史に興味がないことで有名な川久保は,自分が後世に残す遺産のことも考えてないのだろうか?。

They chat for several minutes, then Joffe turns to me and says, “She’s never thought about it. She doesn’t care about or believe in posterity.”
数分間 2人で話してから,ジョフィが言った。「彼女は全く考えたことがない。彼女は 後世のことは気にしてないし,どうとも思ってない。」

She says something in Japanese – the tone is dismissive – and he turns to her and says, in English, “Everybody else thinks about it!  You are the only one who doesn’t think about it. That’s why designers make foundations, because they care about history, about what will be their legacy. You are the only one who thinks like this.”

川久保が何かを日本語で言い(否定的なトーンに聞こえた),ジョフィは彼女に向かって 英語で言った。「誰もがそのことを考えている! それを考えないのは君だけだ。デザイナーたちは歴史を大切に思い,自分の功績がどうなるか考えてるからこそ,みんな財団を作っている。こんな考え方をするのは,君一人だけだ」。

She says something else, quieter this time. “She says when she’s not here any more, she doesn’t care if nothing is here any more,” Joffe says with the hint of a sigh. “She is highly unusual.” She looks at me, and smiles.

川久保は,さっきよりも 静かに 何か言った。「彼女は 地上から自分がいなくなった時,ここに何も残っていなくても気にしない,と言っている。」 とジョフィは小さくため息をつきながら言った。「彼女は とても独特だ」。 川久保は私を見て,ほほ笑んだ。

(抜粋転載了)
***********************************

やはり ‘pleasure’は 「楽しみ」,「楽しさ」がよさそうに思います。
しかも 質問の動詞が ‘enjoy’です。

ここで 川久保さんが拘っている(かも知れない) ‘job’ではなく ‘work’から,この二つの違いを考えるとー
job
  1. 〔会社・他人などから依頼された〕仕事
  •   2. 職
  •   3. 〔仕事の〕現場
  •   4. やるべきこと,任務,義務,責務
      5. 大変なこと
      6. 《コ》ジョブ
  •   7. 《jobs》人◆従業員の数。1000 jobs=1千人。
  • work
      1. 労働,仕事,研究,作業,労力
      2. 職業,勤め口
      3. 業績,作業結果
      4. 作品,著作物
      5. 仕業
      6. (複数)仕掛け
      7. (複数)工場
      8. (複数)付属品,含まれる物,〔食べ物などの〕セット
    job’の 4番目の 「任務,義務,責務」が気になります。
    work’は この意味を含んでないところが,川久保さんが拘ったところかも知れません。
    因みに,既にリタイアしている私が仕事について語っても仕方がありませんがー

    現役時代に 「仕事は楽しいか?」と訊かれた時,直接的ではありませんが,
    「その質問を たった今,地の底の坑道から,真っ黒な顔をして上がってきた炭鉱夫にできますか? 」 と逆質問で答えることにしていました。訊くまでもないだろうの意です。

    これは かつて 伊丹十三氏が何かの本に書いていた受け売りです。尋ねる炭鉱夫がいなくなっていたとしても 同じことです。
    若い頃から,仕事とは そういうものだと思いながら 42年間,サラリーマン生活を送りました。
    好き嫌いはありましたが,楽しい,楽しくないで仕事を区別しませんでした。

    |

    « 見出しに見る「勘違い」(その419) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その420) »

    言葉」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 見出しに見る「勘違い」(その419) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その420) »