« 統計でみる 米国における移民の実態 | トップページ | ストライプ・タイ の ストライプの方向についてー »

2018年11月21日 (水)

映画 “ARGO” で英語を聴く。

BS12 で 「アルゴ」(‘ARGO’,2012)を 久しぶりに字幕で観ました。

2012年に日本で公開された時は限定地域公開で,私が住む広島での上映がなく,年があけて 第85回 アカデミー賞作品賞を受賞した後,全国緊急再上映があって広島で観ることができました。

監督・製作(ジョージ・クルーニーを含む他2名と共同)・主演は ベン・アフレック( ‘Ben Affleck’,1972~ )です。

実際の出来事に基づいているとのことですが,事実は映画ほど緊迫した場面はなかったそうです。

話はー イラン革命により,1979年にホメイニー師率いる反体制勢力がパフラヴィー国王をイランから放逐,その後 アメリカがフラヴィー元国王を受け入れたことに反発した反米デモ隊が,テヘランのアメリカ大使館を占拠し,52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。その直前,6人のアメリカ人大使館員が大使館から脱出し,カナダ大使公邸に匿われる。この6人をイランから脱出させるため,CIA秘密工作本部作戦支援部で脱出支援の専門家 トニー・メンデスが呼ばれる。
いくつかの提案された脱出案(英語教師偽装案,飛行機にたよらず自転車による越境案 など)の成功の可能性に疑問を持ったメンデスが考えた脱出作戦はー 。

国務省会議室での脱出方法検討会で メンデスが自らの案を説明するシーンの英語を聴いてみました。

Dsc_1301Dsc_1302Science-fiction movies?

Star Trek, Star Wars.
They need an exotic location to shoot.


Dsc_1303Dsc_1304

Moonscape, Mars, desert, you know.
Now, imagine this:
They're a Canadian film crew on a location scout for a science-fiction movie.
We put it out there…

Dsc_1305Dsc_1306

The Canadian producers put it out there. …
That we're looking at Egypt, Istanbul.

Dsc_1307Dsc_1308Then we go to the consulate and say, “Hey, we wanna look at Iran too.”
I fly into Tehran, we all fly out together as a film crew.

Dsc_1309Dsc_1310

Done. Flamboyant cover identities should be avoided, as it increases operational visibility.

This is more plausible than foreigners who wanna go be teachers in Iran.

Dsc_1311Dsc_1312

You wanna blend in with the population, you don't look like a rodeo clown.
Just gonna wake up tomorrow morning and be in the movie business?
We already have credentials for the teachers.

Dsc_1313Dsc_1314No, sir, we have a contact in L.A.
Chambers. John Chambers.
He's a Hollywood prosthetics guy.
He's got an Oscar, he did Planet of the Apes.

Dsc_1315Dsc_1316Did a bunch of contract work for us in the past.
I go see him, he sets us up.
One, two days, make it look real.

*************************************

consulate’: 領事館

flamboyant’: 鮮やかな,これ見よがしな,大胆な

plausible’: もっともらしい

credentials’: 資格,経歴

prosthetics’: 人工装具 → 特殊メイク

bunch’: 一団,たくさん

字幕の日本語に比べて,長い台詞を喋っています。

「アルゴ」は 偽装ロケハン location scout をする目的の映画タイトルです。
ボツになった脚本の束から イランにロケハンに行く必然性のある SF映画 「アルゴ」を選んでいます。

ベン・アフレックの演技に関しては 様々な意見があるようですが,どんな場面でも 大袈裟な表情を伴う演技をしないところが好きです。
このシーンでも,何を言われても 表情を変えず,伏し目がちに,淡々と計画を説明するところに説得力があります。

|

« 統計でみる 米国における移民の実態 | トップページ | ストライプ・タイ の ストライプの方向についてー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 統計でみる 米国における移民の実態 | トップページ | ストライプ・タイ の ストライプの方向についてー »