« 映画 「スティング」を観た。 | トップページ | 久しぶりに休日に広島市に - 。 »

2018年11月11日 (日)

日本大使館 ホームページで 河野外相声明文を ・・・

10月30日,韓国・大法院は,元徴用工(正しくは「応募工」らしい,「強制徴用工」は言葉すら存在しない)の訴えを認め,新日鐵住金に賠償を命じる判決を支持しました。
日本政府は この判決に対応し,「韓国は国際法違反国家」であることを世界に知らしめるため,韓国最高裁の判決が不当だという点を各国の在外公館を通じて発信するよう指示し,すでに米国,英国,フランスなど一部の大使館は,河野外相の名義で発表した声明を英文に翻訳し,ホームページと大使のSNSに掲載しています。
さらに領事館を含む在外公館などに対し,現地メディアを積極的に活用すべきという指示も出しているそうで,世界から韓国に圧力をかけて覚醒させ,真っ当な国になってもらおうという作戦実行中のようです。

参考に 在米日本大使館のホームページを紹介します。

Embassy_of_japan
Foreign Policy News’の ‘Ministry of Foreign Affairs of Japan’(外務省)の項に記載されています。
日付けが 10月30日で,判決と同日なので,判決を予想して準備し,即日掲載していたことが分ります。

以下,英文と和文を転載します。

*************************************

Regarding the Decision by the Supreme Court of the Republic of Korea, Confirming the Existing Judgments on the Japanese Company
(Statement by Foreign Minister Taro Kono)

大韓民国大法院による日本企業に対する判決確定について
(河野太郎外務大臣声明)

1. Japan and the Republic of Korea have built a close, friendly and cooperative relationship based on the Treaty on Basic Relations between Japan and the Republic of Korea and other relevant agreements that the two countries concluded when they normalized their relationship in 1965.

日韓両国は,1965年の国交正常化の際に締結された日韓基本条約及びその関連協定の基礎の上に,緊密な友好協力関係を築いてきた。

The Agreement on the Settlement of Problems concerning Property and Claims and on Economic Co-operation between Japan and the Republic of Korea (hereinafter referred to as “the Agreement”), which is the core of these agreements, stipulates that Japan shall supply to the Republic of Korea 300 million USD in grants and extend loans up to 200 million USD (Article I), and that problems concerning property, rights and interests of the two Contracting Parties and their nationals (including juridical persons) as well as concerning claims between the Contracting Parties and their nationals are “settled completely and finally,” and no contention shall be made thereof (Article II).  As such, the Agreement has provided the basis for the bilateral relationship up until now.

その中核である日韓請求権協定は,日本から韓国に対して,無償3億ドル,有償2億ドルの資金協力を約束する(第1条)とともに,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題は「完全かつ最終的に解決」されており,いかなる主張もすることはできない(第2条)ことを定めており,これまでの日韓関係の基礎となってきた。

2. In spite of the above, today on October 30, the Supreme Court of the Republic of Korea decided to confirm the previously existing Korean judgments as final, which ordered Nippon Steel & Sumitomo Metal Corporation, inter alia, to pay compensation to the plaintiffs.

それにもかかわらず,本30日,大韓民国大法院が,新日鐵住金株式会社に対し,損害賠償の支払等を命じる判決を確定させた。

This decision is extremely regrettable and totally unacceptable.

この判決は極めて遺憾であり,断じて受け入れることはできない。

This decision clearly violates Article II of the Agreement and inflicts unjustifiable damages and costs on the said Japanese company.

この判決は,日韓請求権協定第2条に明らかに反し,日本企業に対し不当な不利益を負わせるものである

Above all, the decision completely overthrows the legal foundation of the friendly and cooperative relationship that Japan and the Republic of Korea have developed since the normalization of diplomatic relations in 1965.

とりわけ,この判決は,1965年の国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すものである。

3. Japan once again conveys to the Republic of Korea its position as elaborated above, and strongly demands that the Republic of Korea take appropriate measures, including immediate actions to remedy such breach of international law.

日本としては,大韓民国に対し,日本の上記の立場を改めて伝達するとともに,大韓民国が直ちに国際法違反の状態を是正することを含め,適切な措置を講ずることを強く求める。

4. Furthermore, if appropriate measures are not taken immediately, Japan will examine all possible options, including international adjudication, and take resolute actions accordingly from the standpoint of, inter alia, protecting the legitimate business activities by Japanese companies.

更に,直ちに適切な措置が講じられない場合には,日本として,日本企業の正当な経済活動の保護の観点からも,国際裁判も含め,あらゆる選択肢を視野に入れ,毅然とした対応を講ずる考えである。

As part of such effort, in order for the Ministry of Foreign Affairs to fully address  this matter, today, the Ministry of Foreign Affairs has established the Division for Issues Related to Claims between Japan and the Republic of Korea in the Asian and Oceanian Affairs Bureau.

この一環として,外務省として本件に万全の体制で臨むため,本日,アジア大洋州局に日韓請求権関連問題対策室を設置した。

(Reference) Agreement on the Settlement of Problem Concerning Property and Claim and on the Economic Co-operation between Japan and the Republic of Korea (excerpt)

[参考]「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」(抜粋)

Article II

第二条

1. The Contracting Parties confirm that problem concerning property, rights, and interests of the two Contracting Parties and their nationals (including juridical persons) and concerning claims between the Contracting Parties and their nationals, including those provided for in Article IV, paragraph (a) of the Treaty of Peace with Japan signed at the city of San Francisco on September 8, 1951, is settled completely and finally. 

・・・

両締約国は,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が,1951年9月8日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて,完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。

3. Subject to the provisions of paragraph 2 above, no contention shall be made with respect to the measures on property, rights and interests of either Contracting Party and its nationals which are within the jurisdiction of the other Contracting Party on the date of the signing of the present Agreement, or with respect to any claims of either Contracting Party and its nationals against the other Contracting Party and its nationals arising from the causes which occurred on or before the said date.

2の規定に従うことを条件として,一方の締約国及びその国民の財産,権利及び利益であつてこの協定の署名の日に他方の締約国の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては,いかなる主張もすることができないものとする。

(転載了)
*************************************

韓国メディアは この動きを,日本が全面戦争に乗り出した,と捉えているようですが,条約を反故にして 宣戦布告した韓国に対応しているだけのことです。
韓国が,政権が変われば 協定を反故にし,国際法を無視する国であることを広く世界に知らしめます。

韓国に何の動きも見えません。
10月7日に 李洛淵首相が 「日本政府指導者が過激な発言を続けていることに深い懸念を表す」という要旨の「立場文」を出したのが,今まで韓国政府が表した立場の全てです。

|

« 映画 「スティング」を観た。 | トップページ | 久しぶりに休日に広島市に - 。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画 「スティング」を観た。 | トップページ | 久しぶりに休日に広島市に - 。 »