« 女性にとって最も危険な国 2018,米国が 10位。 | トップページ | 大谷翔平選手・新人王獲得,米紙の伝え方 »

2018年11月17日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その424)

「スペイン映画祭,旭日旗を広報物に使用…抗議受け謝罪・差し替え」  2018/11/15 中央日報・日本語版
   ‘第28回ファンシネ-マラガファンタスティック映画祭で過去の日本軍国主義の象徴である旭日旗が広報物の背景に使われて論争になった。
   11月14日から22日までスペインで開かれている同映画祭は,ポスターや広報パネル,公式サイトなどのイメージ背景に日本旭日旗を使用した。
   ・・・
   該当のデザインは猫がファンシネと書かれている本を手にして中央に位置し,背景には旭日旗が使われた。その下には多くの人々が右側胸部に本を抱え,左胸のあたりには日本の国旗と思しきものがつけられている。
   主宰側は記者会見を行った公式の席でも問題の広報物をそのまま使った。今月6日に主宰側がサイトに公開した映像を見ると,旭日旗が小冊子に背景として使われ,人物を紹介する字幕にも同じデザインが使われた。

Poster   この事実を確認した韓国の学生や海外同胞は主宰側にメールやメッセージを送ったり,スペイン教育部に連絡を入れたりするなど多方面から抗議をした。その後,主宰側は公式SNSで問題になった旭日旗を除いた広報物に差し替えたが,印刷された広報物は修正前のデザインが使われている。
  相次ぐ海外同胞の抗議に主宰側もついに謝罪をした。主宰側は14日,「問題になったデザインを使って不快にさせる意図はなかった」と「(今回のことを)遺憾だと考え,最大限すべての広報物を修正した」と説明した。そのうえで「誤解によって傷つけた部分に対して謝る」と付け加えた。
   ・・・
’ との報道です。
    珍しく,「戦犯旗」が出てきません。
    昇る朝日については どこにクレームするのか,楽しみです。

「シンガポール建設現場で文大統領 『やはり韓国の技術が世界最高』」  2018/11/16 中央日報・日本語版
   (内容省略)
    国内で言うのはかまいませんが,外国で 嘘を言ってはいけません。
    文さん,どこに行くつもりでしょうか?

どこでも,いつでも 笑わせてくれる国です。

|

« 女性にとって最も危険な国 2018,米国が 10位。 | トップページ | 大谷翔平選手・新人王獲得,米紙の伝え方 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女性にとって最も危険な国 2018,米国が 10位。 | トップページ | 大谷翔平選手・新人王獲得,米紙の伝え方 »