« 大相撲11月場所,宇良 7戦全勝。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その427) »

2018年11月26日 (月)

ドルチェ & ガッバーナ,中国で炎上。もし,日本なら - 。

報道によればー
(朝日新聞デジタル,11/22,抜粋転載)
*************************************

イタリアの高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」が中国・上海で11月21日夜に予定していた大規模なショーが,当日になって突然中止された。
 同社の中国向け広告動画が「中国を侮辱している」と物議をかもし,出演予定だった中国人モデルが次々とボイコット。22日も中国内の怒りは収まらず,商品不買の動きも出始めた。
 問題になったのは,11月18日に D&Gが公開した 「中国伝統の箸でイタリアの伝統料理を食べる」 というテーマの広告動画。着飾った女性が箸をピザに突き立て,不器用に食べる内容で,画面上で箸を 「棒のような器具」と紹介した。
 これに対し,「伝統的な箸文化を馬鹿にしている」「こんな箸の使い方はしない」といった批判が中国のネット上で噴出した。21日には,D&Gのデザイナー,ステファノ・ガッバーナ氏がインスタグラムで中国を罵倒する画面がネットに出回り,「炎上」。中国人モデルが続々と同日夜のショーへの出演を拒否したため,D&G側は同日夕になって「トラブルでショーは延期する」と発表した。
 ・・・  22日にはネット通販大手アリババ集団などのサイトからD&Gの商品が消えた。イタリア・ミラノのD&Gの店頭に中国人が集まり,抗議する写真も投稿された。
 D&Gはデザイナーのインスタグラムについて「他人にアカウントをのっとられ,本人の発言ではない」と弁明。「中国に特化したショーの開催を夢見て、愛と情熱をもって臨んだ。(中止は)大変不幸なこと」とするコメントを出した。

**************************************

この事件を伝えるニュースショーのコメンテーター・木村太郎さんが 「中国人は自分の文化に誇りを持っていて,むしろ,西洋文化より上との意識があるくらいなので,この騒動は当たり前。りっぱなものですよ。もともと白人には,意識せずとも 有色人種を下に見ることが身についていますから。」という意味の発言をしました。

日本に置き換えて考えると,おそらく,このような騒ぎにはならないように思います。
それは 決して 日本人が,日本の文化への誇りがないことを示すものではないでしょう。

少なくとも 私の場合,箸を 『棒のような器具』 と紹介されたとしても,その無知さと感性を嘆くか,馬鹿にするだけで 怒りはありません。

すなわち 「平和かつ平穏であるべき食卓に,鉄の,ほとんど武器に近いナイフとフォークのような 禍々しき道具を持ち込んで食事する人々がそれほど立派なのか,文明人のやることなのか。畏敬すべき食べ物に鉄のフォークを突き刺すという行為に野蛮さ,下品さを感じないのか。鉄ではなくて銀だと言い訳しても 大して変わらない。 それに比べて 箸の何と優雅なことか。当然 『刺し』はいけません。
ー と思って 彼らの無知さ,野蛮さを密かに,心の中で笑えば それで済みます。

黙っていることが つけ込みの原因になる,との考え方もありますが,むやみに騒ぐのは劣等感の裏返しという気がしないでもありません。

|

« 大相撲11月場所,宇良 7戦全勝。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その427) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大相撲11月場所,宇良 7戦全勝。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その427) »