« 「スプレー缶」の捨て方。 | トップページ | 米国公立学校 の壁画が旭日旗に似ているからと撤去できるかー »

2018年12月22日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その433)

「旭日旗想起の米学校壁画,消去に 『待った』」  2018/12/18 朝鮮日報・日本語版
  ‘米ロサンゼルス市のコリア・タウンにある公立学校の外壁に描かれた壁画が「旭日旗」を連想させるとして地元の韓国系コミュニティーが消去を求めていたことに関連し,冬休み中に実施される予定だった壁画の消去作業が当面の間保留されることになった。
 壁画をめぐっては,当初はロサンゼルス統一学区が韓国系コミュニティーの抗議を受けて冬休み中に壁画を消すことを表明したが,これに対し「表現の自由を侵害している」との反発の声が上がっていた。
  17日付の米紙ロサンゼルス・タイムズによると,ロサンゼルス統一学区は同日「多くの反響があり,さらなる論議が必要だ」として壁画の消去を当分の間保留すると発表した。
 問題の壁画はロサンゼルス市内のコリア・タウンにある公立学校 「ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクール」の体育館の外壁に描かれており,2016年に行われた学校行事で画家のボー・スタントン氏(32)が制作した。
 壁画は,赤い放射状の光が人とヤシの木の周りに広がるデザインで,旭日旗を連想させる。スタントン氏は,壁画に描かれているのは米国の有名女優,故エバ・ガードナーで,光の部分は旭日旗を意味するものではないと否定している。
 しかし,ロサンゼルス市の韓国系コミュニティーは先月,ロサンゼルス統一学区に「作家の意図は分かるが,壁画は旭日旗を連想させる」と文書で抗議。これに対し統一学区側は,学校の冬休み期間に壁画を塗りつぶして別の壁画を描くと表明した。
 この決定に対し,壁画の作家だけでなく検閲に反対する複数の団体から「表現の自由を侵害している」と批判の声が上がった。
 さらに,米国のジョン・F・ケネディ元大統領の弟で司法長官を務めた故ロバート・ケネディ元上院議員の子どもたちからも,壁画の消去に反対する意見が上がった。学校はケネディ元上院議員が暗殺されたホテルの跡地に建設されている。
 ケネディ元上院議員の息子の1人は16日,ロサンゼルス統一学区および学校側に壁画消去に反対する文書を送付し,自身の意見が父だけでなく伯父のケネディ元大統領をも代表していると主張した。
 文書は 「父は文化的にデリケートな事案に好意的だが,米国の民主主義の基盤は表現と言論の自由」だとして 「米国人は寛容と多様性を強く支持してきたため,父と伯父(ケネディ元大統領)は検閲を嫌悪した」と訴えた。
 さらに 「父と伯父は政治的アジェンダ(重要課題)のために芸術作品を破壊した人々を最悪の悪党だと考える」として「今回の壁画除去計画には非理性的で非難されて当然という部分があまりに多く,ばかげた欠点を列挙する論文がかけるほどだ」と批判した。
 グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏も壁画の消去に反対の立場を示した。フェアリー氏は,問題の壁画を消去するなら自身が学校内に描いたケネディ氏の肖像画の消去も要請すると述べた。学校の一部教諭と生徒も反対の意思を示している。
 壁画を描いたスタントン氏は17日,弁護士を通じ,壁画が消去された場合はロサンゼルス統一学区を訴える方針を示した。’
との報道です。
   「今回の壁画除去計画には非理性的で非難されて当然という部分があまりに多く,ばかげた欠点を列挙する論文がかけるほどだ。」との ケネディ元上院議員の息子の批判が正常な感覚です。
   理性が通用する相手とは思えませんが,彼らの主張を論理的に否定するしかないでしょう。   

「米ロサンゼルス公立学校 『旭日旗壁画』消去保留…なぜ?」  2018/12/20 中央日報・日本語版
   ‘米ロサンゼルスのコリアタウンに位置したある公立学校の外壁に描かれた「旭日旗」を想起させる壁画の消去作業が一時保留された。17日,ロサンゼルス・タイムズ紙によると,ロサンゼルスの統一学区はこの日 「多くの反響があり,追加の議論が必要だ」として消去計画を当分保留すると明らかにした。
    該当壁画はロサンゼルスのコリアタウンにある公立学校 「ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクールズ」の体育館外壁に描かれたもので,2016年学校の壁画祭りの時,画家ビュー・スタントンさん(32)が描いたものだ。スタントンさんは,壁画に描かれたのは米国の有名女優である故エバ・ガードナーで,光線の模様は旭日旗を意味したわけではないと釈明したことがある。当初,ロサンゼルスの統一学区が韓国系の人々の抗議で翌月休みの期間中に壁画を塗り消すことにしたが,「表現の自由を侵す」という反対のの声が出てきた。
   ロサンゼルス・タイムズ紙は,ロバート・ケネディ氏の息子であり,作家兼弁護士として活動しているマックス・ケネディさんの意見も添えた。マックス・ケネディさんは 「私たちはシンボルの力を知っている。また,シェパード・フェアリーさんと ビュー・スタントンさんが公共美術の検閲に反対することを支持する」として 「象徴の表現は傷を刺激することもあり得るし,ある象徴は表現してはならない。だが,光線はこの国で希望を表す」と主張した。
   ウェルシェア・コミュニティ連合会(WCC)のチョン・チャンニョン会長は米国中央日報に「LAUSDから壁画の消去決定を改めて議論したいというメールを送ってきた。見直しの決定とみられる」として 「韓国系社会はLAUSD,画家や少数界の痛みと歴史を直視し,対話で壁画の除去合意を導いた。報道機関と一部の画家が芸術の自由だけを強調して少数界コミュニティは冷遇する対決構図のフレームは誤った」と話した。’
と書いています。
   「少数界コミュニティは冷遇する・・・ 」は筋違いです。
   少数界であろうが 多数界であろうが,誤った主張が否定されるだけのことです。
   僻み根性は醜いだけです。

正論で,完膚なきまで 妄信を砕き,健全な米国社会を示すことを期待します。

|

« 「スプレー缶」の捨て方。 | トップページ | 米国公立学校 の壁画が旭日旗に似ているからと撤去できるかー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「スプレー缶」の捨て方。 | トップページ | 米国公立学校 の壁画が旭日旗に似ているからと撤去できるかー »