« 見出しに見る「勘違い」(その433) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その434) »

2018年12月22日 (土)

米国公立学校 の壁画が旭日旗に似ているからと撤去できるかー

NBC Southern CaliforniaDec.17,'18 付け “LAUSD Puts Mural-Removal Plans on Hold at Koreatown School”(ロス・アンジェルス統一学区はコリア・タウンの学校の壁画撤去計画を保留)の見出し記事がありました。

韓国系住民の異常さと,米国の正常さが示されようとする記事です。

下記,翻訳転載します。

*************************************

大日本帝国の戦闘旗(Japanese imperial battle flag) に似ているとして批判を浴びていた,コリア・タウンの学校の,俳優エバ・ガードナーの壁画が残されることになった - 壁画を塗り込める計画を覆し,月曜日に同学区が通告した。

ロサンゼルス統一学校区の運営管理者であるユージーン・ヘルナンデスは,ロバート・ケネディ・コミュニティ・スクールの壁画プロジェクトに関心を寄せる人々に送った電子メールで,今後,情報を入手した後,「さらなる会話が必要」と告げた。

「このため,現時点では壁画に対して即座に対応するつもりはない。」と同氏は,冬休み後に問題を再検討するために利害関係者会議を開催すると述べた。

ロス・アンジェルス統一学区(LAUSD:Los Angeles Unified School District )の関係者は,今月初め,韓国系の活動家グループからの苦情に応じて,ボー・スタントン(Beau Stanton)制作の壁画を上塗りする計画だと語った。

彼らは,壁画の背景にある光線が日本の戦闘旗を連想させ,第二次世界大戦前,戦中の残虐行為(atrocities)の記憶を呼び起こす(invoke)と主張した。

Wall_paint
スタントンは,光線の数や大きさ,色などの重要な違いを主張して,日本の旗と彼の作品の間の如何なる関連も否定した。

Wall_paint_03
週末,アーティストのシェパード・ファイヤー氏はロサンゼルス・タイムズに,もし スタントン氏の壁画が削除された場合,ロバート・F・ケネディに因んで描いた(depict)同じ施設の,自分の壁画を削除することを主張すると語った。

Wall_paint_02
この複合施設は,1968年にケネディが銃撃されたアンバサダー・ホテルの場所にある。

日曜日,ケネディの子供の一人がスタントンとフェアリーの反応の支持を表明したとザ・タイムズ紙は報じた。
フェアリーは,学校区が,見かけ上 最も抵抗のない方向であると思われるものに屈して(succumbing)愚かな決断(poor decision)を下したと理解することが重要だと述べた。
・・・・
(転載了)
*************************************

社会が,あるいは 世界が,いつも 韓国系住民の我が儘や勘違いに応じるとは限りません。

「日本の戦闘旗とは違う,関連性はない」と反論するのではなく,できれば 「何故,旭日旗がいけないのか?」と正面から 彼らの愚かで非合理的主張に反論して,韓国系住民の考えを砕き,矯正していただければありがたいのですが,そこまで望むのは無理でしょうね。
まずは 表現の自由でー。
壁画を描いたスタントン氏は17日,弁護士を通じ,壁画が消去された場合はロス・アンジェルス統一学区を訴える方針を示しています。
そうなればなったで 韓国系住民の愚かな妄想が裁判沙汰になり,面白いかも知れません。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その433) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その434) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その433) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その434) »