« 久しぶりの 「メロゴールド」 | トップページ | 「焼き芋」を食べた,がー 。 »

2018年12月 8日 (土)

スマートフォンが通じない。

ソフトバンクのスマートフォンが 12月6日 午後,数時間,日本中で機能不全に陥りました。

原因は “Ericsson”(エリクソン)製の設備にあったようで,同じ設備を使っている英国の通信会社でも ほぼ同時刻に機能不全となったようです。

英国のメディアも報じています。

THE VERDE’が Dec. 6, 2018付け 見出し “Millions of smartphones in UK and Japan reportedly taken offline by Ericsson equipment issue”(英国と日本の数百万人のスマートフォンが エリクソンの設備の問題でオフラインにー)の見出しで伝えています。

*************************************

英国と日本両国全土でスマートフォン機能不全となった事故の背景に エリクソンの設備の問題があると,ファイナンシャル・タイムスが報じた。

日本のソフトバンクが機能不全の緊急事態に陥ったのと同様に,英国 ‘Telefónica’ の‘O2’ネットワークは午前5時にダウンした。

ソフトバンクには日本で 3,000万人強の契約者がおり,英国の “O2” は,そのネットワークを活用している “Tesco Mobile” と “Giffgaff” を含む 通信業者(MVNO: Mobile Virtual Network Operator) を加えて 3,200万人の契約者がいる。

「ファイナンシャル・タイムズ」は次のように伝えているー
状況に詳しい2つの情報筋によれば,機能停止と,O2,ソフトバンク,さらにスウェーデンのメーカー エリクソンも確認しようとしなかった主張の責任は エリクソンにあるとしている。

声明のなかで,“O2”は,グローバルサプライヤの一つとの「グローバルなソフトウェア問題」が機能停止の原因であると述べた。 エリクソンの機器を使用しているソフトバンクは,問題の「原因を調べている」と語った。

この報道公開時には,“O2” と “DownDetector” の両方が 依然として英国の “O2” のネットワークでの問題が伝えられているが,ソフトバンクは,約5時間のダウン後,サービスを復旧した。

ソフトバンクは あと2週間ほどで,日本の歴史上最大となる,モバイル子会社の株式公開の開始を準備している。同社の株式は木曜日に 6% も下落した。

*************************************

英国での通信障害は 木曜日 午前5時(過ぎ)と報じられており,日本との時差は 9時間なので,日本では午後2時(過ぎ)となりますが,日本での発生は 13時39分とされています。

偶然にしては 近すぎるし,GMTで,ある(設定された)タイミングがあったとすると 微妙に異なるのが気になります。
今回の状況から,適当に待ち合わせ場所を決めた待ち合わせで,互いに居場所を携帯電話で伝えながら 接近して行って 「見えた!」などというのは,20数年前には できなかったことを思い出しました。
今回は,皆さん,苦労したことでしょう。

|

« 久しぶりの 「メロゴールド」 | トップページ | 「焼き芋」を食べた,がー 。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりの 「メロゴールド」 | トップページ | 「焼き芋」を食べた,がー 。 »