« 見出しに見る「勘違い」(その441) | トップページ | シャーロック・ホームズが “86” の語源を説明していた。 »

2019年1月22日 (火)

中国の新語,「巨大児」,「覇座」。

2018年,中国で流行語となった「巨嬰(巨大児)」は 「出生時の体重が 4,000g以上の新生児。」(因みに 私は,予定日より 1ヶ月遅れて生まれた,出生時体重 1貫180匁=4,425g の巨大児で,去年他界した 身長 150cmに満たない母親は,おんぶした私の足が地面に着いたとか,背中で暴れるとふらついたと,冗談を聞かされた)ではなく,『精神状態が赤ん坊のまゝ大人になって,自己中心的で思うようにならないと極端な行動に出て,ルールも無視してわがまま放題にふるまう大人』(「一人っ子政策」の後遺症?) のことです。

これは 最近 見た TVの情報番組で 中国の新しい言葉 「覇座」を紹介するときに 説明されました。

覇座」とは?
電車で 不当に席を占有して 注意されても抵抗して,なかなか席を開けない人(状況)を言うようです。

前置きとしてー
中国の電車(日本の新幹線に相当)には自由席がなく,指定席のみ。
但し,切符には 「席指定切符」と 「席指定なし切符」があり,値段は 例えば \2,000 と \500。
「席指定なし切符」の場合,席が空いておれば座っていいが,その席の指定切符を持った乗客が来れば 席を立たないといけないー というシステムとのこと。

紹介された 「覇座」の例はー

ケース 13席を占領して寝転がっている女。
   「指定席切符」を持っているが,並んだ3席に寝転がっていて 警察官が起こそうとするが抵抗する。
   「触るな」,「鉄砲持っているなら,撃ち殺せ」などと叫ぶ。
    最終的には 電車から降ろされ 5日間の拘留。

ケース 2席を空けない「指定なし切符」の女。
    「先に座ったんだから私のものよ」と叫んで動かない。
    最終的には 電車から降ろされ,罰金。
    このケース以後,同様のケースでの 5日間拘留が採用された。
    中国では 裁判(簡易裁判を含んで)を経ず,警察が拘留(罰)を決定できる。

ケース 3自分の指定席に座らず,他の席に座って動かない男。
     自分の指定席に座るように言われ,その席の指定切符を持つ人にー
     「あなたには 3つの選択肢がある。
        ① 私の指定席に座る。
        ② 別の席に座る。
        ③ 立ったままでいる。

      と言い,自席に移らなかった。
     最終的に 電車を降ろされ 拘留 5日間。

巨嬰(巨大児)」たちの仕業です。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その441) | トップページ | シャーロック・ホームズが “86” の語源を説明していた。 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その441) | トップページ | シャーロック・ホームズが “86” の語源を説明していた。 »