« 「呉市水産祭り」 で買ったものはー | トップページ | 『スウィーティー』 があった。 »

2019年2月12日 (火)

N.Y.Times の慰安婦に関する記事に対する日本政府の反論

New York Times が,1月29日,韓国の元慰安婦・金福童さんの死亡を伝える記事 (Kim Bok-dong,Wartime Sex Slave Who Slave Sought Reparations for Koreans,Dies at 92 )の中で 「金さんの持続的なキャンペーン(慰安婦関連活動)が,自身と似た数千人の女性が抱えてきた苦痛に対する国際的な関心を引くのに寄与した」とし,「金さんは不屈の活動家の一人だった」 と紹介しました。また 「金さんは入院中に記者が訪れた時,安倍首相が贖罪を拒否していると批判した。」とし 「私たちが(日本を相手に)戦うのはお金のためでない。私たちが望むのは名誉回復のための日本の誠実な謝罪と法的賠償だと語った。」と伝えました。

これに対して,日本政府は 外務省報道官の名前で 「日本は従軍慰安婦に誠実に謝罪した」 の反論を New York Times に寄稿し,2月7日に電子版に掲載されました。

以下,この反論を 拙訳と共に転載します。

*************************************

N.Y.Times,Feb.7, '19  Opion Letter

Wartime Sex Slaves: Japan Respond / A Foreign Affairs Ministry official describes Tokyo’s atonement and healing efforts.

戦時中の性奴隷:日本の反応/外務省報道官が東京の贖罪と癒しの努力について述べる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

To the Editor:

ReKim Bok-dong, 92, Wartime Sex Slave Who Campaigned for Justice, Dies”  (obituary, Jan. 29):
「金福童,92歳,正義のために運動をした戦時の性奴隷,死去」への反論

The Japanese government recognizes that the issue of the comfort women in World War II was a grave affront to the honor and dignity of many women. Japan has extended its sincere apologies and remorse to former comfort women on many occasions.
日本政府は,第二次世界大戦における従軍慰安婦の問題は多くの女性の名誉と尊厳に対する重大な問題であると認識している。日本は,誠実な謝罪と慰めを元慰安婦に何度も差し伸べてきた。

Although all issues of property and claims between Japan and South Korea, including the issue of the comfort women, were legally settled, Japan has made an effort to recover the honor and dignity and heal the psychological wounds of all former comfort women.
慰安婦の問題を含む,日韓間の財産および主張の問題はすべて合法的に解決したが,日本は慰安婦が名誉と尊厳を取り戻し,かつての慰安婦すべての心理的傷を癒すための努力をしてきた。

In 1995, Japan established the Asian Women’s Fund, to which the government made a contribution of about $46 million in total. The fund handed atonement money to former comfort women, including those in South Korea, and successive Japanese prime ministers sent letters of apology directly to each woman.
1995年,日本はアジア女性基金を設立し,政府はこれに総額約4,600万ドルの拠出を行った。 この基金は韓国を含む元慰安婦に贖罪金を渡し,それに続いて 日本の首相は各婦人に直接謝罪状を送った。

Furthermore, Japan and South Korea reached agreement in 2015 on the final and irreversible resolution of the issue. Japan provided about $9.7 million to the Reconciliation and Healing Foundation established by South Korea to provide support for the former comfort women. Thirty-four of the 47 surviving women received support from the fund and welcomed the effort.
さらに,日本と韓国は,2015年に この問題の最終的かつ不可逆的な解決について合意に達している。 日本は元慰安婦を支援するために 韓国が設立した和解と癒しの財団に約970万ドルを提供し,生存している 47人の女性のうち34人がこの基金から支援を受け,その尽力を歓迎した。

This is an undeniable fact.
これは否定できない事実である。

Takeshi Osuga
大菅 岳史
Tokyo
The writer is press secretary for the Ministry of Foreign Affairs of Japan.
日本国外務省報道官記


(転載了)
*************************************

1月29日の記事は,N.Y.T. ソウル支局長  Choe Sang-Hun(チェ・サンフン)記者(韓国人か韓国系米国人か不明)が書いています。

N.Y.T.編集長,日本外務省報道書記官の説明が理解できたでしょうか?不思議なのは,この韓国系記者の記事をそのまま載せたことです。その内容の真偽に何の不安も感じなかったのでしょうか? 韓国人の特性に関する勉強が必要なようです,さもないと信用を失います。

To the editor: Do you understand the description of the Ministry of Japanese Foreign Affairs? What is strange is that you put the article of this Korean reporter as it is.  Did not you feel any doubt about the truth of its contents by the Korean? 
You seem to have to learn about the characteristics of Koreans, otherwise you may lose credibility.

|

« 「呉市水産祭り」 で買ったものはー | トップページ | 『スウィーティー』 があった。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「呉市水産祭り」 で買ったものはー | トップページ | 『スウィーティー』 があった。 »