« “World's Healthiest Nations” で 日本は? | トップページ | 映画 「スピード」で 緊急時の英会話を聴く。 »

2019年3月 6日 (水)

Forbes の「世界で もっとも賢い国 25」で 日本は1位。

Forbes’が Jan.11,'19 付けで  “Ranked: The 25 Smartest Countries In The World”(世界でもっとも賢い 25ヶ国)のタイトルの報告を掲載していました。

翻訳転載します。

*************************************

全体的にみると,我々 人間はかなり賢い集団(bunch)である。 この惑星での短い時間で,我々は 原子を分裂させ,宇宙を旅し,LSDlimited slip differential )を作り,そして犬のための傘を発明した。そう,みんな賢い。

しかし,これらの発明,発見,そして大きな飛躍の大部分は,霊感を受けた天才や,一人の,孤独で 献身的な男性や女性の労苦(toil)によるものではなく,集合的な努力の結果である。 では,世界で最も賢い国(cleverest nation) はどこだろう?

どこの人々が 我々の,種としての進歩に最も貢献したのだろうか?どの国の学力が最も高く,そしてどの国が最高のIQを持っているか。これらが,次に進む場所を決定する際の重要な貢献要因になることは疑いようがない。

幸いなことに,‘Vouchercloud’はあなたのために大変な仕事をし,熱心に調査して,世界のトップ25ヶ国を知性によってランク付けした。

歴史における知性を表すための各国が獲得した「ノーベル賞の数」【過去】,「現在の平均IQ」【現在】,および次世代の潜在的知性を表すための「学力」(education attainment)【未来】を含んで知性を定量化した。

Clever_country_list

アジアとヨーロッパがリストの大部分を占めており,日本が 「学力」で5位,「ノーベル賞」および 「現在のIQ」の両方で6位と,3つの評価基準すべてで上位にランクされ,トップになった。

米国は印象的な第4位になっている。しかし,そのランキングは 368のノーベル賞 -2位の英国の ほぼ3倍 - という異常な優位性(extraordinary dominance)で獲得したものである。
米国は 「現在のIQ」は 下位の28位,「学力」は13位の中等度にランクされていて,いずれも将来のランキングを予言する(bode)ものではない。

ヨーロッパは現在の上位10ヶ国に印象的な5ヶ国 - 第2位にスイス,第5位にオランダ,第6位にロシア,第7位にベルギー,そして第8位にイギリス - がランクインしているが,未来を暗示する(point to)のはアジアである。

25位にランクインしたのはシンガポールである。「現在のIQ」と 「学力」の両方で1位にランクされているが,「ノーベル賞」の73位という低い順位により,総合ランキングが大きく歪んでいる(greatly skewed)。それでは,シンガポール,すぐにトップで会おう。(See you at the top soon then, Singapore!

Ranking_of_element
Nobel prizes
ノーベル賞

「ノーベル賞」による上位25ヶ国は,驚くことではないが,西欧諸国によって独占されている。

アジアの知性(intelligentsia)の容赦のない行進(inexorable march)が,当然のことながらますます多くの賞を獲得する(garner)だろうから,今後 数年間にわたって同じ状態のままでいられると期待しない方がいい。

Current national IQ
現在の 国のIQ

このリストで トップに並ぶアジアから抜け出すには,7番目にスクロールしなければならない。フィンランドがそのマークを付けた最初の西側の国である。

アジアに行く! 米国は 「国のIQ」の上位25位までに入ることさえしてないが,驚くべきことに,モンゴルが平均IQで100を突破して 12位に飛び込んでいる(storm into)。

School achievement
学力

IQランキングを考えれば大きな驚きはないが,アジアが 生徒の「学力」で上位5つのランキングを占めている。

米国が13位であるのに対して,ロシアは全カテゴリーの中で最高の6位である。
英国はどこにも見られない。しかし,リストに1つの驚きがあるならば,それはおそらく 9位のカザフスタンだろう。

(転載了)
*************************************

分り易いファクターでランキングしていますが,将来の可能性に関しては 「IQ」,「学力」を如何に活かすかが重要です。
特に 今回の日本のランキングに 大きく貢献している ノーベル賞受賞者の数が 文字通り,過去の栄光と遺産とならないような国の施策を考えることが,日本の課題です。

日本が “Smartest”,“Cleverest” で 世界1位,この評価をどう見るかは ・・・ 複雑です。

それにしても 今年になって 日本はー
・‘U.S.NEWS & WORLD REPORT’の “Best Countries in the World” で 2位,
・‘U.S.NEWS & WORLD REPORT’の “Most Forward-Looking Countries in the World” で 1位,
・‘U.S.Global Investors’の “Most Educated Coutries in the World” で 2位,
・‘Bloomberg’の “World's Healthiest Nations” で 4位,
そして この “Smartest Countries in the World” で 1位。

世界で 存在を示しています。

|

« “World's Healthiest Nations” で 日本は? | トップページ | 映画 「スピード」で 緊急時の英会話を聴く。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “World's Healthiest Nations” で 日本は? | トップページ | 映画 「スピード」で 緊急時の英会話を聴く。 »