« 『ブリッジ・オブ・スパイ』 で英語を聴く。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その457) »

2019年4月 1日 (月)

消防訓練。

この冬は 雨が少なく,乾燥していたせいか 全国的に 火災の報道が多かった気がします。
それに 触発されたか,住んでいる集合住宅で 消防訓練を実施しました。

消防法で定める集合住宅に対する訓練実施のインタバルが1年に1回なのか,3年に1回なのか,調べてもよく分らず,管理組合の理事長を務める私としては 不甲斐ないところですが,管理会社のアドバイスで実施を決めました。
実施計画は管理会社作成,消防署への届け出もお願いしました。

火元は理事長である私の部屋,119番通報(訓練通報)も私,計画出火時刻の前に予め,消防署指令室に電話しておく必要があります。
計画出火時刻前に携帯電話で 「10分後に 119番訓練通報するので,よろしく。」と断りをいれたところ,「了解だが,固定電話で連絡をお願いしたい」 とのこと,「理由は?」と訊くと,「固定電話からだと場所が特定できる」 とのことでした。消防署は 電話番号によって住所が分るしくみを持っているようで,実際の119番通報の後,住所を言う前に倒れた場合などに有効なのでしょう。勉強になりました。

 「火災発生!」と叫ぶことで訓練を開始することにしていましたが,その日,各戸の火災検知器検査を実施していて,火災検知器に熱を加える道具を持った検査員がまだいたので,私の部屋の検知器に熱を加えて 火災警報ベルを鳴らすことにしました。
訓練開始,火災警報のベルが集合住宅中に鳴り響きます。大声で「火災発生」と叫んでも,発声訓練不足の私では ベルの音量を超える声は出ないので,叫ぶのを止めます。消火担当者が消火器を手に取り,消火ポーズ。
ここで 119番に電話して 「訓練通報」と2回言って 「火災発生。 ・・・ 」と必要な状況を伝えるところですが,私は 既にスニーカーを履いていて,紐を解いたり,結んだりするのが面倒なので,まだ屋内にいた 家人に 「119番」通報を頼みました。
後で 通報時の消防署のレスポンスを訊くと,「何階建てか?出火階は?けが人は?」,「消防車は5台出動するが,救急車は出動しない。必要あれば そのとき連絡を。」などだったそうです。

階段で屋外にー
防火責任者が 脱出者の部屋番号と人数をチェックしていました。
屋外で 消防署員から 出火時の注意と 消火器(変換のトップに「小火器」が出た,まずい。)操作方法の説明があって 訓練を終えました。

_20190323_130333
Dsc_1792_1

 

 

 

 

 

 

 

 消防車で来訪した消防署員諸氏の協力,指導を戴きました。

 

|

« 『ブリッジ・オブ・スパイ』 で英語を聴く。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その457) »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ブリッジ・オブ・スパイ』 で英語を聴く。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その457) »