« 米国での 大学不正入学事件は ・・・ 。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その455) »

2019年3月18日 (月)

「死刑台のエレベーター」の車

Dsc_1773NHK BSプレミアムでフランス映画 『死刑台のエレベーター』(‘Ascenseur pour l'échafaud’ / ‘Elevator to the Gallows’,1958)を観ました。
モーリス・ロネ(‘Maurice Ronet’,1927 ~ 1983)と ジャンヌ・モロー(‘Jeanne Moreau’, 1928 ~ 2017)共演の サスペンス映画です。

マイルス・デイヴィスのトランペットが全編に流れます。

使われた 1950年代の車です。

Dsc_1774Dsc_1775

Dsc_1776
主人公 ジュリアン・タヴェルニエの車は ‘1952 Chevrolet Styleline De Luxe Convertible Coupe’です。

Dsc_1790Dsc_1785






Dsc_1782Dsc_1784






Dsc_1783
モーテルで 殺されるドイツ人の車は ‘1957 Mercedes-Benz 300 SL Coupé’,道の両側に駐車している ‘1954 Citroën 2CV’のリア・ヴューが見えます。
メルセデス・ベンツ・300SL は,「ガルウィング・ドア」が特徴的です。

「シトロエン 2CV」 は1948年に開発された「国民車」と言われる車で,これに相当する日本の「国民車」は,13年遅れて 1961年に発売された 「トヨタ・パブリカ」(800cc,サラリーマンが買える車)でしょうか。
*日本語 Wikipedia の「シトロエン 2CV」の 名称の項に 「『2CV』はフランス語で 「2馬力」を意味する deux chevaux: [dø ʃ(ə)vo] ドゥ シュヴォ)の略語である。」と書いています。
私は 子供の頃から 「水平対向2気筒エンジン」の 『2気筒』に由来する 「2CV」と思っていました。(CVが何か分っていませんでしたが ・・・ )
そもそも いくら簡素・軽量な車でも 2馬力で走る?

英文 Wikipedia には “two tax horsepower”(2課税馬力)とあり,「課税馬力」と 「実馬力」の関係は?どう違う?
「課税馬力:シリンダー径,シリンダー数などによって便宜的に課税基準となる馬力値を算出するというもので,当然その値は実勢と大きくずれることがある。」とあります。
又,CV は ‘chevaux-vapeur’の略で それぞれ 「馬」(単数は ‘cheval’),「蒸気」の意味のようです。

Dsc_1787Dsc_1789ジュリアン・タヴェルニエが勤める会社の社長の妻でジュリアンの愛人フロランス・カララが乗っていた車は ‘1956 Renault Dauphine’でした。

マイルス・デイヴィス クィンテットによるオリジナル・サウンド・トラックのレコードを持っていました。
最後に聴いたのが いつだったか 忘れました。

Dsc_1791Dsc_1793

|

« 米国での 大学不正入学事件は ・・・ 。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その455) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国での 大学不正入学事件は ・・・ 。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その455) »