« 見出しに見る「勘違い」(その453) | トップページ | 「オロブランコ」に貼られたシールの ‘3092’は ‘PLU Code’ »

2019年3月10日 (日)

映画 『運び屋』 を観た。

映画 『運び屋』(‘The Mule’,2018)を公開初日に観ました。

001
クリント・イーストウッド(‘Clinton Eastwood Jr.’,1930~ )の監督,主演です。

サム・ドルニック(Sam Dolnick)によるニューヨーク・タイムズ紙 2014年6月14日付けの記事 「シナロア・カルテルの90歳の麻薬の運び屋」(The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule)に基づいて,ニック・シェンク(Nick Schenk)が脚本を執筆した,80歳代に シナロア・カルテルの麻薬の運び屋になった退役軍人 レオ・シャープ(Leo Sharp)の実話です。

原題 ‘The Mule’の‘mule’の意味はー
【1名】
    1.《動物》ラバ
    2.〈話〉〔頑固な,強情な]やつ
    3.〈米俗〉〔麻薬・密輸品などの〕運び屋
    4.〔子孫を残さない〕雑種◆近縁の異種同士の,子孫が残せない雑種
【2名】
    〔履物の〕ミュール◆かかとを覆う部分がないスリッパや靴。

- スラングの「麻薬の運び屋」が,邦題はそのまま 『運び屋』 になっています。

話はー

80歳代のアール・ストーンは,イリノイ州ピオリアに住み,デイ・リリー(1日だけ咲くリリー)を栽培する退役軍人の園芸家だった。デイ・リリーのコンテストで優勝するほどの腕があるが,破産寸前で,家族とは離れて暮らしており,孫娘を除く 元妻,娘とうまくいってなかった。
ついに 破産して住まいと農園を差し押さえられたアールは,トラックに身の回りの荷物を積んで元妻の家に行くが うまくいかない。
当てもなくトラックで走るアールは,ふとしたことから メキシコの麻薬カルテルのコカインを運ぶ「運び屋」になってイリノイ州を走る。

年齢,人種,前科無し,および交通ルール遵守により,誰にも疑われることもなく仕事を果たし,アールは すぐに組織に信用されるようになり,大量の麻薬を託され,多額の報酬を手に入れた。

彼は麻薬運搬で得た金で,新しいトラックを買い,経済的問題を解決し(差し押さえ農園を取り戻し),地元の退役軍人クラブ(VFW Post:Veterans of Foreign Warsの改装費や,彼の孫娘の結婚式や教育費の支払いを行う。

FordLincoln






(左は運び屋を始めた時のFord のトラック,右は 報酬で買い替えた LincolnPickup Truck。)

彼は,「タータ」(祖父)と呼ばれカルテル・メンバーと仲良くなっていった。

そして ・・・ 。

*************

麻薬カルテルのボス,レイトンを アンディ・ガルシア(‘Andy Garcia’,1956~ )が演じていました。
Andyアンタッチャブル」(‘The Untouchables’,1987)では,警察学校の生徒から引き抜かれた射撃の名手,ジョージ・ストーン,「ブラック・レイン」(‘Black Rain’,1989)では,松田優作演じる ヤクザの佐藤を米国から マイケル・ダグラス演じるニックと共に日本に護送してくるも,日本で逃がしてしまい,大阪府警と共に佐藤を追って,佐藤の罠にはまり,ニックの前で なぶり殺される 若い刑事チャーリー・ビンセントを演じており,好きな俳優ですが,やや肉が付き,精悍さがなくなっていました。「オーシャンズ」シリーズで既に 貫録を出していましたが・・・。

もう一人,気が付いた男優に マイケル・ペーニャ(‘Michael Anthony Peña’,1976~ )がいました。
Pena麻薬密輸を追う 麻薬取締局(DEA:Drug Enforcement Administration)の捜査官 コリン・ベイツ,演じるは 「アメリカン・スナイパー」のクリス・カイル役 ブラッドリー・クーパーBradley Cooper, 1975~ )の相棒 トレビノを演じていました。
ザ・シューター/極大射程」(‘Shooter’,2006)では新米FBIエージェント,「L.A.ギャング スター」(‘Gangster Squad’,2013)では L.A.のギャング,ミッキー・コーエンの組織を壊滅するためにロス市警本部長の特命で組織されたグループに自ら志願して加わったナビダド・ラミレスを演じました。いつも 善良で,純朴なメキシコ系の警察官などいい役を演じます。

*****************

本映画の麻薬シンジケート 「シナロア・カルテル」については 英文 Wikipediaで 次のように書いています。

「シナロア・カルテルは,グスマン・ロエラ(Guzmán-Loera)組織,パシフィック・カルテル,連合,血の同盟としても知られている,1988年に設立された国際麻薬密売,マネー・ロンダリング,および組織犯罪シンジケートである。
カルテルは主に,シナロア州(Sinaloa)クリアカン市(Culiacán)に拠点を置き,カリフォルニア州のバハ・カリフォルニア(Baja California),デュランゴ(Durango),ソノラ(Sonora),および チワワ(Chihuahua)で活動している。
ベルトラン・レイバ(Beltrán-Leyva)兄弟が シナロア・カルテルと別れて,「連盟」は部分的に解体した。

米国の情報機関は シナロア・カルテルを 『世界最強の麻薬密売組織』 と見做しており,2011年には ロス・アンジェルス・タイムズは 『メキシコ最強の組織犯罪グループ』と呼んだ。
その国外におけるテリトリーは -
   ・アジア:ベトナム,中国,カンボジア,フィリピン
   ・ラテン・アメリカ :ほぼ全土
   ・米国:アリゾナ,カリフォルニア,テキサス,ニューメキシコ,イリノイ,オレゴン,ミシガン,インディアナ,フロリダ,コロラド,ニューヨーク,ニュージャージー等
   ・ヨーロッパ:スペイン,ドイツ,ロシア,イタリア,アルバニア
   ・パシフィック:オーストラリア,ニュージーランド
に及ぶ。

犯罪種類: 『マネー・ロンダリング』,『麻薬密売』,『武器密売』,『殺人』,『誘拐』,『贈賄』など」

*************************************

映画を観終わって 広島の中心地に出ました。
中央通りの街路樹の モクレンが 咲いていました。

Dsc_1749Dsc_1750

|

« 見出しに見る「勘違い」(その453) | トップページ | 「オロブランコ」に貼られたシールの ‘3092’は ‘PLU Code’ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その453) | トップページ | 「オロブランコ」に貼られたシールの ‘3092’は ‘PLU Code’ »