« 見出しに見る「勘違い」(その461) | トップページ | TVでの面白い発言(その51) »

2019年4月17日 (水)

映画「パトリオット・ゲーム」の英語を聴く。

NHK BSプレミアムで 『パトリオット・ゲーム』(‘Patriot Game’,1992)を観ました。

トム・クランシー(‘Tom Clancy’,1947~2013)原作の,CIA分析官(後に米国大統領)ジャック・ライアン シリーズの,映画化された5作品の中の2作品目で,ハリソン・フォードが ライアンを演じています。

5作品は次の通りです。

① 「レッド・オクトーバーを追え」(‘The Hunt for Red October’,1990年)。CIA情報分析官 ライアンを演じたのは アレック・ボールドウィン。
② 「パトリオット・ゲーム」(‘Patriot Game’,1992) 海軍士官学校教官 → CIA情報分析官
今そこにある危機」(‘Clear and Present Danger’,1994) CIA情報担当次官補佐官→ 次官代行を演じたのは 2作目に続いて ハリソン・フォード。
④  「 トータル・フィアーズ』(‘The Sum of All Fears’,2002),CIA情報分析官(原作は 情報担当副長官)を演じたのは  ベン・アフレック。
⑤  「エージェント:ライアン」(‘Jack Ryan: Shadow Recruit’,2014),海兵隊員→ CIA分析官を演じたのは クリス・パイン。この作品は原作にはない,映画オリジナルです。

この 「パトリオット・ゲーム」ではー
海軍士官学校・教官のジャック・ライアンは 招待されて 講演のためロンドンに滞在中,偶然,IRAのテロ集団による英国王室襲撃の場に遭遇,とっさに 襲撃メンバーを攻撃し,奪った銃でメンバーを射殺します。死んだのは 同じテロ集団にいたショーンの17歳の弟でした。
ショーンは逮捕されますが,護送中,仲間による護送車襲撃で逃亡し,ジャック・ライアンへの復讐のため,帰国したライアン家族を襲います。娘が重傷を負ったものの,何とか家族三人は助かりますが,ライアンは更なる襲撃に備えて CIA 分析官に復帰し,IRAテロ集団の行方を分析し,偵察衛星によって 北アフリカでに存在する複数の軍事訓練キャンプのうちの一つに目星を付けました。
このキャンプを襲撃すべきか否かー CIA内で会議が開かれます。

この会議での,ジェームズ・アール・ジョーンズ(‘James Earl Jones,1931~  )演じるCIA副長官 ジェームズ・グーリア提督との会話を英語で聴いてみました。

Dsc_1853
・・・ if that is Cooley, the odds of coincidence are dropping fast.

Dsc_1854
But still, there's no way l can be ・・・
Dsc_1855
absolutely certain.
Dsc_1856
Jack, tell me one thing in life that is absolutely certain.
Dsc_1857
My daughter's love.
Dsc_1858
What l need is your best guess, and l think l've heard it.
Dsc_1859
Haven't l ?
*******************************

|

« 見出しに見る「勘違い」(その461) | トップページ | TVでの面白い発言(その51) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その461) | トップページ | TVでの面白い発言(その51) »