« 「チャールズ・ブチンスキー」 を知らなかった。 | トップページ | 桜田大臣辞任の BBC News の伝え方 »

2019年4月12日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その460)

「在韓日本大使館の建築許可取り消し 『本国の事情』で着工せず」  2019/4/10 聯合ニュース・日本語版
   ‘韓国のソウル市鍾路区が3月4日,在韓日本大使館の新築ビルの建築許可を取り消したことが 10日,分かった。ビルの建築許可は 2015年に出されていた。
   鍾路区関係者は「2月末,事前の打ち合わせで大使館側が本国の事情により着工ができず,建築許可の取り消しを受け入れるとした」として,「手続き通り、許可を取り消した」と述べた。
  建築法上,建築許可を受けたら1年以内に着工しなければならない。やむを得ない場合は延期の申請が可能で,延期の申請なく2年が過ぎれば許可が取り消される。
  鍾路区は日本大使館側に対し,数回にわたって工事を始めるよう要請したが,大使館側はこれといった反応を示さなかったという。
 鍾路区の関係者は 「再び建築許可を受ければ工事は可能だ」として,「取り消した後,日本側から特別な連絡はなかった」と述べた。
 日本大使館の建築許可が取り消された背景を巡っては,大使館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が設置され,毎週水曜日に慰安婦問題の解決を求める集会が開かれていることと無関係ではないとの見方が出ている。
 日本大使館は 2020年の完成を目指し,1976年に建てられた本館の敷地に地下3階・地上6階建ての新しい大使館ビルを建てる計画を決め,2015年7月に近くのビルに臨時移転している。・・・ ’ とのことです。
  しばらくは着工はできず,更地のままとなりそうです。道を隔てて設置された「少女像」(慰安婦像)は 何を見ているでしょう。これを撤収したら考える,ってこともないでしょう。 日本サイドは何の焦りも,困惑もなく,韓国に大使館はなくてもいいような雰囲気ですが,韓国は何故か焦っているようです。

「米儀仗隊,色あせた太極旗が物議…青瓦台『確認中』」  2019/4/11 中央日報・日本語版
   ‘韓米首脳会談のため10日(現地時間)に訪米した文在寅大統領を迎える席で米儀仗隊が色あせた太極旗を使ったという指摘が出た。
   11日,青瓦台(大統領府)によると米儀仗隊は同日午後5時36分頃にアンドルーズ空軍基地に到着した文大統領夫妻の訪問を歓迎し,米国の星条旗と韓国の太極旗を手にし両側に並んだ。しかし,この時使用された太極旗の太極模様の色が「空色」に色あせていたということだ。

In-usa True

 

 


   ニュース1の報道によると青瓦台関係者は「写真の角度や光の量によって違うように見える可能性があるため太極旗が明確に違うものだったのかについて確認が必要だ」とし,「ただ,朴槿恵前大統領が行った時にも同じ太極旗が使われたものと見られる」と話した。
   実際,朴前大統領が2016年3月31日に核安保首脳会議出席のために米国を訪問した時も太極の円の下側の色が薄い空色に見える太極旗を使用した。
   これに関し,金仁チョル 外交部報道官も同日「確認し,(メディアに)お知らせすべきことがあればお知らせする」と述べた。’ との報道です。
   確かに 「紺色」が「空色」です。これは 厳しく トランプ大統領に抗議すべきでしょう。
   但し,「自国で 皺だらけの自国旗を掲げたのに比べれば 大したことではない。」 あるいは 「It must be blue,not green.」などと返される覚悟が必要です。

どこまでも 劣等感に苛まれています。

|

« 「チャールズ・ブチンスキー」 を知らなかった。 | トップページ | 桜田大臣辞任の BBC News の伝え方 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「チャールズ・ブチンスキー」 を知らなかった。 | トップページ | 桜田大臣辞任の BBC News の伝え方 »