« 見出しに見る「勘違い」(その472) | トップページ | 訪日したトランプ大統領に関して気になったことは? »

2019年5月30日 (木)

ニューヨーク・タイムズの 小室氏騒動の伝え方。

The New York Times’ の Apr.29, 2019付けで “The Suitor With the Shaggy Hair” (もしゃもしゃ頭の求婚者)と題する記事がありました。
survival of the throne: episode five’ (皇位の存続:エピソード5)とあるので シリーズ記事の 5番目のようです。

副題は  ‘Princess Mako was never getting anywhere near the Japanese throne. But the public still seemed to have a say over her romantic life.’ (プリンセス眞子は日本の皇室の皇位継承者ではない。しかし、大衆はまだ彼女のロマンチックな生活について言いたいことがある(have a say)ようだ。)

下記,翻訳転載します。(記事は 平成時代のものです。)

**********************************

火曜日に、日本の明仁天皇は この200年で初めて 皇位を退位した。

このシリーズの最初の4つのエピソードでは、世界最古の君主制(monarchy)が戦争の敗北,火炎瓶,心許ない求婚(precarious courtship)、そして明仁の息子 徳仁による跡継ぎ(heir)出産の失敗を乗り切って存続した。家族の物語はここでも続いている。

最後にパパラッチが小室圭をはっきり見たのは,彼は秋学期の始まりのために1年前にニューヨークのロースクールに着いた時だった。ソフト・ブリーフケースを振って,オフホワイトのブレザー,カーキ・パンツと茶色のウィング・チップ(brogues)というスタイリッシュな出で立ちだった。

そして、数週間前に、雑誌はアイロンがけが必要なシャツをパンツ・アウトで着て,クロックスの姿でキャンパス外にいる小室氏の写真を発表した。 彼の髪はもしゃもしゃに伸び,ファラフェルのカートで午後の軽食を注文していた。東京のテレビ局は疑問に思った:勉強に忙しくて散髪の時間がない?お金を節約するために遅い昼食をとったのか?

彼らの頭の中の疑問 - 実際,日本のほとんどすべての人 -は さらに指摘する :この男(guy)は明仁天皇の最年長の孫・プリンセス眞子にふさわしいのか?

皇室はドラマの欠如に苦しんだことは一度もない。 しかし最近の数十年で。他国であった色々なスキャンダルなどで,皇室を汚すようなことはなかった。婚外事件(extramarital affair),離婚,地位の悪用,ギャンブルの違反(gambling outrages)はなかった。

それどころか,日本の皇族は勤勉で(studious),共感的で(empathetic),ほとんど不自然なように気高くふるまう。しかし、皇位(Chrysanthemum Throne)は TMZ(管理者注:エンターテインメントとセレブリティに関するニュースサイト)とインスタグラムの時代をどのように乗り越える(weather)だろうか。

2年前,プリンセス眞子は 結婚するつもりの相手として,東京でリポーター達に 小室氏(27)を紹介した。

彼らは大学時代からデートしていた。 彼女は彼の笑顔が太陽と同じくらい明るいと言った。 彼は彼女が月のように静かに彼を見守っていると言った。彼らは、明仁自身が彼らに祝福(blessing)を与えたことを付け加え,そして大衆は熱狂した(swooned)。

タブロイド紙は,しかし,彼を詳細に調べた(put him under a magnifying glass)。1年も経たないうちに,未亡人である小室氏の母親が元彼氏(ex-boyfriend)から400万円(約36,000ドル)を借りたが,返済してないことを報じた。

この話は当時,パラリーガルとして働いていた彼女の息子とは何の関係もなかったが,家族の経歴が非常に重要である社会では,それは彼が身分とお金のためにプリンセスに求愛していた(courting)という疑惑を助長した(fueled suspicion)。
世論は彼に反対した(turned against)。 数週間後,宮内庁(the palace)は婚約を告げる(mark)正式な儀式を延期すると発表した。 「私は結婚についてもっと深く,そして具体的に考えたいと思います。」と27歳のプリンセス眞子は言った。

小室氏は,それからフォーダム・ロースクールに移り(decamp),宮内庁が彼に去るように圧力をかけたか,あるいは彼が,奨学金で(on scholarship no less) 学校に入学して 状況を操作したかとの憶測(speculation)を促した。

眞子の父親,天皇の息子,秋篠宮親王は,彼の将来の義理の息子が 「表面化した問題を解決する」まで,関係を祝福することができないと記者団に語った。(かつて,秋篠宮自身は彼の兄より前に結婚するために皇室に逆らった(defied)ことは気にせず。)

小室氏は,最近のインタビューで,36,000ドルがプレゼントであり,「不安を引き起こした」ことに謝罪したと説明した。彼の弁護士 - 彼は弁護人を雇っている - が最近のインタビューでクライアントのプリンセスに対する気持ちは変わっていないと言った。それでも 彼は2人がまだ話しているかどうかを伝えることは断った。

「通常,約束したカップルは誰でもコミュニケーションをとることができる。」と彼は言った。 「彼らがそうしないのは,不思議でしょう。」

一世代前,タブロイド紙は次の天皇である徳仁皇太子がシンデレラを見つけるかどうかに関して夢中になっていた。今、彼らは将来の(prospective)皇室の求婚者を転倒させよう(topplig) としていた。

どちらの話も,天皇制(the monarchy)の脆弱な存在を思い起させるるものだった。もし徳仁が結婚しなければ,彼は後継者を生み出すことはなかっただろう。 プリンセス眞子が結婚したとしても後継者になることは許されないだろう。

実際,彼女は自分の肩書きを放棄し,皇室を去る必要がある。

それは,女性を継承権から除外する,法律の下でのすべての皇族の女性への要件である。

例えば,天皇の娘である紀宮は,14年前に結婚したとき,ただの(plain)黒田さや子になった。

これは、皇室にはいくつかの実体のない分家(phantom branches)があり,すべて皇位(the throne)から切り離されていることを意味する。

ひとつは昼間 広告のコピーを書き,夜は詩を書く菊地明文さん(34)につながる。彼は明仁天皇のいとこの一人で茶道家の跡継ぎ(scion)と結婚して 皇族の称号を失ったプリンセスの息子である。
菊地氏は,他の国では認められるが,後継者として外されていることを気にすることはないと述べている。
結婚式や葬儀でほんの少しだけ会っただけのプリンセス眞子が 「彼女が欲しいものを追求することができる」ことを望んでいる 「私はトップ100人に入ると思う。」と述べた。

それは、現在85歳の明仁天皇と彼の妻である美智子皇后の立場でもある。 彼らは婚約についての直接的な意見を表明しないと昨年声明を発表したが,誰もが「プリンセス眞子が自身の決断をするのを待つべきだ。」と信じていた。

エピローグ

2016年7月の1週間,天皇はブルガリア,オランダ,南アフリカ,タイの大使のためにお茶会を催した。
彼は障害のあるアスリートのためのキャンペーンについて説明を受けた。 彼は博物館の展示会,子供の癌患者たちを支援するための募金活動を含むいくつかのコンサートに出席した。
前立腺癌,心臓外科手術の経験者である彼は,2回,健康診断を受けた。 そして,天皇・皇后両陛下は海岸の休暇別荘に修理した。

彼らが町を出ていた時,日本の公共放送局NHKはある晩,番組を速報で中断した。匿名の情報源を引用して,天皇が退位を希望していると伝えた。
これは驚くべき(stunning)ニュースだった。 200年以上,天皇の退位はなく,国会による承認が必要となる。

一ヶ月後,明仁天皇はテレビで国民に対してメッデージを公開した。

(転載了)
******************************

この記事の筆者は 次の方です。

Motoko Rich

Motoko Rich is Tokyo bureau chief for The New York Times. She has been a reporter with The Times since 2003, and has covered real estate, publishing, economics and education. She started her journalism career at The Financial Times in London and worked at The Wall Street Journal for six years in Atlanta and New York before arriving at The Times. Ms. Rich, who grew up in New Jersey, Tokyo and Northern California, is a graduate of Yale University and Cambridge University.

名前と経歴からは 日本(人)との関係がどの程度あるのか,皇室に対する知識,日本人の皇室に対する感じ方をどの程度理解しているかは不明です。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その472) | トップページ | 訪日したトランプ大統領に関して気になったことは? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その472) | トップページ | 訪日したトランプ大統領に関して気になったことは? »