« 訪日したトランプ大統領に関して気になったことは? | トップページ | 見出しにみる「勘違い」(その473) »

2019年5月31日 (金)

発音が難しい英単語は - 。

英語には発音が難しい単語があり,Native speaker でも難しい単語があるようです。
例えば 「セイロン」が 何故 「スリランカ(Sri Lanka)」に変わったのかを,かつて,スリランカ人に尋ねたとき,「元々は 『スリランカ』 だったのを,植民地にした英国人が 『スリランカ』 の発音が難しかったので 『セイロン』 としたのであって,『スリランカ』は 独立して 数十年経って元に戻しただけ」 との説明を受けたことがあります。

 ‘Independent.co uk’ (7 April 2015)に  “The most difficult words to pronounce in the English language revealed – as well as the world’s favourite English tongue-twisters” (英語で発音するのが最も難しい単語,そして 世界で人気のある英語の早口言葉)と題する記事があったので 読んでみました,

下記 翻訳転載します。

*****************************

非常に人気のある ‘Reddit’ スレッドは,英語を母国語としない人(そして時には母国語とする人でさえ)が言うのに苦労しているという言葉を公表している。 “Worcestershire”.(ウスターシャー),“Choir(合唱団),“Sixth(六つ目),一部の人にとっては,これらの単語は比較的普通で日常的と思えるかもしれない - しかし他の人にとっては,これらは比類のない(unrivalled)言語的挑戦 (linguistic challenge) を表しているとみられている。                                                 

ほぼ 2週間の間、オンライン・ソーシャル・プラットフォーム ‘reddit’ のユーザー達は,彼らが 「発音するのが最も難しい英語の単語」 と考える単語を提出してきた。
5,000件を超える投稿が行われた後,メッセージ・スレッドは,世界中からのユーザーが自分が気に入ったものや 個人的な経験を共有できるという,かなりの数の発音困難な語彙となっている。

大衆文化,いくつかの非常に独創的な早口言葉(tongue-twisters) への言及があって, ‘reddit’ のポイント・システムによって,どれが最も発音が難しいかに関して大まかなコンセンサスが得られた。

トップ10 を示す。:

10Ruralrúərəl】 :田舎の

ユーザ名 'mattythedog' が提出した “rural” は,特に,繰り返し,あるいは,似たような ‘r’ の音が次にくるときに問題を引き起こすようだ。
あるユーザーは 「“Rural Juror” とは言えず - rurrrerr jerrrerr” となって,唸っている(growling)ように聞こえる」と述べている。

自称(self-confessed)オーストラリア人のユーザーは,「オーストラリア人は “ruhral jurah”(ルーラルジュラ)と発音しがちだ。」と述べている。
「これはドイツ人の私にとっては全く不可能な単語だ」 と別の人は言う。 「squirrel(リス)は発音できるが,‘rural’ 無理だ。」

最高の早口言葉: “I want to be a juror on a rural brewery robbery case.(私は田舎の醸造所強盗事件の陪審員になりたい。)

9Otorhinolaryngologistˌɑtoˌrajnoˌlærɪŋˈɡɑlədʒɪst】 耳鼻咽喉科医
あるユーザーは,その長さについて一言で言うなら,これは 耳-,鼻-,喉- 医者の医学用語であると提示している。 しかし,別の人は次のように指摘している。「獣のようだが,一度克服(break down)すれば 言うのはかなり簡単だ」。

ユーザー ‘THLycanthrope’は,次のように述べている。「“oto-rhino-laryng-ologistは 文字通り “ear-nose-throat-scientist(耳--咽-医) と,一度知れば簡単だ。

8Colonelkəːnəl】 大佐
「 “kernel” (カーネル)と発音されることを知っていれば,発音するのは簡単だ。しかし,英語に不慣れで,それを知らなかったならば,正しく発音することは決してできないだろう。」 と説明している投稿がある。
もう1つは,「我々は フランス語の綴り(綴りも発音も “r” )とイタリア語の発音(同じく‘l’と綴る)を使う。」と 面白い事実を提案している。

7Penguinpéŋɡwin】 ペンギン
あるユーザーは,ビデオを繰り返し観る,BBCの南太平洋のドキュメント番組のナレーションをしている俳優 ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)の ‘Penguin’の発音を露骨に提供した。

他のユーザーは,おそらく ペンギンのようなもの(penguin-kind)として,カンバーバッチ(Cumberbatch)の名前を発音しようとして 「バレリースピークス・カントプロナウス」(“Barelyspeaks Cantpronounce, 「バンパーカー・クラッチスバーント」(Bumpercar Clutchisburnt) そして 「バッファロー・カスタードバス」(Buffalo Custardbath) のように言いそうだ。

6Sixthsíksθ】 六番目  
偶然にも 我々のリストの6番目にあるこの単語は,「“S”と “xth” の音を持つのはどんな単語?雑音だろう。」と 明確に批判されている。

最高の早口言葉: “The sixth sick sheik's sixth sheep's sick.6番目の病気のシェイクの6番目の羊の病気。)

1人のユーザーがこう応える。「英語は,私が話せる唯一の言語だが,これは発音できない。」
別の人は 「英語を母国語としない者にとって,‘eighth’(8番目) がどんなものか想像してみてほしい。 1文字も正しく発音できない。」と言う。

5Isthmusísməs】 地峡
s” と “th” が一緒に聞こえることが難しいために提出されたもので,二つの大きな土地をつなぐ両側に海がある狭い帯状の土地を意味する。

Ithmuth’ は ‘reddit’ ユーザーの1つの試みである。

4Anemoneənéməni
Annemm ... amennome ... annemmoneme ... 」 と書いて,それを正しく綴ることさえできなかった1人のユーザーが検討のために提出した。

最高の早口言葉: “In me, many an enemy anemone enema.(私の中では,多くの敵のアネモネの浣腸)

1人のユーザーから寄せられた役立つアドバイスは,「それを “Uh - Nem - Uh – Knee”のように分割するといい」と提案した。

3Squirrel skwə'ːrəl】 リス
一人のユーザーが言っている 「外国人の観点から言うと,‘Squirrel(リス)は 信じないかも知れないが,ドイツの交換留学生が混同している。 公平を期すため言えば,私も彼らの言葉を発音できない。」

ユーザー 「Torvaun」は,第二次世界大戦中,双方がスパイのテストとしてこの小さな齧歯類の単語を 互いに使っていたという興味深い(未確認の)事実を提供している。
「面白いことに」 第二次世界大戦中,‘squirrel(リス) はドイツ人を見つけるための合言葉(shibboleth)として使用され,‘Eichhörnchen(リス) はドイツ人ではない人を見つけるための合言葉として使用されたと言う。

2Choirkwáiər】 合唱団
ユーザー名 ‘Kaktu’は次のように提出している。:「外国人にとって ‘Choirkwáiər】’,本当のところ,どうして?」
誰かが 「それは‘enquire’(問い合わせ)に似ていて ‘en’ なし。」と示唆しています。

そして,‘Gnat27’ というユーザーは,「私はこれを “Enrique” と読み,5分間混乱していた。」と大いに称賛している。

1Worcestershirewˈʊstɚʃìɚ】 ウスターシャー(州)
トップの投稿は,1人のユーザーが推した 「アメリカへ,とにかく(“To the USA, anyway)」。
「私は 今まで,いくつかの面白い発音を聞いた。」とユーザー ‘hornytoad69’ は言う。 Wor-kester-shire. Whats-dis-here. Wooster-shire”。
あるユーザーは,「人々を混乱させているのは,真ん中の ‘-cest-’である。 あなたがそれを ‘worce-ster-shire’のように分割するならば,発音は可能となる。」

このテーマに関し,「レスター/レスターシャー(“Leicester/Leicestershire)」,「エジンバラ(“Edinburgh)」,「ダービー(“Derby)」などのように,書かれているようには発音されない地名が同様にイギリスのはあると提案する人もいる。

(転載了)
**************************
日本人の私には ほぼ 発音できません。

|

« 訪日したトランプ大統領に関して気になったことは? | トップページ | 見出しにみる「勘違い」(その473) »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 訪日したトランプ大統領に関して気になったことは? | トップページ | 見出しにみる「勘違い」(その473) »