« 「エージェント:ライアン」での簡単な会話。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その480) »

2019年6月22日 (土)

世界は民主主義に向かっているかー

Pew Research Center の FACTANK’  May, 14,2019付けで “Despite global concerns about democracy, more than half of countries are democratic” 民主主義に関して世界的な懸念があるが,半数以上の国は民主的)と題する報告がありました。

興味深い報告なので読んでみました。

下記,翻訳転載します。

*************************

過去数年間,民主主義の将来についての懸念が高まっている。民主主義が実際にどのように機能しているかに関しては,多くの国でかなりの不満がある。しかし,民主主義の理想に対する国民の支持は依然として強いままであり,ある意味では(by one measure),世界の民主主義は現代の最高水準(modern-day high)か,それに近い水準にある。

2017年末現在,人口が50万人以上(57%)の167ヶ国のうち96ヶ国が,ある種の民主主義であり,21ヶ国(13%)のみが独裁国家だった。 他の4ダース,約46ヶ国(28%)が,民主主義と独裁主義(autocracy)の両方の要素を示した。
大まかに言って,1970年代半ば以降,世界の政府の間では民主主義の割合は増加傾向にあるが,現在では第二次世界大戦後の記録(2016年には58%)にはやや不足している(sits just shy of)。

Democray-in-world

世界での民主主義の広がりを追跡するために,我々は「体系的平和センター」(Center for Systemic Peace)の ‘Polity IV’ のデータセットに含まれている評価を使用した。
Polity’(政治形態)は政治科学において広く使用されているリソースで,人口が50万人以上(最新のバージョンでは世界のほぼ200の主権国家のうちの167)の完全に独立したすべての国で政治権力がどのように獲得され行使されているかを分析しコード化している。
Polity’ は,国民の政治参加の開放から最高行政官への制約まで,6つの重要な要素を評価して,+10(「統合民主主義(consolidated democracy)」)から -10(「世襲制君主政体」(hereditary monarchy)」)までの21段階で評価する。

Change

中央政府が崩壊した国や,外国の介入(intervention)や占領(occupation)の対象となっている国を評価するものではない。2017年には,前者のグループに 3ヶ国(リビア,イエメン,南スーダン)と後者に1国(ボスニア・ヘルツェゴビナ)があった。
Polity’ のガイドラインに従って,我々は +6から +10 までを民主主義とし,-6 から -10までを独裁主義とし,その間のすべてを「混在」(mixed)として分類した。
我々は 第二次世界大戦の終わり以降 70年にわたる民主主義と独裁主義の普及(prevalence)の変化を追跡した。

2017年には,33ヶ国が完全統合民主主義国(fully consolidated democracies)とみなされ,政治的格付けは +10 だった。 統合民主主義の戦後ピーク年は2006年で,35ヶ国だった。 その後,2ヶ国(ベルギーと米国)がトップから抜け落ちた。

ベルギーは 20076月の議会選挙により,フランス語とフランドル語圏のコミュニティー間の分裂が深まり,時には国を分裂させる恐れのある長期にわたる政治的危機が引き起こされて 2ポイント下落して +8 となった。
米国は 「派閥間競争」の激化により 2016年に2ポイント減らし(dock),現在も +8に位置している。
政治研究者達はバラク・オバマ政権の間に 「米国の政治的演説(political discourse)はますます党派的になった」,そしてドナルド・トランプは 「ポピュリスト支持を刺激して 共和党の指名をつかむために 闘争的巧言(combative rhetoric)を用いた」と述べた。
トランプ氏の「驚き」の選挙人団(Electoral College)の勝利は,「政治的競争を『反体制』(anti-establishment)と 『反トランプ』派に二極化させた(polarized)。」と付け加えた。

1977年には,‘Polity’ によって格付けされた143ヶ国のうち35ヶ国(24%)のみが民主主義として認定され、89ヶ国(62%)は 一つの種類 あるいは 別の種類(9ヶ国の世襲の絶対君主制を含む)の独裁国家として分類された。
その後の数年間で民主主義の数が増加し始め,次第に独裁主義の数が減少していったが,1988年になっても,政治的格付けのある国々の半数が依然として独裁主義と見なされていた。

しかし,冷戦が終結し,ソビエト連邦圏 - そして結局ソビエト連邦自体が1989年から1991年の間に崩壊したので,民主主義は急速に広がった。 1987年に独裁主義と評価された75の国々のうち,30年後に 依然 独裁主義と評価されたのは15ヶ国(20%)だけだった。
3分の1以上(27ヶ国)が民主主義になり,残りの大部分は「混在」の格付けになった。 (1国,リビアは政権不安定のため2017年に格付けされず,他の5ヶ国は存在しなくなった。)
1987年以降に建国された30ヶ国のうち,17ヶ国が2017年に民主主義、4ヶ国が混在、3ヶ国が不安定または外国からの介入によりランク付けされていない。

方法が異なるために,‘Polity’ の民主主義格付けが唯一のものではない。
例えば、‘Freedom House’ は,政治的権利と市民的権利の両方を含む基準を使用して、195ヶ国のうち86ヶ国(44%)を「自由」と評価している。
また,「‘the Economist Intelligence Unit’ の民主主義指数」の167ヶ国中,ほぼ半数が何らかの形の民主主義であると考えられているが,「完全な民主主義(full democracies)」と評価されているのはわずか12%20ヶ国)であり,米国を含む3分の1近く(55ヶ国)が「欠陥のある民主主義(flawed democracies)」として数えられている。

我々の ‘Polity’ データの分析は,少なくとも正式には,より多くの国が民主的であることを示しているが,それは人々が活動における民主主義に満足しているという意味ではない。

昨年行われた27ヶ国の ‘Pew Research Center’ の調査では,世界の中央値 51%が 自身の国での民主主義の働きに不満を抱いていると答え,45% が満足していると答えた。
(同センターの調査では,27ヶ国のうち1国を除くすべてが ‘Polity IV’の方法によって民主的と見なされている。例外は「混在」カテゴリに属するロシアである。)

調査した国の中で,スウェーデンと フィリピンが民主主義に対する国民の満足度が最も高い国だった。両国の69% が満足していると答えた。 (インドネシア,韓国,オランダは 2国に比べ,それほど低くはない。)
反対に,メキシコ,ギリシャ,ブラジル,スペインの人々は、自国の民主主義の状態に最も大きな不満を表明している。

(転載了)
****************************

Full に民主主義国家の形とは? 単純ではありません。

因みに ‘Polity Ⅳ’ のスコアは 次の通りです。
日本は 「完全統合民主主義国」です。

                       Democracy    Autocracy
                        (民主主義)       (独裁主義
日本                        10                 0
韓国                          9                 2 
中国                          1                 6
台湾                        10                 0
米国                          8                 0
英国                        10                 0
ドイツ                       10                 0
フランス                      9                 0
ロシア                        0                 4
シンガポール               2                 4
北朝鮮                       0               10

|

« 「エージェント:ライアン」での簡単な会話。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その480) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「エージェント:ライアン」での簡単な会話。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その480) »