« 世界の徴兵制度事情ー 現在,徴兵制度がある国は 1/3 以下 ・・・ 。 | トップページ | ‘Free Refill’なのに 値段の違う S,R,L カップがあるのは何故? »

2019年6月 4日 (火)

N.Y.T. が伝える,トランプ訪日時の 雅子皇后

‘The New York Times’  May 27,2019付けの “With Trump’s Visit to Japan, Empress Masako Finds a Spotlight” 「トランプの日本訪問で、雅子皇后 スポットライトを浴びる」の見出し記事を 拙訳とともに転載します。

***********************************

Nyt

TOKYO — On Sunday night, men in loincloths and samurai topknots stole the limelight from the president of the United States. On Monday, the new empress of Japan was the star.
東京発 -日曜日の夜,まわしと髷の男たちが,アメリカの大統領の注目を浴びた。月曜日,日本の新しい皇后がスターだった。

When the new Japanese emperor, Naruhito, and his wife, Masako, welcomed President Trump and the first lady, Melania Trump, to the palace on Monday morning during their four-day state visit, Masako, a multilingual former diplomat and Harvard graduate, became an instant hit on social media.

4日間の日本訪問で,新しい日本の徳仁天皇と彼の妻,雅子妃がトランプ大統領とファースト・レディ,メラニア・トランプを宮殿で出迎えたとき,マルティ・リンガルの元外交官で,ハーバード卒業の雅子妃は,ソーシャルメディアで瞬時に話題となった。

The Japanese public marveled as she spoke fluently in English to Mrs. Trump — even though the emperor also spoke English to Mr. Trump until an official urged him to introduce his interpreter.

雅子皇后がトランプ夫人に英語で流暢に話をしており,日本の大衆は驚いた ー 天皇は 役人が彼に通訳を紹介するように促すまでトランプ氏に英語で話していたが。

“Masako sama can speak five languages,” one Twitter user wrote in a widely shared post, using an honorific term of address. “She is awesome and cool. I admire her. I hope she will demonstrate her ability more and more.”

「雅子様は 5つの言語が話せる」と,1人のTwitterユーザーが敬意を表する言葉を使って広く共有される掲示板に書いていた。 「彼女は素晴らしくてクールで,感動する。彼女の能力がますます発揮されることを願っている。」

And the image of Masako chatting with Mr. Trump suggested to some that she will be able to use her diplomatic skills to help advance Japan’s soft power and perhaps even stake out a new role for women in the deeply patriarchal imperial family.

また、トランプ氏とおしゃべりをしている雅子妃のイメージは,彼女が外交的なスキルを使って日本のソフトパワーを発展させ,おそらくは家父長制の深い皇室の女性のための新しい役割を考え出すことさえできるだろうと示唆した。

“The shining smile of Masako sama is gleaming!” wrote one Twitter user. “Brilliant! She’s such a brilliant person. Ah, I really think that Masako sama’s stage is here! Diplomacy!”

「雅子様の輝く笑顔はキラキラしている!」とツイッターユーザーは書いた。 "ブリリアント! 彼女はとても素晴らしい人です。 ああ,雅子様の舞台がこの外交にあると本当に思います!」

Many Japanese, but especially women, saw the international debut of Masako, 55, who has been married to Naruhito for 26 years, as a chance — finally — for her to use her training and experience after spending years trapped in her role as the woman whose primary mission was to produce an heir to the throne.

多くの日本人,特に女性は,26年間 徳仁と結婚していた55歳の雅子の国際的なデビューを見た - その主な役割の皇位継承者を生み出すことに何年も閉じ込められていた彼女が ついに かつてのトレーニングと経験を使うことになった。

“I think she is going to be coming into her own,” said Mihoko Suzuki, director of the Center for the Humanities at the University of Miami, who has written about women in monarchies.

君主制の女性について書いたマイアミ大学人文科学センター所長の鈴木美穂子氏は、次のように述べている。 「彼女は 彼女自身になるだろうと思う。」

But the empress faces many obstacles in defining her own role in Japanese public life because strict codes dictate what she can and cannot do.

しかし、皇后は日本の公的生活における彼女自身の役割を定義することにおいて,厳密なコードは彼女ができることとできないことを指示しているので 多くの障害に直面している。

Under the Imperial Household Law, which governs most matters of protocol related to Japan’s monarchy, Masako was not even permitted to attend the sacred ascension ceremony for her husband this month. Women are not allowed to sit on the throne.

日本の君主制に関連する儀典等のの大部分の事柄を規定する皇室典範に基づき,雅子妃は今月,夫の聖昇天式典に出席することさえ許されなかった。 女性が王座に座ることは許されていない。

The Japanese public is so excited and it seems like they are very much expecting Masako to take advantage of her previous career as a diplomat,” said Kumiko Nemoto, a professor of sociology at Kyoto University of Foreign Studies.

京都外国語大学社会学教授の根本久美子氏は,次のように述べています。「日本の国民はとても興奮しており,雅子妃が外交官としてのキャリアを活かしてくれることを非常に期待しているようです。」

“I’m sure she understands that there are lots of forces she needs to take account of and not overstep certain boundaries.”

「彼女は,特定の境界を超えないように考慮する必要がある多くの力があることを理解していると 私は確信している。」

Because the Imperial Household Agency, which manages the imperial family’s every move, is one of the most traditional institutions in Japan and is dominated by mostly older Japanese men, “they expect Masako the empress to behave with always a certain smile and a very subservient type of womanhood,” Ms. Nemoto said.

皇室のすべての動きを管理する宮内庁は日本で最も伝統的な機関の一つであり、主に年配の日本人男性によって統括されているので,彼らは「雅子皇后が常にある笑顔と非常に従順な態度で振る舞うことを期待している」 根本さんは言った。

Monday’s banquet was not Masako’s first time sitting next to an American president. Just a month after her wedding in 1993, the public swooned when she sat between President Bill Clinton and President Boris N. Yeltsin of Russia at a state dinner in Tokyo and conversed easily with both in their own languages.

月曜日の宴会で,雅子妃がアメリカ大統領の隣に座ったのは初めてではなかった。 1993年の結婚式のちょうど1ヵ月後,彼女が東京での公式晩餐会で ビル・クリントン大統領と ロシアのボリス N. エリツィン大統領の間に座り,彼ら自身の言語で双方と簡単に会話して,大衆は熱狂した。

But before long, the Japanese news media became consumed by one question: when Masako would have a child.

しかしまもなく,雅子妃が子供をもったとき,日本の報道機関は1つの質問に集中するようになった。  

Even after her daughter, Princess Aiko, was born in 2001, the Imperial Household Agency prohibited Masako from traveling abroad in case that would interfere with her ability to get pregnant again, prompting her to sink into depression and withdraw from public appearances altogether.

彼女の娘である愛子姫が2001年に生まれた後でさえも,宮内庁は,彼女が再び妊娠する可能性を妨げるとして雅子妃の海外旅行を禁止し,うつ病に陥り,公の場から完全に撤退することを促すことになった。

At a 2004 news conference, Naruhito, who was then the crown prince, implicitly criticized the palace agency for placing so many restrictions on his wife.

2004年の記者会見で,当時の皇太子だった徳仁は,妻に多くの制限を課しているとして宮内庁を暗黙のうちに批判した。

“I think it would be better if Princess Masako could go out with a little more freedom and be able to do a variety of things,” he said.

「雅子妃がもう少し自由に外に出て行き,さまざまなことができるようになればもっといいだろう」と彼は言った。

As empress, Masako is likely to travel more freely. Her mother-in-law, Michiko, rarely left the side of Naruhito’s father, Akihito, who abdicated the throne at the end of April.

皇后として,雅子妃はより自由に旅行できそうである。彼女の義母・美智子は,徳仁の父,4月末まで天皇だった明仁の側を離れることはめったになかった。

Some analysts say Masako could carve out an independent role by championing causes she cares about rather than simply accompanying the emperor everywhere.

何人かのアナリストは、雅子妃が 単にどこでも天皇に同伴するよりも,むしろ彼女が気になる原因に挑戦することによって独立した役割を切り開くことができると言うアナリストがいる。

“Now the role of women is more independent,” said Mari Miura, a professor of political science at Sophia University in Tokyo. “Women have separate jobs from wives and mothers, so why shouldn’t Masako do that?”

「今,女性の役割はより独立している。」と東京の上智大学政治学の三浦まり教授は言った。 「女性は妻と母親とは別の仕事を持っている。なぜ 雅子妃がそれをすべきではないのか?」

But in addition to the constraints of the monarchy, Masako also faces the same social pressures as her fellow countrywomen.

しかし、君主制の制約に加えて,雅子妃はまた,彼女の同僚の同胞と同様の社会的圧力に直面している。

“It’s desirable that women’s advancement in society is making progress,” Lully Miura, a political scientist who runs the Yamaneko Research Institute, wrote in an essay in the June edition of Bungei Shunju, a monthly magazine.

「社会における女性の進出が発展することが望ましい。」と,山猫総合研究所を運営する政治学者である山根瑠璃氏は,月刊誌・文芸春秋の6月号にエッセイに書いた。

“But women still take on a large part of delivering and raising children,” she added. “So dependable women tend to play the roles of wife and mother perfectly.”

「しかし、女性は依然として子供の出産と育児が大部分を占めている。」と彼女は付け加えた。 「頼りになる女性は,妻と母の役割を完璧に果たす傾向がある。」

The emperor has been open about his wife’s struggles with depression and has said that her ability to perform her public duties could be affected by her mental health.

天皇は 彼の妻の鬱病との闘いについてオープンであり,彼女の公務を遂行する能力が彼女の精神的健康の影響を受ける可能性があると述べた。

With her first appearance as empress, the Japanese news media has seized on Masako’s apparent sunny disposition and declared that she appears much happier than she has in years.

皇后としての雅子妃の初登場で,日本の報道機関は,彼女の見かけの明るい部分を取り上げ,彼女の何年かの過去に比べ,ずっと幸せに見えると宣言した。

It is an alluring narrative narrative, analysts say, but the situation is not so simple.

それは魅力的な物語だとアナリストらは言うが,状況はそれほど単純ではない。

People do sympathize with her and they very much want her to be the Japanese princess who has the successful happy ending after all the trials she went through,” said Kathryn Tanaka, an associate professor of cultural and historical studies at Otemae University in Nishinomiya.

西宮市の大手前大学の文化歴史研究助教授である田中キャサリン氏は,次のように述べている。
「人々は彼女に同情し,そして、彼らは彼女が,経験したすべての試験の後,成功してハッピーエンドを迎える日本の王女になることを非常に望んでいる。」

“Everyone is cheering for her and rooting for her and wanting her to have this kind of happy ending. It may be something where the public has to accept what she’s able to do.”

「みんな彼女のために応援し、彼女にこの種のハッピーエンドを持ってほしいと声援を送っている。 それは大衆が彼女がができることを受け入れなければならない何かであるかもしれない。」

(転載了)
*****************************

今まで 表に出ることが少なかった雅子皇后の存在を詳しく取り上げています。

|

« 世界の徴兵制度事情ー 現在,徴兵制度がある国は 1/3 以下 ・・・ 。 | トップページ | ‘Free Refill’なのに 値段の違う S,R,L カップがあるのは何故? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界の徴兵制度事情ー 現在,徴兵制度がある国は 1/3 以下 ・・・ 。 | トップページ | ‘Free Refill’なのに 値段の違う S,R,L カップがあるのは何故? »