« 見出しに見る「勘違い」(その479) | トップページ | 世界は民主主義に向かっているかー »

2019年6月21日 (金)

「エージェント:ライアン」での簡単な会話。

 「エージェント:ライアン」(‘Jack Ryan: Shadow Recruit’,2014)を映画館で観て以来,5年ぶりに TVBS日テレ-字幕)で観ました。

トム・クランシーの小説「ジャック・ライアン シリーズ」の映画化 5作目ですが,本作は 原作にはないオリジナル・ストーリーです。
5年前に観た内容を ほぼ忘れており,全く 新作のように観ました。

ジャック・ライアン(クリス・パイン,Chris Pine’,1980~  ) が学位を取り,CIAエージェントになった経緯,妻・キャシー(キーラ・クリスティーナ・ナイトレイ,Keira Christina Knightley’,1985~ ) と知りあった経緯などが描かれます。
 CIAの身分を隠して銀行に勤めるライアンが ロシアの陰謀に気付いて,米国を危機から救うため ロシアに赴きます。

自分はアナリストだからと 他の4作では最少のアクションですが,本作では シリーズ最多のアクション・シーンがあります。

博士課程を中退して,海兵隊員となり 少尉としてアフガニスタンに配属されて搭乗中のヘリコプターにミサイルが命中して重傷を負いながら 二人の部下を救ったライアンが,米国の病院でのリハビリを終え,病院を出る時 玄関で遭った,後に妻となる担当の研修医 キャシー との会話を聴いてみました。

Dsc_2052

Dsc_2053

 

 

 


So, this is, uh...  This is good-bye.

Dsc_2054

Dsc_2055

 

 



I'm glad I found you.

I'm hungry. You wanna buy me dinner?

Dsc_2056

Dsc_2057

 

 


You know I can't.

All right, you win. I'll buy.

Dsc_2058   Dsc_2059

 

 

I'll make you a deal.

The day you run all the way out of here,ー

Dsc_2060

Dsc_2061





ー we'll have dinner.

And split the check.

Dsc_2062

Dsc_2063

 





See ya.

See ya.

****************************

You wanna buy me dinner?”,“buy me dinner” は簡単ですが,「レストランで奢る」というより 私には「コンビニで夕食を買ってくれる」ような感じです。要するに 「奢る」という特別な英語はありません。

deal” は「取引」,「協約」など硬いイメージがありますが, “I'll make you a deal.” は その後で,具体的に提案するという前提で 「じゃあこうしましょう。 」という言い方です。

See ya.” は “See you.” の略です。
大谷選手が ホームランを打った時の中継で叫ばれるのも “See Ya.” です。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その479) | トップページ | 世界は民主主義に向かっているかー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その479) | トップページ | 世界は民主主義に向かっているかー »