« 下着への ‘KIMONO’ 商標登録撤回を伝える海外報道の理由の示し方。 | トップページ | 福岡県の乗車マナーは改善されたか? »

2019年7月 6日 (土)

古いポロシャツを補修して ー 。

夏はポロシャツです。

何年もポロシャツを買っておらず,新しく買うとすると,  Ralph Lauren だと  ¥15,000前後,Brooks Brothers だと  ¥10,000前後するので リタイアした高齢者としては簡単には買えず,20年以上前のポロシャツを今年も着ます。
(先日 買った ブルージーンズ2本を我慢すれば,Ralph Laurenのポロシャツが4枚買えましたが ・・・ )

Dsc_2130

Dsc_2128a しかし,一番古いと思われる Brooks Brothers の薄いピンクのポロシャツの裾の切込み部分に破れが目立ちます。

古いのは 構いませんが,破れているのを 高齢者がそのまま着るのは,みすぼらしいので,ここは修理・補強して着ることにしました。

家人に 赤い刺繍糸を使った修理を頼みました。

完成しました。

Dsc_2133
昔(今は知らない),Ralph Lauren で,ポロシャツなどのダメッジ部を,濃い色糸で わざと拙い技術としか見えない様に修理した(?)製品を高い値段で売っているのを見ました。
実はそれを 狙ったのですが,きれいにやり過ぎたようです。

|

« 下着への ‘KIMONO’ 商標登録撤回を伝える海外報道の理由の示し方。 | トップページ | 福岡県の乗車マナーは改善されたか? »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下着への ‘KIMONO’ 商標登録撤回を伝える海外報道の理由の示し方。 | トップページ | 福岡県の乗車マナーは改善されたか? »