« 見出しに見る「勘違い」(その491) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その492) »

2019年7月13日 (土)

‘Porridge’ と ‘Oatmeal’ の違いは ・・・ 。

先日 BS12で放映していた カナダ映画「アサインメント」(‘The Assignment ’,1997)を観ました。

主役の,国際テロリスト カルロスに酷似している米国海軍大佐 アニバルに CIA とモサッドが目をつけ,カルロスが CIA に与したと KGBに思わせ始末させる作戦に彼を引き込み 訓練する期間,「粥」だけで育ったカルロスの精神状態を経験させるため,毎食,大なべの8人分の「粥」だけを食べさせられます。

字幕は 「(お)粥」で 英語では ‘porridge’ と言っていました。

「西洋粥」と言えば オートミール(oatmeal)を連想しますが この違いは?

簡単に言えば ‘porridge’ は料理名であり,‘oatmeal’ は 広い意味では料理名の場合がありますが,狭義には 「燕麦(エンバク,‘oat’)を脱穀して調理しやすく加工したもの,食材。」であって これを使った粥は 料理名として ‘oatmeal porridge’ が正確な言い方でしょう。

英文Wikipedia の “Porridge” には次のように示しています。(拙訳御免)

**************************

Porridge’(粥)(歴史的には ‘porage, porrige’ あるいは ‘parritch’とも綴られた)は一般に朝食用シリアル料理として食べられる食品であり,水や牛乳で,挽いたり,砕いたり,あるいは刻んだ澱粉質の植物 -代表的には穀類 - を煮ることによって作られている。

砂糖,蜂蜜,(ドライ)フルーツ,シロップなどの香味料を加えて甘いシリアルを作るか,香辛料や野菜と混ぜて 香辛料の効いた(savoury)料理を作ることができる。

その粘度(consistency)にもよるが,通常ボウルで熱い状態で出される。
エンバクの粥,あるいは オートミールは,‘porridge’(粥)の最も一般的な種類の一つである。‘Gruel’ は ‘porridge’の薄いバージョンである。

*****************************

私が 「オートミールの粥」を食べたのは,数えるほどしかなく,それも 約50年前の九州(あるいは下関)から東京に向かう(学生実習,入社試験,・・・ )寝台特急ブルートレインの食堂車での朝食(定食)で,です。

就職してからも出張で広島から何度も寝台特急を使いましたが,ほとんどが東京着 07:30 の「あさかぜ」だったので食堂車は使いませんでした。

この時代,それなりのホテルに まだ泊まったことがなかったので ホテルで 「オートミールの粥」が供されていたか否かはわかりません。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その491) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その492) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その491) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その492) »