« パリで 42.6℃,7月もヨーロッパを熱波が襲った。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その496) »

2019年7月30日 (火)

TVドラマで見た,石造り高架鉄道橋はー

7月20日,NHK BSプレミアムで アガサ・クリスティーの「ABC殺人事件」で,ポアロが鉄道に乗るシテュエーションで 高架橋を列車が走る俯瞰シーンが ほんの 2,3秒 流れました。

Dsc_2177

石 もしくは 煉瓦造りの鉄道橋で,19世紀に作られたものと思います。

この鉄道橋の素性に興味があって,‘Railway Bridge in UK’ で検索して 下の写真を見つけました。

001_20190721192401
間違いありません,背景の山の形が同じです。名前は “Ribblehead Viaduct” とありました。
viaduct” は ①高架橋(細いコンクリート脚や石造りのアーチで支える) ②(スパンが短い鋼製の)吊り橋  - なので 「リブルヘッド高架橋」です。
調べた結果はー
・場所 :イングランドのノース・ヨークシャー州 リブル渓谷(Ribble Valley)のバティ・モス(Batty Moss
・標高 : 海抜 980フィート(300m)
・鉄道名 : セトル・カーライル(Settle-Carlisle)線,ミッドランド鉄道
・設計者 : ジョン・シドニー・クロスリー(John Sydney Crossley),ミッドランド鉄道のチーフエンジニア。路線に沿ったすべての主要構造物の設計と建設は彼が担当。
建設 : 1869年後半開始。1876年 セトルーカーライル線開通。
            労働者 最大:2,300人。工事中死者:100人以上。人力のみにより建設された英国最後の路線。
【構造】
・長さ440ヤード(400 m)、最高地点で谷底から104フィート(32 m)。複線。(現在は単線?)
  基礎からレールまで:55ヤード(50.3m)
・長さ45フィート(14 m)スパンのアーチが24。基礎深さ:奥行き25フィート(7.6 m)。
  橋脚 基部の幅:約13フィート(4 m),アーチの近くの厚さ:5フィート11インチ(1.8 m)。
・倒壊防止構造: 6つの橋脚ごとの橋脚は50%増しの厚さ。
・傾斜 : 北端は南より13フィート(4 m)高く,勾配は1100

・材質: 水硬性石灰モルタル,表面:石灰岩の石積み,アーチ部:赤煉瓦
・カーブ:
 曲率半径 0.85マイル(1.37 km)のカーブ。曲線長さは442.7ヤード(404.8 m

002_20190721192401
004_20190721192501
005_20190721192501
003_20190721192401
006_20190721192501

 

|

« パリで 42.6℃,7月もヨーロッパを熱波が襲った。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その496) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリで 42.6℃,7月もヨーロッパを熱波が襲った。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その496) »