« 見出しに見る「勘違い」(その486) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その487) »

2019年7月 2日 (火)

“Kimono” が 商標登録?

米国の ソーシャライト,リアリティ番組パーソナリティ,モデル,女優である キム・カーダシアン・ウェスト(‘Kim Kardashian West’,1980~ )が,自らプロデュースする補正下着に “KIMONO”  という名前をつけようとして 特に 日本人の顰蹙を買っています。
既に “KIMONO INTIMATES” と “KIMONO SOLUTIONWEAR” は登録済のようで,現在,“KIMONO” の商標登録を申請中とのことです。
そもそも “KIMONO” は自分の名前(KIM)と 日本の着物を掛け合わせたネーミングのようで,「着物」自体とは 何の関係もありません。

この件に関して 海外メディアも様々報道していますが,ここでは BBC電子版 June 28(金),2019付け,見出し “Kim Kardashian West defends herself over Kimono row” (キム・カーダシアン・ウェストは着物の行で抗弁)記事を読んでみました。

下記,拙訳と共に転載します。

**************************************

Solutionwear-kimono

Kim Kardashian West has denied accusations of cultural appropriation regarding her new fashion line.
キム・カーダシアン・ウェストは,彼女の新しいファッション・ラインに関する文化的占有の告発を否定した。

Many Japanese people on social media said the trademarked brand, Kimono Intimates - a play on her name - disrespected traditional clothing.
ソーシャルメディアで,多くの日本人が,商標ブランド,“Kimono Intimates- 彼女の名前遊び - が伝統的な衣服の軽視だと言っている。

The reality-star-turned-designer, however, told the New York Times, it was a "nod to the beauty and detail" that goes into a kimono.
しかし,実際にスターからに転向したデザイナーは,ニューヨークタイムズに,‘kimono’ にピッタリするのは「美しさと細部への『ノッド』」だと語った。

The loose long-sleeved robe dates back to 15th Century Japan.
Kim Kardashian West's Kimono underwear meets Japanese backlash.
ゆったりとした長袖のローブは15世紀の日本にさかのぼる。
キム・カーダシアン・ウエストの「Kimono下着」が日本人の反発にあう

She added: "I understand and have deep respect for the significance of the kimono in Japanese culture. My solutionwear brand is built with inclusivity and diversity at its core and I'm incredibly proud of what's to come."
彼女は 「日本文化における着物の重要性を理解しており,深い尊敬の念を持っている。私の補正下着(solutionwear)ブランドは,包括性と多様性を その核にして構築されており,私はこれから起こることを非常に誇りに思っている。」と付け加えた。

The 38-year-old said she had no plans to change the name of the garment. Earlier this week she said the label "celebrates and enhances the shape and curves of women".
この38歳の女性は,衣服の名前を変更するつもりはないと述べた。今週の初めに,彼女はラベルが「女性の形と曲線を祝福し,強化する」と述べた。

According to the Victoria & Albert museum, the term "kimono" was first used in the mid-19th Century and means "the thing worn" - but as an outfit, it dates back even further.
ビクトリア&アルバート美術館によると、“kimono” という用語は19世紀半ばに最初に使われたもので,「着るもの」を意味するが,衣服としてはさらに古く遡れる。

"We wear kimonos to celebrate health, growth of children, engagements, marriages, graduations, at funerals. It's celebratory wear and passed on in families through the generations," one Japanese woman, Yuka Ohishi, told the BBC.
「私たちは健康,子供の成長,婚約,結婚,卒業を祝うために着物を着る。それはお祝いの服でであり,世代を超えて家族の間で受け継がれている。」一人の日本人女性,大石由香さんがBBCに言った。

"[This] shapewear doesn't even resemble a kimono - she just chose a word that has Kim in it - there's no respect to what the garment actually means in our culture."
「シェイプウェアは着物に似てさえない。彼女はただ ‘Kim’ が入っているという理由で言葉を選んだに過ぎない。我々の文化で実際に衣服が意味するものには関係ありません。」

(転載了)
********************************

京都市長が抗議の手紙を カーダシアン・ウェスト宛てに出したことが いくつかの海外メディアで 次のように伝えられています。

「日本の市長が、Kim Kardashian-West にシェイプウェアのブランド名を再考するよう依頼する手紙を書く

京都市長は28日(金曜日)にキム・カーダシアン・ウェストに手紙を書き,彼女の新しいシェイプウェアラインである “Kimono” の商標を 『再検討』するよう促した。

門川大作市長は,着物は 『すべての人類と共有する』べき財産であり,『独占』すべきではない。すでに 「着物文化」 をユネスコの無形文化遺産リストに登録するための国家的構想が進行中であると述べた。

カーダシアン・ウェストは この抗議に対し,「伝統的な衣服に どのような形であっても似せたり,侮辱するような衣服をデザインし,りリリースしたりする計画はない」と反論した。」

|

« 見出しに見る「勘違い」(その486) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その487) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その486) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その487) »