« “apples to apples” の意味は? | トップページ | 「巨峰」届く。 »

2019年8月28日 (水)

見出しに見る「勘違い」(その508)

「軍事協定終了 延長決定後に日本が破棄する可能性も考慮=韓国高官」  2019/8/25  聯合ニュース・日本語版
   ‘韓国の青瓦台(大統領府)や政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めた背景には,同協定を延長した後,日本が協定を一方的に破棄する可能性があるとの判断も大きく働いたようだ。韓国政府が7月,日本に高官級の特使を派遣し,8月には日本政府高官との協議を試みるなど,外交的な解決を目指したが,これを無視し続けた日本側が「外交挑発」を敢行する可能性を考慮したという。
   韓国政府高官は聯合ニュースに対し,「政府と青瓦台の安保室で(協定延長の)賛否を巡って激論が交わされた。深く考慮したことの一つは,われわれの対話の努力に日本が応じなかったこと」と明らかにした。また、「(協定の更新期限の)24日以前に協定を延長しても日本は結局,28日に『ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)』から(韓国を)除外する措置を取るとみた」と伝えた。
  その上で,「その後,日本が一方的にGSOMIAを破棄する可能性があった」として,「われわれが協定を延長し,日本がこれを破棄すれば,ばかを見ることになる」と説明。「(日本にとっても)非常に負担になる決定であるにもかかわらずホワイト国から韓国を除外するほど強気に出たのは、『韓国政府とは(共に)できない』と判断したとみなければならない」との認識を示した。
  韓国政府としては,対立の解消を促した米国の呼びかけまで拒否して関係改善の努力を行わなかった日本と信頼関係を維持することは難しいと考えたようだ。
  韓国大法院(最高裁)が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた判決に日本が経済報復で対抗したことで本格化した両国の対立は一層深刻化しており,関係改善は困難を極める。
  ただ,青瓦台関係者は22日,記者団に対し,「日本が不当な報復を撤回し,友好協力が回復されれば,いろいろな措置が再検討される」として,関係回復の可能性を排除しなかった。’ との報道です。
  米国の反応に驚いて 韓国人らしく,あらゆる言い訳を駆使しています。理屈が通る,通らないなどどうでもいいようです。
  「慰安婦問題最終的非可逆的解決合意の反故」,「戦時徴用工補償協定違反」に関して譲歩しない原則に反する如何なる協議,対話も日本は応じないことを韓国はそろそろ理解すべきでしょう。

「『反日種族主義』の共同著者イ・ウヨン氏,日本の極右団体から支援受けた」  2019/8/27 HANKYOREH・日本語版
   ‘『反日種族主義』の共同著者であるイ・ウヨン落星台経済研究所研究員が日本の極右団体の支援を受け,先月,国連人権理事会に出席し,日本の植民地時代に朝鮮人の「強制動員はなかった」と発表したことが明らかになった。 YTN(*韓国 ニュース専門TV)は26日,「彼の論文を読んだが,その内容が正確だったため,国連に行かないかと彼に提案した」と言う日本の極右団体の藤木俊一氏のインタビューを放送した。先月2日,スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会の定例会議で,イ研究員は,朝鮮人は自発的に労働者になったとし,強制動員を否定する発言をした。彼は「朝鮮人労働者の賃金は高く,戦争期間には自由で楽な暮らしをしていた」と発表した。
  イ研究員は当初発言者リストにはなかったが,日本の極右メンバーである藤木俊一氏の代わりに発言したことが明らかになった。藤木氏は国際キャリア支援協会(ICSA)という団体所属で,慰安婦問題を通じて安倍晋三政権の実体を暴くドキュメンタリー『主戦場』に登場し,詭弁をふるった人物だ。同団体は、国際舞台で慰安婦を否定するために作ったNGOで,極右団体と推定される。彼は2017年の36回国連人権理事会に出席し,「挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)は,北朝鮮と密接につながっています。彼らが慰安婦問題を提起する理由は,日本を非難し,金を要求して,韓米日協力に亀裂を生じさせるためです」と発言した。
  藤木氏はYTNに「(私の名前が発言者名簿にあったのは)受付の際の問題で,最初からイ・ウヨン氏が発言することになっていた」とし,イ氏に国連へ行こうと提案したのは自分だと語った。彼がイ研究員のスイス・ジュネーブの往復航空料と5泊6日の滞在費用も負担したことが確認された。
  イ研究員は,イ・ヨンフン前ソウル大学教授とともに,日本の植民地時代における朝鮮人強制動員などを否定する主張を盛り込んだ『反日種族主義』という本の共同著者だ。彼はYTNに「極右団体であれ,極左団体であれ,歴史的な事実を共有しそれを知らせる人とはこれからも(共に)活動する」と答えた。’ とのことです。
   「反日種族主義」がベストセラーだそうです。
   韓国に都合が悪いことを言う人間は 全て 彼らにとって「極右」なので 気にすることはないでしょうが,韓国人の中から 正論を述べる人が出る時代には逆らえないでしょう。

面白くなってきました。

|

« “apples to apples” の意味は? | トップページ | 「巨峰」届く。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “apples to apples” の意味は? | トップページ | 「巨峰」届く。 »