« 見出しに見る「勘違い」(その511) | トップページ | 米国の 学生ローンに関する五つの事実 »

2019年9月 1日 (日)

あー 恥ずかしい,知らなかった。

TVのクイズ番組で,芸能人や(元)スポーツ選手やらの,中学生並み,あるいはそれに達しない知識,教養に呆れながら,自身でそれを認識していながら(?) 何故 恥を曝しに番組に出るのだろうかと思うことがありますが,時々,私自身 「それは知らなかった!恥ずかしい。」と思うことがあって,そんな時は,他人のことは言えない,と反省します。

最近 知って 驚いたのはー 東パキスタンがなくなっていたことです。
中学生の頃の知識で,「インドはヒンズー教,パキスタンはイスラム教,セイロン(スリランカ)は仏教で,宗教によって国が分れており,パキスタンはインドを挟んで東と西に分かれている,これは宗教の違いによるもの」 と思い続けていました。
では,いつの頃からか存在を知っていたバングラデシュは どこにあると思っていたか,ということになりますが,何故か,確認しておらず,「インドの辺り」 あるいは 「インドの一部」と勝手に思っていて,1971年に東パキスタンが独立してバングラデシュになったことを知りませんでした。40年近く update していませんでした。
1971年,私は 大学4年生で,新聞もTVも見ない生活をしていたとはいえ・・・ 。

Map-around-india
1947年のインド周りの地図です。
確かに,バングラデシュが 1971年から,と示されています。
若い方々は,バングラデシュは 元(東)パキスタンだったことを知らないのかも知れません。

この地図にはインドの都市名も旧名(1947年当時)が示され,(  )内に現在名がありますが,私としては 旧名の方に馴染みがあります。
ボンベイBombay) → 1995年 ムンバイMumbai)
    16世紀に 支配していたポルトガルによって ボンベイと付けられた。
マドラスMadras) → 1996年 チェンナイChennai)
   17世紀に 英東インド会社により マドラスと付けられた。
カルカッタCalcutta) → 2001 コルカタKolkata)
   英語化されていたのを ベンガル語の呼称のもどした。

木綿生地の 「マドラス・チェック」が 「チェンナイ・チェック」に変わった,という話は聞きません。

英国,ポルトガルは植民地の都市名を都合のいいように改名していました。(朝鮮半島で 変えられた地名はあった?)
Sri Lanka” は英国人にとって発音が難しいと言う理由で “CEYLON” にしていましたが,1978年に元のスリランカに戻りました。
40代以下の人には セイロンは分らないかも知れませんが,スリランカ産紅茶は 依然  “Ceylon Tea” と呼ばれています。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その511) | トップページ | 米国の 学生ローンに関する五つの事実 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その511) | トップページ | 米国の 学生ローンに関する五つの事実 »