« 米国における銃による死者に関する統計 | トップページ | Brooks Brothers の Tie にある “Teal” は何色? »

2019年8月30日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その509)

「韓国政府,米大使呼んで問いただす…前例のない衝突」  2019/8/28 朝鮮日報・日本語版
   ‘外交部,ハリス大使に「米国は公の場での韓国批判自制を」
    米「韓国,11月のGSOMIA終了前までに考え変更を」
    青瓦台「原因解決ない結果覆せない…ボールは日本に」
    米「リアンクール岩礁訓練,時期・メッセージ・規模は非生産的」
    青瓦台「独島は誰かに認めてもらわなければならない土地ではない」
  「韓国外交部の趙世暎 第1次官が28日,ハリー・ハリス駐韓米国大使を外交部庁舎に呼び,青瓦台の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定に対するトランプ政権の公の場での批判を『自制してほしい』と頼んだ」と外交消息筋が明らかにした。GSOMIA破棄をめぐり米国の懸念が高まっていることに対し,韓国政府が不満を公に伝えたものだ。韓国外交部は2人が会ったことを「面談」と表現したが,外交関係者の間では「事実上の警告・抗議の意味が込められていると見るべきだ」という意見が多かった。

   AFP通信によると,米当局者は27日(現地時間),青瓦台のGSOMIA破棄と関連して,「11月22日までGSOMIAは終わらない。米国は,その時までに韓国が考えを変えることを望む」と語ったという。この当局者は「(韓日確執をもたらした)一連の出来事は青瓦台と日本国内の人物たちに関連するものだ」として,「青瓦台責任論」を取りざたした。
   これに対して,青瓦台関係者は28日の記者会見で,「原因が解決していないのに,結果(GSOMIA破棄)を覆すことはできない。原因解消が先だ」と,日本の輸出規制撤回を要求した。青瓦台の金鉉宗 国家安保室第2次長も「ボールは日本側にある」と言った。独島での軍事訓練批判について,青瓦台関係者は「独島は誰の土地なのか。誰かに認めてもらわなければならない土地ではない」と述べた。 
   しかし,ランドール・シュライバー米国防次官補(インド太平洋安全保障担当)は同日,韓国外交部から自制要請があったのにもかかわらず,米ワシントンで行われた講演で,GSOMIA破棄について,「強い懸念と失望感を表明する」「韓国にGSOMIAを延長するよう要求する」と述べた。また,「米国は、文在寅 政権の決定は否定的な影響を与えるものだと繰り返し明確に言ってきた」とも述べた。
   ・・・
 また,ロイター通信によると,米国務省当局者は同日,韓国軍が今月25日と26日に実施した独島防衛訓練について,「ただ(状況を)悪化させる(だけだ)」と述べたとのことだ。米国務省も「『リアンクール岩礁(Liancourt Rocks=独島)』での軍事訓練の時期とメッセージ,増強規模は(韓日間で)進行中の事案を解決するのに生産的でない」とのコメントを出したという。 との報道です。
   韓国政府が駐韓米国大使を呼びつけて,韓国を批判するな,と注文をつけたようです。米国の韓国への不信感と怒りを 更に増長させることにしかならないでしょう。さて 文さん 米国に見放されて どうするつもりでしょう。

「文大統領 :加害者日本が『歴史的事実』…反省して前に進むべき」  2019/8/29 中央日報・日本語版
   ‘文在寅 大統領は29日,「アジアの複数の国の不幸な過去があり,加害者が日本というのは動かない歴史的事実」と述べ,河野太郎外相の発言を強い語調で批判した。
   文大統領はこの日午前,青瓦台で開かれた国務会議の冒頭発言で「日本が過去に向き合う態度が正直でない」とし,このように述べた。「韓国が歴史を書き換えようとする」という河野外相の28日の発言を文大統領が批判したのだ。
   文大統領は「日本は正直でなければいけない。日本は経済報復の理由も正直に明らかにしていない」とし「根拠なくいつも言葉を変え,経済報復を合理化しようとしている」と指摘した。
   続いて「日本政府がいかなる理由で弁解しようと,過去の問題を経済問題と連係させたのは明らかだが,率直でない態度と言わざるを得ない」と述べた。  また「過去の過ちを認めず反省もせず歴史を歪曲する日本政府の態度が被害者の傷と痛みを深めている」とし 「日本帝国主義侵略の最初の犠牲になった独島(日本名・竹島)も自国の領土という根拠のない主張も変わらない」と指摘した。
   ・・・
  続いて「過去を記憶して省察することには終わりがない。一度反省をしたので反省が終わったとか,一度合意したので過去として過ぎ去ったとして終えられるものではない」と話した。
  ・・・ ’ との報道です。
   日本に「反省し続けろ」とか 「一度合意しても・・・それで終わったと思うな」と口にする大統領を戴く国と,まともに交渉しても仕方がないことで,無視するしかありません。
  この国と交渉して 合意に至っても何の意味ももちません。「永遠に日本は韓国に頭を下げ,言うことを聞け」と言っているのと同じです。

文さん,いよいよ血迷っているようで,先は長くはありません。 日本に適切な対応をせず無視され,その上,米国に見放されてどうしようというのでしょう。   

|

« 米国における銃による死者に関する統計 | トップページ | Brooks Brothers の Tie にある “Teal” は何色? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国における銃による死者に関する統計 | トップページ | Brooks Brothers の Tie にある “Teal” は何色? »