« 見出しに見る「勘違い」(その510) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その511) »

2019年8月31日 (土)

国名を漢字で書かれるとー

終戦記念日のTVで,玉音放送(終戦の詔書)が流され,テロップで示されていました。

「 ・・・ 朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ ・・・ 」

米英支蘇四國』 の「」とは?ー 戦争の相手国なので 米国英国支那 ときて ソ連,とくれば 「蘇聯」 でしょう。

しかし,他の三国に比べると 「蘇聯」には 全く馴染みがありません。1991年に ソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)が消滅するまで 「米ソ冷戦」はあっても 「米蘇冷戦」と使われているのを見た記憶はありません。

調べると 「蘇聯」(ソ連) の他に 「蘇維埃」(ソビエト),「蘇俄」(読み方不明,中国語?)があったようです。
」は 中国語で「ロシア」を表わし,「俄羅斯(オロス・オロシア)」の略だそうです。
日本で 「オロシア」と呼んだのは 江戸期代まで?
ソ連が成立したのを 1922年とすると 大正時代まで 「オロシア」と呼んでいたのかも知れません。

関係ありませんが ロシア人に対する蔑称である 「ロスケ(露助)」は 1960年頃まで聞くことがありましたが,現在は全くありません。
某元東京都知事が言いそうですが・・・ 。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その510) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その511) »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その510) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その511) »