« 渋野日向子さん,子供の頃,なりたいものの二番目は「仮面ライダー」だった。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その499) »

2019年8月 9日 (金)

米国の人種による 年齢別人口,白人がもっとも高齢

Pew Research Center’の ‘FACTANKJuly 30, 2019付けで “The most common age among whites in U.S. is 58 – more than double that of racial and ethnic minorities” (アメリカの白人で最も多い年齢は58歳であり,人種的少数民族の年齢の2倍以上である)のタイトルの記事がありました。

翻訳し転載します。

***********************************

Common-age

AIAN:American Indian/Alasca NativeNHPI:Native Hawaiian/Pacific Islander

2018年,米国では,他の年齢の人々よりも27歳の人が最も多かった。しかし,米国の人口調査局(Census Bureau)のデータによると,白人系アメリカ人の最も多い年齢は58歳だった。

昨年の各年齢のアメリカ人の総数を示す上のヒストグラムでは,非ヒスパニック系白人はスペクトルの,より高齢側に比重が寄っている傾向がある。一方,単一人種の非ヒスパニック系白人を除く全てを含む,人種や民族のマイノリティ・グループは より若い(より左側に)方向に傾いている。

最も多い年齢は,昨年7月推定の最新有効値で,ヒスパニックは11歳,黒人は27歳,アジア人は29歳だった。

人口調査局のデータでは、2つ 以上の人種の混血(multiracial)アメリカ人ははるかに若い人種または民族グループであり、最も多い年齢はわずか3歳だった。 すべての人種および少数民族の中で,最も多い年齢は27歳だった。

非ヒスパニック系白人が他のアメリカ人より不釣り合いに(disproportionately)高年齢の理由の一つは,彼らが第二次世界大戦後のベビーブームで最も増加し,それは今日の少数移民の多くがこの国に入る前の時代だったからである。

白人は、2018年にベビーブーマーが ミレニアル世代よりも大きなシェアを占める唯一の人種または民族グループだった。(26% 20%)。

Share

比較すると,マイノリティ・アメリカ人の 10人中6人近くは,ミレニアル世代またはZ世代,またはそれ以下である。 (Z世代は1997年生まれの人から始まるが,センターは正式な終点を設定していない。)

非ヒスパニック系白人は2018年に,米国の人口の大多数(60%)を占めており,そして彼らはまた,年齢の中央値で見ると,あらゆる人種または民族のグループの中で最高齢で - 最も一般的な年齢分布とは異なる。

白人の年齢の中央値は44歳,つまり,アメリカのすべての白人を最年少から最年長まで並べると、真ん中の人は44歳になり,これに対して マイノリティは31歳,米国の全人口では38歳が中央値である。

Younger

昨年、人種および民族マイノリティは米国の人口の40% を占め,2017年から約1,271,000人の増加と推定されている。

マイノリティの人口増加は,2017年から2018年の間に約257千人減少した非ヒスパニック系白人とは対照的である。

2つ以上の人種のアメリカ人は、年齢中央値(昨年21歳)で測定した国勢調査局のデータでは最も若い人種または民族のグループだった。   

多人種のアメリカ人も唯一のグループで、およそ半分(53%)が単一世代のグループに属していた - Z世代とそれ以下。 22歳未満のヒスパニックはそのような第二位の大きいグループであり,それでも全アメリカのヒスパニックの38%を占めているだけである。

米国のヒスパニックはまた中央値30歳の、特に若々しい集団だった。別のPew Research Centerのレポートが指摘したように,ラテンアメリカ系アメリカ人は少なくとも1980年にまでさかのぼって,国内で最も若い人種/民族のグループの1つだった。

今日,ヒスパニックの比較的若い人々が,米国生まれのラテン系アメリカ人の人口の大部分を占めており,そのうち4分の3近くが,ミレニアル世代以下である。

アジア人は昨年,他の人種や民族よりも年齢が上であったが,白人ほどではなく,年齢の中央値は37歳だった。アジア人の最大の分布は,ミレニアル世代(27%),およびZ世代以下(25%)である。

黒人系アメリカ人の中央値は昨年 34歳だった。 黒人の半数以上がミレニアル世代(24%),Z世代以下(31%),20%Xers世代、さらに20% がブーマーだった。

マイオリティ民族の大きい増加率は今後も続くと予想され,今後数十年のうちにマイノリティ民族の人口が白人を上回る可能性がある。 2015年時点で,5歳未満のアメリカ人で最も多いのは,わずかな差ではあるが人種的および民族的マイノリティである。

(転載了)
**********************************

さて白人至上主義やトランプの移民政策で この時代の流れが少し遅れることがあっても抑えることはできないでしょう。

|

« 渋野日向子さん,子供の頃,なりたいものの二番目は「仮面ライダー」だった。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その499) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渋野日向子さん,子供の頃,なりたいものの二番目は「仮面ライダー」だった。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その499) »