« 見出しに見る「勘違い」(その497) | トップページ | 我が家の夏の,必需品 #1が壊れた。 »

2019年8月 3日 (土)

千切りキャベツ に何をかけるか?

Dsc_2216

Dsc_2217c キャベツに何をかけて食べるか,大した問題ではなく,その時々で適当です。

マヨネーズが多いのですが,ウスター・ソースの場合もあります。

そして これは 「キャベツにおいしいウスターソース」です。
そうくれば 使わないわけにはいきません。

京都市北区の 「ヒロタソース(株)」さんの製品です。

ところで,「千切りキャベツ」とはー
他のどこの国で存在するのだろうかと考えました。

中国? 韓国? よく分りません。

「千切りキャベツ」と言えばー

故伊丹十三氏が 50年以上前に書いたエッセー集 「ヨーロッパ退屈日記」(ポケット文春,1965)に,スペインで「北京の55日」を撮影していたときのエピソードを書いていました。

あるとき 共演者とスタッフを招待して(滞在中のマドリードのアパートに?) 食事会を開いた。
料理は 『一口カツ」で,結構 評判が良かったが,それにも増して喜ばれたのが 糸のように切られたキャベツだった。

ーという話で,「欧米人にとって 『千切りキャベツ』は珍しいもの」という知識を50年以上前の高校生の時に得て,これは日本だけ,と思い込みました。
そもそも 欧米の料理番組で 野菜を 「千切り」にする様子を見た記憶がありません。そんな器用な料理人はいないのではないか,という気がします。

それにしても このスペインでの「一口カツ」の付け合せの「千切りキャベツ」は 何をかけて供されたのでしょうか?
伊丹十三さんは 書いてなかった気がします。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その497) | トップページ | 我が家の夏の,必需品 #1が壊れた。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その497) | トップページ | 我が家の夏の,必需品 #1が壊れた。 »